ソウルの穴場観光スポット「青瓦台サランチェ」へ行ってみよう!

| 韓国

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ソウルの穴場観光スポット「青瓦台サランチェ」へ行ってみよう!

ソウルの穴場観光スポット「青瓦台サランチェ」へ行ってみよう!

更新日:2014/11/11 16:31

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

「サランチェ」とは、主人の別宅でおもてなしをする客間を意味します。
今回ご紹介する「青瓦台サランチェ」は、韓国大統領の官邸、青瓦台の別宅でお客様のおもてなしをするところという意味になり、歴代大統領の足跡や韓国文化がわかりやすく紹介されている文化広報館です。
タッチパネルや映像を駆使して、子供でも楽しく見て回ることができるように工夫されていますので、次回のソウル観光に組み込んでみてはいかがですか?

「青瓦台サランチェ」ってどこにある?

「青瓦台サランチェ」ってどこにある?

写真:やま かづ

地図を見る

「青瓦台サランチェ」は、大統領官邸・青瓦台のすぐそば、景福宮の西隣にあります。
直接行くなら、地下鉄3号線景福宮駅4番出口から出て、景福宮の西側の道を青瓦台方向へ歩いていくと15分程度で到着します。
景福宮周辺には、東側に韓屋が残る北村、北側には青瓦台など観光スポットがたくさんありますから、景福宮観光とあわせて訪れることができます。

韓国旅行するなら、ちょっとだけ韓国の文化についてお勉強はいかが?

韓国旅行するなら、ちょっとだけ韓国の文化についてお勉強はいかが?

写真:やま かづ

地図を見る

この「青瓦台サランチェ」は、もともと青瓦台の広報館として使われていましたが、2010年にリニューアルされ、韓国の歴史や伝統文化も紹介する2階建ての複合施設になりました。
1階には、韓国文化生活の展示室、スーベニアショップ、カフェレストランなどがあります。また、2階には、青瓦台に関する資料、韓国歴代大統領の足跡などが紹介されています。
また、この2階部分には、そのほかに大統領執務室を再現した記念写真スペース、韓国現職大統領とバーチャル記念撮影ができる写真室など人気のスポットがあり、いつも人だかりができています。

大統領執務室で記念撮影!

大統領執務室で記念撮影!

写真:やま かづ

地図を見る

大統領執務室を再現したスペースが人気の記念撮影スポットになっています。
大きな机にゆったりとしたチェア。深くゆっくりと腰かけると、何だかとっても偉くなった気分。やっぱり誰かに写真を撮ってもらいたくなります。
しかし、いつも団体さんで賑わっていますから、どうしても写真を撮りたい方は辛抱強く順番を待つしかないですね。

そのほか、警護官写真撮影スポットもあり、こちらでは警護官になりきって大統領専用車を警護するシーンを撮影することもできます。

現職大統領と記念撮影!

現職大統領と記念撮影!

写真:やま かづ

地図を見る

現職大統領とバーチャル記念撮影できる写真室も人気のスポットです。
撮影は簡単。緑色の背景の前に立って、大統領が映り込んだモニターに合わせて、自分の立ち位置を決めてシャッターボタンを押すだけでOKです。
記念撮影のシチュエーションは、青瓦台前バージョン、共同宣言バージョン、握手バージョンなど、6パターンからお好きなものを選ぶことができます。また、撮った写真を指定のメールアドレスに送ることもできるんです。
但し、不謹慎だと思わるポーズで写真を撮ろうとすると係員から注意を受けますので、良識を持って楽しんでください。

写真:李明博大統領時代に夫妻と一緒にバーチャル撮影

そのほか、ゆっくり楽しめるスペースがたくさん!

そのほか、ゆっくり楽しめるスペースがたくさん!

写真:やま かづ

地図を見る

1階にはスーベニアショップがあり、韓国の伝統工芸品や小物、青瓦台限定のオリジナル商品などを手に入れることができます。
さらに、韓国伝統のお菓子やお茶、コーヒー、ちょっとした軽食を楽しむことができるカフェレストランも併設されています。大きなガラス張りのカフェ内からは、サランチェのエントランス前に広がる「サランチェ広場」を眺めることができます。
また、館内はゆったりとしたつくりになっており、フリースペースにはたくさんのソファがありますから、そちらからもこの「サランチェ広場」を眺めることができるんです。
ちなみにこの「サランチェ広場」には、朝鮮半島の野山に咲く花や野生の木々が植えられ、来館者の憩いのスペースになっています。

グルメもショッピングもいいけど

もちろん、せっかくのソウル旅行ですから、グルメにショッピング、大いに楽しみましょう。
でも、こんな韓国の文化体験も楽しいと思いませんか?「青瓦台サランチェ」は決して堅苦しい展示館ではなく、韓国お得意のIT技術を存分に使った展示・体験資料館となっています。
お隣の国、韓国を少しだけ理解できたような気がしますよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ