阪神タイガースも祈願!張子の寅が有名な信貴山・朝護孫子寺

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

阪神タイガースも祈願!張子の寅が有名な信貴山・朝護孫子寺

阪神タイガースも祈願!張子の寅が有名な信貴山・朝護孫子寺

更新日:2014/09/30 10:38

高橋 樂のプロフィール写真 高橋 樂 旅行ブロガー

大阪市内から割と近い奈良・信貴山の名刹、朝護孫子寺。
張子の寅、国宝・信貴山縁起絵巻が有名で、聖徳太子とも縁が深く、福随一の毘沙門天王を祀り、古くから多くの人々の信仰を集めています。トラつながりで、阪神タイガースの選手が戦勝祈願する寺としても有名です。
写経を始め、1泊2日や日帰りの修行体験ができる宿坊もあります。
心の迷いを吹き飛ばし、晴れ晴れとした気分になりたい方、ぜひ一度ご体験ください。

『信貴山』・『朝護孫子寺』の名前の由来

『信貴山』・『朝護孫子寺』の名前の由来

写真:高橋 樂

地図を見る

朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)は、毘沙門天王をご本尊とする奈良・信貴山真言宗総本山のお寺。かなり広いのでじっくり回る方は半日以上見ておいた方がいいかもしれません。

大和七福八宝めぐり(三輪明神、長谷寺、信貴山朝護孫子寺、當麻寺中之坊、安倍文殊院、おふさ観音、談山神社、久米寺)の一つに数えられています。

「信貴山」の名の由来は、6世紀後半の聖徳太子の物部守屋討伐にさかのぼります。
聖徳太子は、討伐に向かう途中、この山で四天王像を彫って戦勝祈願します。すると毘沙門天王が現れ、その御加護によって勝利しました。その日時は奇しくも、寅の年、寅の日、寅の刻。その後ここに寺院を創建し、「信ずべき貴ぶべき山(信貴山)」と名付けたのが由来です。よって寅の信仰も深く、寺の至る所に寅の張り子が置かれています。

「朝護孫子寺」の名は、10世紀、醍醐天皇の病気平癒祈願でご加護があったという説話により、天皇の祈願所として「朝護孫子寺」の勅号を賜わったことが由来です。

また、こちらの霊宝館には平安末期に描かれた国宝『信貴山縁起絵巻』があり、普段は複製展示ですが、毎年秋(10月下旬から11月初旬)には特別公開として本物(三巻のうちの一巻)が公開されます。
※普段、本物は奈良国立博物館に寄託されています。

絵の人物は表情豊かで、躍動感に富み、日本の漫画のルーツだと言われていますから、身近な漫画との共通点を見つけて楽しむのもいいですね。

■特別拝観料:個人400円、団体300円(15名以上)

体長約6mの首ふりふり『世界一福寅』

体長約6mの首ふりふり『世界一福寅』

写真:高橋 樂

地図を見る

朝護孫子寺のシンボルとも言える大寅は、開運橋や信貴山観光アイセンター近く、赤門の手前にあります。

大寅は「世界一福寅」だそうで、体長約6mもあります。かなり大きいことにビックリします。お顔は少々怖いですが、大きく口を開けて顔が上下左右にゆっくり動く姿はなんともユニークで、楽しい気分に。「ご利益あるかも!」と期待が高まります。

また、ここは本堂もよく見えることから、朝護孫子寺一番の写真撮影スポットとなっています。

トラつながりで阪神タイガースの選手が戦勝祈願に訪れるお寺ですから、ファンの方もぜひ同様に祈願してみてはいかがでしょうか?勝率アップにつながるかもしれません。

張子の寅は、ここだけではなく寺のあちこちにユニークな姿で登場します。お土産物としても大人気ですよ。

絶景!大和平野を一望する本堂と毘沙門天王

絶景!大和平野を一望する本堂と毘沙門天王

写真:高橋 樂

地図を見る

御本尊・毘沙門天王が安置されている本堂は、急崖に堂々と張り出し、豪壮な堂宇となっています。大和平野、斑鳩方面の山や町並を一望できる絶景です。また、日の出側になるため、毎朝ご来光を拝むことができます。

本尊となる毘沙門天王像は善膩師童子像、吉祥天像とともに本堂内陣に安置されています。御祈祷を受けられる方は内陣にて拝尊することができます。
毘沙門天王は七福神のなかでも福随一といわれ、家内安全・商売繁盛・開運長久・心願成就などにご利益があるとされています。

毘沙門天の使者は、なんと百足(ムカデ)!おあし(お金)を沢山いただけるという意味があるそうです。信貴山内では、寅だけでなく、いたるところに百足の絵や像を見ることができます。

たとえば、写真の燈籠にもその意匠があります。本堂の正面扁額も良く見るとギョギョッ!両脇に堂々巨大な百足が!必見です。

ちょっと勇気がいります『戒壇巡り』

ちょっと勇気がいります『戒壇巡り』

写真:高橋 樂

地図を見る

『戒壇巡り』は、心願成就を祈る修行道場の一つです。

本堂真下、真っ暗闇の約60メートルの回廊を手探りで歩いてお参りします。階段を下り、右手を右の壁に当てながら廻ります。少し歩くと見えてくる灯りの場所に、十二支守護本尊(※)が祀られています。ここで自分の守護本尊に祈願し、その後また同じように進むと、格子、そして鉄の錠前(胸の高さ)が手に当たります。錠前に触れると如意宝珠に触れたと同じ功徳で心願成就のご利益を授かると言われています。

※十二支守護本尊…自分の守護本尊を確かめてから出発しましょう。
・子年 千手観音
・丑年 虚空蔵菩薩
・寅年 虚空蔵 または 毘沙門天王
・卯年 文殊菩薩
・辰年/巳年 普賢菩薩
・午年 勢至菩薩
・未年/申年 大日如来
・酉年 不動明王
・戌年/亥年 阿弥陀如来

所要時間は約5分、何も見えない聞こえない無の世界です。
最初は大変気味悪いですが、だんだんと慣れ心穏やかになっていきます。そんな中で一心にお祈りしていると仏様が見えてきてご利益を頂けるという流れは、無心の尊さ、「空」の概念を説く般若心経の世界観を再現しているかのようです。あるべき心の持ち様を確認するためにピッタリの修行道場ですね。

■料金:100円 
■受付時間:午前9時〜午後5時

宿坊・玉蔵院で写経体験!

宿坊・玉蔵院で写経体験!

写真:高橋 樂

地図を見る

おススメしたいのは、宿坊で体験できる『写経』。最近静かなブームです。

宿坊・玉蔵院での写経は、社務所の受付で申し込みます。当日でも受け付けてもらえますが、準備等の関係で予約が望ましいです。
所要時間は約1〜2時間(個人差有)。時間の余裕を持って行った方がいいでしょう。

写経はただ般若心経をなぞり書きするだけではなく、僧侶による般若心経の説明と唱和等もあり、本格的です。

■写経の流れ
1)担当僧侶の案内で部屋に通され、筆、硯、紙等がセットされた机に座ります。
2)般若心経の簡単な説明(案内プリント有)
3)般若心経唱和(僧侶と共に)
4)写経(般若心経が薄く印刷された紙の上をなぞり書きし最後に願いや住所氏名を書く)
5)真言唱和(僧侶と共に)
※完成した写経紙は、後程祈祷される

約2時間、般若心経が説く『空』の精神にふれることで、心のモヤモヤが洗い流されスッと軽くなりますよ。

また、玉蔵院では、1泊2日や日帰りで、法話、写経、阿息観、作務などを修行体験するコースが設けられています。
宿坊内は設備も新しく快適で、僧侶の方々も皆気さくで親切です。お寺のこと、帰りの交通手段についてなど、わからないことがあれば何でも丁寧に教えてもらえます。
日常を忘れ、心と身体をリセットしに訪れてみませんか?

※隣接する他の2宿坊(成福院、千手院)でもそれぞれ修行体験コースが設けられています。

まとめ・その他

聖徳太子戦勝祈願の故事に、『世界一福寅』、漫画のルーツ『国宝・信貴山縁起絵巻』、ちょっとドキドキする『戒壇巡り』。信仰はもとより観光地として、心の浄化の場として、はたまた阪神タイガースの戦勝祈願にと、何度でも行ってみたくなる信貴山・朝護孫子寺。大阪市内からも遠からず、一度足を運んでみませんか?

≪その他≫
■ご祈祷
信貴山内の本堂または、宿坊各院(成福院、千手院、玉蔵院)のいずれかで申し込むことができます。

■千手院(宿坊)の護摩堂祈祷
千手院では開壇以来1100年間、毎朝欠かさず毘沙門護摩が焚き続けられています。運気上昇の寺として有名です。毎朝午前6時より護摩祈祷があり、申し込みにより随時護摩が焚かれます。
本格的なものもありますが、添え護摩木(小:500円/大:1,000円)と気軽にできるものもあります。詳しくは千手院までお問い合わせください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ