日光国立公園の温泉リゾート!「大江戸温泉物語 日光霧降」

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

日光国立公園の温泉リゾート!「大江戸温泉物語 日光霧降」

日光国立公園の温泉リゾート!「大江戸温泉物語 日光霧降」

更新日:2014/09/25 14:27

Oedo Onsen Monotogatari Nikko Kirifuri, the onsen resort in Nikko National Park!
猫乃 みいこのプロフィール写真 猫乃 みいこ 非日常体験探求家、旅ブロガー、ライター

今や全国各地で、コストパフォーマンスが高い大満足リゾートを展開する、大江戸温泉物語。自然美あふれる日光国立公園内にも「大江戸温泉物語 日光霧降」があります。世界的建築家が手掛けた日本初の建造物として、重厚でありながらモダンな近代建築。天然温泉の露天風呂でのんびり、日光名物「ゆばのお刺身」に舌鼓!癒しの温泉につかって、歌ったり踊ったり、それぞれのリゾートタイムを満喫できますよ。

優雅なリゾート「大江戸温泉物語 日光霧降」のさまざまな部屋タイプ

優雅なリゾート「大江戸温泉物語 日光霧降」のさまざまな部屋タイプ

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

「大江戸温泉物語 日光霧降」を手掛けたのは、建築家のノーベル賞ともいわれる、プリツカー賞を1991年に受賞した世界的建築家ロバート・ヴェンチューリ。日本初のヴェンチューリの作品である「大江戸温泉物語 日光霧降」は、ポストモダン的な建築。自然と調和した本格温泉リゾートとして、彼の代表作の中でも高い評価を得ています。

部屋タイプは、洋室・和室・和洋室・メゾネット・ファミリー・スゥイートとありますので、いろいろなタイプのお部屋から、人数や気分で選ぶことができますよ。写真は、ファミリータイプBのお部屋。洋室2つとリビングルームのあるお部屋ですので、人数の多い時にみんなでワイワイ宿泊するのにお薦めです。ジャグジー付のバスルームが気持ち良いですよ。

日光名物「ゆばのお刺身」

日光名物「ゆばのお刺身」

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

お食事は、夕朝食とも1階の「レストラン 川長」にて。夕食は、和洋中の約60種類というメニューが並ぶ、四季折々の食材が楽しめるバイキングです。ステーキの焼きたてなど、ライブキッチンを備えた本格バイキングレストラン。

バイキング料理の中で是非食べてもらいたいのが、地元日光の「ゆば料理」。日光輪王寺の精進料理として伝わった日光のゆばは、「湯波」と表記します。京都の「湯葉」とは、作り方も微妙に違い、豆乳の膜を端から引き上げるのが「京都の湯葉」。真ん中から引き上げ2枚重ねになるのが「日光湯波」といわれています。引き上げた物を生のまま、わさび醤油で食べるのが、お刺身。是非、日光名物の「ゆばのお刺身」を味わってくださいね。

最上階の展望大浴場と天然温泉の露天風呂

最上階の展望大浴場と天然温泉の露天風呂

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

最上階の6階には、展望大浴場と天然温泉の露天風呂があります。炭酸水素塩泉の温泉は、神経痛・筋肉痛・関節痛などに効果がありますので、ゆっくり入って温かさを実感してくださいね。
標高1000mに位置する、大自然に囲まれた「日光霧降温泉」。露天風呂からは日光国立公園の美しく壮大な自然が眺められます。

写真は、女性大浴場と男性大浴場の間にあるロビー。ロビーにある椅子にご注目!デザイナーズ家具に興味のある方なら「あっ!」とすぐに気づくはず。そう、並んでいる椅子は、モダニズムの建築家であり家具デザイナーでもある、マルセル・ブロイヤーの作品。バウハウスの教授だったワシリー・カンジンスキーの為にデザインしたことから、「ワシリーチェアー」と呼ばれる、有名な椅子なのです。しかも、こんなにたくさん!価値がわかる方なら、興奮しながら座るはず。ワシリーチェアーは、このロビーだけでなく、ホテルのあちこちに配されていますので、建築家ヴェンチューリがホテル内の調度品までこだわっていたことがわかります。

日光連山が美しい!温泉リゾート「大江戸温泉物語 日光霧降」

日光連山が美しい!温泉リゾート「大江戸温泉物語 日光霧降」

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

ワシリーチェアーのある6階ロビーの、廊下側からの眺望は必見!
写真左から、大真名子山・小真名子山・女峰山から成る「日光連山」の山並みの美しさは息をのむほど。「大江戸温泉物語 日光霧降」で、是非見ていただきたい大自然の眺望です。

オレンジ色の朝日

オレンジ色の朝日

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

もう一つの朝のお楽しみは、オレンジ色に輝く朝日。普段の生活の中では、自然の中で朝日が昇る様子など見られるものではありませんが、「大江戸温泉物語 日光霧降」では、どの階からも朝日が昇る様子が見られます。写真は、2階から見た朝日ですが、6階からはさらに美しく見えますよ。朝6時台に温泉に入るのがお薦めです。

ホテルの施設は、インターネットPC3台・マンガと図書コーナー3000冊、卓球、キッズルームなどが無料で利用できますので、長期滞在するのにも便利。ダンスホールやカラオケルーム、ゲームコーナーなども有料でありますので、お年寄りやお子さん連れなど、老若男女が楽しむことができますね。

霧降高原リゾート「大江戸温泉物語 日光霧降」

「大江戸温泉物語 日光霧降」に向かうには、自家用車なら日光宇都宮道路(有料)の日光ICから約20分。途中、日光の大自然を、車窓に楽しむことができます。野生の猿が近くに出てくることがありますが、日光の猿はかなり凶暴なので、車を止めたり窓を開けることがないようにご注意くださいね。猿は野生の動物ですので、日光市では猿への餌付けが禁止されています。

電車で向かう場合は、JR日光駅・東武日光駅から、無料のシャトルバスを利用することができますので、公式サイトにて確認してください。

自然豊かな日光国立公園の本格温泉リゾート「大江戸温泉物語 日光霧降」で、それぞれの癒しの時間を過ごしてくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/02/22−2013/02/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ