北海道パワースポット「神の子池」癒やしの水パワーで体内浄化を

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

北海道パワースポット「神の子池」癒やしの水パワーで体内浄化を

北海道パワースポット「神の子池」癒やしの水パワーで体内浄化を

更新日:2014/10/02 13:03

透明度日本一を誇る摩周湖の伏流水ともいわれる、神の子池。そのコバルトブルーに輝く澄んだ水には癒やしの力があるとされ、パワースポットとしても人気です。

四季を通じて美しい水をたたえる神の子池が、人を引き付ける魅力に迫ってみましょう。

そもそもパワースポットってなに?

そもそもパワースポットってなに?
地図を見る

パワースポットとは、自然エネルギーに満ちあふれ、自然崇拝されている場所のこと。その場所を訪れることで、人もその自然エネルギーの恩恵に預かり、パワーを得ることができるとされています。

神の子池という名前は、アイヌ語で「神の湖(カムイト)」と呼ばれる摩周湖の伏流水と信じられていたことに由来します。このことからもアイヌ民族が栄えていた古来から、崇拝の対象であったことは明らか。パワースポットであることは間違いなさそうです!

神の子池の持つパワー

神の子池の持つパワー
地図を見る

では実際、神の子池にはどんなパワーが秘められているのでしょうか?

調べによると、体に溜まった不要なものやネガティブな心を浄化してくれる作用があるのだとか。確かに、この神秘なまでに美しく透き通る水は、見る者の心まで澄んだものにしてしまいそうです。

腐らない倒木は、神の子池が作り出す自然美

腐らない倒木は、神の子池が作り出す自然美
地図を見る

その透明度から、そんなに深さはなさそうと感じてしまいがちですが、水深はなんと5メートル。池の中にはいくつもの倒木が重なって見えますが、ずいぶん深いところに沈んでいるのかもしれません。

木というものは元々、菌の繁殖の条件である“空気”が十分にない水中では腐りにくいそうなのですが、年間を通し8℃だという水温がまた、神の子池に眠る倒木を永く美しく保つ条件となっているよう。こんなところにも、自然が持つ不思議な力を感じずにはいられませんね。

小川のせせらぎでリラックス。フィトンチットの効果も!

小川のせせらぎでリラックス。フィトンチットの効果も!
地図を見る

摩周湖と同様、流れ込む川がないことでも知られる神の子池ですが、流れ出る川はあります。1日12,000トンも湧き出る水がせせらぎとなり、癒やし効果を発揮しているのです。

自然に囲まれた中で川の流れる音など五感を使って感じると、人は副交感神経活動が高まり、リラックス効果が得られます。

また、「熊注意」の看板があるほどの森の中にある神の子池ですから、癒やしや安らぎを与える効果があるフィトンチットもたっぷり浴びることができますよ。

おわりに

浄化パワーに加え、癒やしやリラックス効果も期待できる神の子池。

近年パワースポットして人気が高まり、訪れる人は後を絶ちませんが、その美しさや神秘さに魅了され、静かに、そしておだやかに周囲を散策している人がほとんど。心を浄化させる力、皆さんもぜひ感じてみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ