茅葺き屋根の駅舎は日本でここだけ!会津鉄道・湯野上温泉駅

| 福島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

茅葺き屋根の駅舎は日本でここだけ!会津鉄道・湯野上温泉駅

茅葺き屋根の駅舎は日本でここだけ!会津鉄道・湯野上温泉駅

更新日:2014/10/13 11:59

右肩のプロフィール写真 右肩

鉄道の駅は、日本全国に約9,800駅あると言われていますが、茅葺き屋根の駅舎がある駅は日本に1駅しかありません!その駅は、福島県を走る「会津鉄道」の「湯野上温泉(ゆのかみおんせん)駅」です。
深い山間部の温泉地にある、旅情たっぷりローカルな湯野上温泉駅をご紹介致します。

国内唯一の茅葺き屋根の駅!湯野上温泉駅は、ロケーションも駅舎も素朴さが魅力

国内唯一の茅葺き屋根の駅!湯野上温泉駅は、ロケーションも駅舎も素朴さが魅力

写真:右肩

地図を見る

山々が迫る渓流沿いの小さな温泉地、茅葺き屋根に白壁の落ち着いた駅舎。田舎の素朴さが魅力の湯野上温泉駅は、福島県南会津郡下郷町にある会津鉄道の駅です。

会津鉄道は、福島県会津若松市の西若松駅(全列車がJR会津若松駅に乗り入れ)と、栃木県と接する南会津町の会津高原尾瀬口駅を結ぶ57.4kmの鉄道です。

国鉄会津線の駅として昭和7年に開業した湯野上駅は、現在とは異なってトタン屋根の駅舎でした。昭和62年に第三セクターへ転換され会津鉄道となった際、湯野上温泉駅に改称し、最寄りの観光地である大内宿に合わせて茅葺き屋根に改修され、国内唯一の茅葺き屋根の駅舎が誕生しました。
現在では観光客も訪れる名物駅となり、駐車場も用意されているので車で立ち寄る方も多いです。

駅舎の中も〜素朴で懐かしい雰囲気で落ち着きます

駅舎の中も〜素朴で懐かしい雰囲気で落ち着きます

写真:右肩

地図を見る

茅葺き屋根の駅舎ですから、駅舎の中も昔懐かしい古民家の様で素朴な雰囲気満点です。
待合室には、古めかしい板張りの小上がりに囲炉裏があり、茅葺き屋根に集まる虫を煙で追い払う役割もあるので火が焚かれます。
甘酒やコーヒー(有料)を頂く事も出来ますので、囲炉裏を囲みながらほっこりとした時間を過ごす事ができます。
会津の工芸品や小物、菓子類といった土産品の品揃えも多く、ちょっとした買い物も楽しめます。

湯野上温泉駅は、駅業務を下郷町観光協会に委託している簡易委託駅ですので、観光協会の方が朝から夕方まで切符や売店の販売等を行っています。

どの季節も美しい〜ホームから見る茅葺き屋根の駅舎とローカル列車

どの季節も美しい〜ホームから見る茅葺き屋根の駅舎とローカル列車

写真:右肩

地図を見る

湯野上温泉駅は自然に囲まれていますので、茅葺き屋根の駅舎とローカル列車が更に引き立ち、旅情を誘う光景が魅力です。
線路沿いには桜の木が並んでいますので、桜が開花する春は特に人気。山々の濃い緑が美しい夏、秋には山々が一面に紅葉し、雪が多く積もる冬は雪景色が綺麗、四季を通して美しい駅です。

駅の構内(ホーム)へ入るには入場券が必要ですが、この入場券がちょっと凝っていまして、湯野上温泉駅の美しいイラストが描かれた栞と、今ではほとんど見られなくなった硬券(厚紙の切符)の2種類から選ぶ事が出来きます。入場券は持ち帰れますので、旅の良い記念品になります。
ぜひ、ホームからも茅葺き屋根の駅舎やローカルな列車をご覧になってみて下さい。

湯野上温泉の玄関口ですから〜足湯もあります!

湯野上温泉の玄関口ですから〜足湯もあります!

写真:右肩

地図を見る

駅の周辺は湯野上温泉となっており、5つの源泉から60℃の単純温泉が湧き、大川の渓谷沿いに十数件の温泉宿が点在しています。
多くの宿が、渓谷を見下ろす露天風呂を持ち、混浴の湯も多く残り、昔ながらの素朴な情緒が魅力の温泉地です。
駅前の集落にも、気軽に立ち寄れる温泉宿が数件あります。

温泉地の玄関口にふさわしいスポットとして、湯野上温泉駅に新しく足湯が開設され(平成12年10月より)気軽に温泉を楽しめる様になりました!
木造の屋根に覆われた立派な足湯で、古くからその場にあった親子地蔵尊を足湯内に安置し「親子地蔵の湯」と名付けられています。

湯野上温泉駅は、茅葺き屋根の町並で有名な「大内宿」の最寄駅です

湯野上温泉駅は、茅葺き屋根の町並で有名な「大内宿」の最寄駅です

写真:右肩

地図を見る

茅葺き屋根の家屋が整然と並ぶ宿場町が残る「大内宿(おおうちじゅく)」。重要伝統的建造物群の指定を受け、年間100万人以上の方が訪れる人気の有名観光スポットです。
湯野上温泉駅は、この大内宿の最寄駅でもあります。

最寄駅ではありますが、駅と大内宿は5.5kmも離れており、車でも15分程度掛かります。人の住んでいない山間部でもあり徒歩での移動は厳しいです。
湯野上温泉駅と大内宿を結ぶ交通機関は、タクシー会社が運行する小型バス「猿游号(さるゆうごう)」が1日数便往復していますので、以下【MEMO欄】のリンクよりご確認下さい。

大内宿と湯野上温泉駅〜昔ながらの茅葺き屋根をダブルで満喫

国内唯一の茅葺き屋根の駅舎を持つ湯野上温泉駅。山深い静かな温泉地にあるローカル駅は、素朴な田舎の情緒が魅力で、懐かしく暖かい気持ちに包まれるオススメのスポットです。

湯野上温泉駅のある会津鉄道は、野岩鉄道を経由して東武鉄道と接続しており、浅草から東武特急を利用すれば、鬼怒川温泉または会津田島で1回乗り換えるだけで首都圏から来る事ができます。
国道121号線のすぐ横にある湯野上温泉駅は、駐車場もありますので車でも気軽に立ち寄れます。
大内宿を観光される際は、ぜひとも湯野上温泉駅にも立ち寄って頂き、ダブルで茅葺き屋根の家屋を満喫して下さい!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/08/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ