どこもかしこも猫、猫、猫!アムステルダムの猫博物館

| オランダ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

どこもかしこも猫、猫、猫!アムステルダムの猫博物館

どこもかしこも猫、猫、猫!アムステルダムの猫博物館

更新日:2014/09/30 21:10

やました りえのプロフィール写真 やました りえ 元旅行会社勤務の旅好き

世界遺産にも登録されているオランダの首都、アムステルダム。
風車やチューリップ、更にはミッフィーちゃんで知られていますね。
ここアムステルダムにはなんと、猫をテーマとした博物館があるのです!
今回はその猫博物館「Kattenkabinet(カッテンカビネット)」をご紹介します。
猫好きの皆様、必見です!

「おじゃましま〜す」と言いたくなるようなアットホームな博物館

「おじゃましま〜す」と言いたくなるようなアットホームな博物館

写真:やました りえ

地図を見る

猫博物館はアムステルダム中心部にある古い建物の1・2階を使っています。
着いてみると、「えっ、ここ…?誰かのお家なんじゃないの?」と思ってしまうほどこぢんまりとしています。
ヨーロッパでは古い建物に改築を繰り返し何百年と住み続けますが、ここの博物館の建物も17世紀のもの。現在のオーナーも、同じ建物内に住んでいます。
入り口の看板は出ていますが、通りすぎてしまわないように注意!
こちらにシッポを向けて歩く黒猫のマークが目印です。

どこもかしこも猫だらけ!

どこもかしこも猫だらけ!

写真:やました りえ

地図を見る

6ユーロ(日本円で約800円)を払っていざ入館。写真は博物館の中です。
17世紀のヨーロッパらしい装飾が施されている内装のお部屋の壁には猫のポスターがたくさん。
現代的アート作品もあれば、ピカソやレンブラントのような有名画家の作品もあり、特に時代や様式の統一はなくとにかく猫がテーマとなっている作品が展示されています。
ポスターや絵画、彫刻、ガラス細工、さらにはアニメ放映などまであり、子供から大人まで楽しむことができます。

ドル札になってしまった猫

ドル札になってしまった猫

写真:やました りえ

地図を見る

アメリカの1ドル札に印刷されているこちらの猫ちゃん。
モルガンくんという名前で、博物館の創設者マイヤーさんのかつて飼っていた猫です。
彼の15歳の誕生日にマイヤーさんがプレゼントとして作ったこちらの「お札」は、数多くの展示物の中でも一際目立っています。
ちなみにモルガンという名前はアメリカの大統領のJ.P.モルガンからとっているそう。
そして本物のお札には「In God We Trust(我らは神を信ずる)」と書いてありますが、こちらには「We Trust No Dog(我らは犬を信じない)」に変わっています…猫の犬嫌いは全世界共通なんですね。

本物の猫がお出迎え!

本物の猫がお出迎え!

写真:やました りえ

地図を見る

猫の絵、写真、彫刻だけではありません。本物の猫もいます!
一匹ではなく数匹いるようですが、このように博物館の中を自由に散歩している時もあれば、棚の上に座っていたり、椅子の上で寝ていたり。
猫はきまぐれ。たまに一日中寝ていて全く起きない日もあるそうです。
特に冬は、窓際の暖房の上で丸まり暖を取っている時が多いとか。
そのような時は起こしたりせず、「作品」として静かに見守ってあげましょうね。

猫好きのあの人に…おみやげをゲットしよう!

猫好きのあの人に…おみやげをゲットしよう!

写真:やました りえ

地図を見る

出口には小さいミュージアムショップもあり、おみやげを買うことができます。
博物館オリジナルのグッズはあまり置いていませんが、猫に関連する本や、博物館に展示してある作品のポストカードやポスターをゲットすることができます。
おしゃれなデザインのポスターを家に飾れば、常にヨーロッパ気分?!
ちなみに、写真の猫ちゃんは非売品ですのでご注意を(笑)。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
ご紹介した1ドル札の猫のようなユニークな作品もあれば、有名画家の絵なども展示されているので、老若男女問わず猫好きでない人でも十分に楽しむことができます。
世界中の旅行者だけでなく、地元の人も癒されに訪れる猫博物館。
アムステルダムに行った際には是非立ち寄ってみてください!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/09/03−2013/09/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ