栗の町“小布施”でパクっと食べ歩き!栗拾い・ぶどう狩りもはとバスで満喫

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

栗の町“小布施”でパクっと食べ歩き!栗拾い・ぶどう狩りもはとバスで満喫

栗の町“小布施”でパクっと食べ歩き!栗拾い・ぶどう狩りもはとバスで満喫

更新日:2014/10/08 19:32

安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

秋に旬を迎える食材、ホクホクした甘い栗。美味しい栗を食べに行きたい!とお考えの方も多いのでは?栗の町で知られる長野県小布施は、老舗の栗菓子店から気軽に入れるお店まで、栗を堪能できるお店が軒を連ねています。
はとバスのツアーなら、チケットを使って小布施の町の栗グルメを食べ歩き、さらにぶどう狩りと栗拾いの2種類の味覚狩りまでついて、超お得。ツアーのポイントを事前に押さえ、はとバスの旅を満喫しましょう!

6種類のチケットで、小布施名物“栗グルメ”を食べ歩き

6種類のチケットで、小布施名物“栗グルメ”を食べ歩き

写真:安藤 美紀

地図を見る

はとバスのツアーでは、バスの中で“小布施の食べ歩きマップ付きチケット”がもらえます。このチケットは、小布施の栗菓子6店舗で使える引換券。チケットには、栗好きの心をがっちりつかむ栗スイーツが目白押し。食べたいものを品定めしたら、各自自由に食べ歩きをスタート!

気になるチケットの内容は、こちら。
・栗庵 風味堂 自分で栗餡を詰める「栗もなか」
・おぶせ庵 5種類の中から選べる「ソフトクリーム」
・おぶせ庵 煎餅堂 手焼きの「醤油煎餅」
・桜井甘精堂北斎亭  細かい栗が入った「マロンフィナンシェ」
・マロナップル 全て手作り「フルーツジャムヨーグルト」
・サンクゼール・ワイナリー 「ワインの試飲」

小布施で散策できる時間は、90分間。
「90分で6店舗も!?そんなに回れるの?」と思った方もいるかもしれませんが、小布施はお店が隣同士に並んでいることが多く、時間に余裕を持って回ることができますので、ご安心ください。

老舗の栗菓子店を訪れたいなら、栗庵 風味堂・桜井甘精堂北斎亭、竹風堂(チケットには入っていません)の3店舗がおすすめ。ここは、栗菓子の中でも俗に言う高級店になります。他のお店は、カジュアルな雰囲気。手軽に試食できるところが多いので、チケットがなくても立ち寄ってみるといいでしょう。

お土産を買うなら、小布施堂の栗鹿ノ子は外せません!栗鹿ノ子は、スチール缶の中に大きな丸い栗と栗きんとんが入っています。材料は、栗と砂糖だけ。栗好きにはたまらない銘菓です。賞味期限が1年と長く日持ちがするので、お土産にも最適!

のんびり歩いて散策したい、小布施の風情ある町並み

のんびり歩いて散策したい、小布施の風情ある町並み

写真:安藤 美紀

地図を見る

小布施の町は蔵造りの建物がずらりと並び、すべて和風建築で統一されています。美容院や銀行や郵便局など、地元の方が普段使うような施設もすべて和風建築の蔵造り。一見、老舗の和菓子屋さんのようなお店でも、看板をよく見てみると、銀行だったり新聞屋さんだったり!町全体が、博物館のような雰囲気になっています。

食べ歩きチケットに載っているマロナップルがある通りを北に進み、中町南の方向まで歩いていくと、さらに蔵造りの雰囲気を楽しんでいただけます。そのまま食べ歩きチケットを使い終わったから…と引き返してしまうのは、勿体ない!少し北側のエリアも散策してみるといいでしょう。

ずしっと重い!もぎたての巨峰が30分間食べ放題

ずしっと重い!もぎたての巨峰が30分間食べ放題

写真:安藤 美紀

小布施の周辺をバスで走っていると、りんごやブドウなど果物畑が両側に続いていきます。小布施周辺は栗だけでなく、果物栽培が盛んにおこなわれている地域。そのため、秋の味覚狩りが出来る農園がいくつか点在しています。

今回のはとバスツアーでは、2種類の味覚狩りができます。その一つが、ぶどう狩り。ぶどうの種類は、ぶどうの王様巨峰です。

ぶどう畑には、たわわに実った巨峰が四方にぶら下がっています。園内にいる30分間は、この巨峰が食べ放題。自分で好きな房を選び、ハサミでカットしたばかりの巨峰は、皮はパリっと実はみずみずしく極上の甘さ!

農園の方に「どういうぶどうが甘いんですか?」と聞いてみたところ、「房を持ち上げて軽い方が甘いんだよ」と教えていただきました。甘いぶどうを食べたい方は、ハサミでカットする前に、ぶどうの重さを比較してみるといいかもしれませんね。

お土産にしたい場合、1房500円と超お得!ご家族への美味しい旅のお土産にするといいでしょう。

昼食は、信州ポーク&牛肉のWミートと高原レタスのしゃぶしゃぶ

昼食は、信州ポーク&牛肉のWミートと高原レタスのしゃぶしゃぶ

写真:安藤 美紀

地図を見る

昼食をいただくお店は、信州中野ICからバスで5分の場所にある、ビアンデ信州中野店です。馬刺しで有名なさくら工房の直営店で、1Fでは信州のお土産を販売、2Fはツアー専用のレストランを営業しています。

はとバスツアーについてくる昼食は、豚肉・牛肉・高原レタスのしゃぶしゃぶ御膳。
しゃぶしゃぶには大麦幻豚という信州ポークが使われていましたが、上品な甘さがありとっても柔らか!噛めば噛むほど豚の甘みが溢れ出る美味しいお肉なので、ぜひ味わってみてください。

ビアンデ信州中野店は、大きなドライブインでもあります。小布施は栗中心のお土産しか買えませんので、お蕎麦や野沢菜など信州ならではのお土産を買うなら、1Fの売店で買うといいでしょう。

栗の本場、小布施で栗拾い!

栗の本場、小布施で栗拾い!

写真:安藤 美紀

はとバスツアーのもう一つの味覚狩りは、小布施でおこなう栗拾い。栗の本場 小布施の栗は、粒が大きく立派なサイズです。

栗拾いの方法はとても簡単。いがのついた栗を足でパカっと割り、中の栗をトングで拾うだけ。木になっているものはまだ熟されていないので、下に落ちたものだけを拾うようにしましょう。栗の収穫体験は、1人500g。栗20粒くらいの重さです。

少々手間のかかる栗ですが、小布施の栗は、まるまる太って味も格別!自分で拾った栗は家に帰って、栗ご飯にしたり、煮物にしたり。楽しい思い出と一緒に味わう栗は、ほっぺの落ちる美味しさです。

今が一番美味しい時!栗の町“小布施”で旬の味を堪能しよう

小布施といえば、栗の町。
小布施では、1年を通して美味しい栗菓子を食べることができますが、9月~10月は栗が旬を迎えるため、この季節の栗は格別です。小布施でも、新栗を使ったお菓子が登場するなど、風味や甘さが強くなる今の時期の栗は、断然美味しい!

今回のはとバスツアーで回った小布施周辺は、全ての観光地がお隣同士というところ。急いで次に移動しなくても、ゆっくり楽しめる充実したツアーになっています。バスに乗っている時間は少々長くはなりますが、行きはゆっくり、帰りはぐっすり体を休めることができますよ。

【この記事は株式会社はとバスとのタイアップです。】

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -