目と口で味わう「金針花」を見に行こう!台湾・台中

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

目と口で味わう「金針花」を見に行こう!台湾・台中

目と口で味わう「金針花」を見に行こう!台湾・台中

更新日:2014/10/07 13:42

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

皆さんは「金針花」というお花をご存知でしょうか?台湾の人々にとってはとても身近なユリ科の花で、台東にある金針花のお花畑はとても有名な観光スポットとなっています。しかし、台東まで行かなくても台中市内から車で30分ほど行った所で、金針花のお花畑を見ることができるんです。しかも、こちらでは目で楽しむだけでなく、舌でも楽しむことができる特別メニューも存在します。今回はこのお花のスポットをご紹介します。

ワスレグサ

ワスレグサ

写真:湯山 千里

地図を見る

「金針花」とは、日本語でワスレグサと呼ばれるお花。花が咲くのは一日だけということでこの名がついたそうですが、一度しぼんでも実はまた咲くお花も多いです。ユリ科なので、ユリによく似ています。台湾ではこのお花は、スープなどに入れてよく食べられています。「金針花」にはたんぱく質と鉄分が多く含まれているそうで、精神安定の効果もあるそうですよ。

絶景スポット〜沐心泉

絶景スポット〜沐心泉

写真:湯山 千里

地図を見る

この「金針花」のお花畑の中で写真が撮れるスポットは、こちら「沐心泉」。「沐心泉」は、総面積8ヘクタールの広大な敷地を有する農場で、「金針花」のお花畑が広がっています。標高600メートルから900メートルの位置にある為見晴らしも抜群。

「金針花」の台湾品種も合わせて見られる時期は4月から11月の半年ですが、その他の時期も毎月違った花を見ることができます。いつ訪れてもお花と風景を楽しめるのは、温暖な台湾ならではです。

一面が花の海!

一面が花の海!

写真:湯山 千里

地図を見る

金針花のお花畑をめざし、園内を散策してみましょう!
入り口では少なかったお花も、上に上がっていくごとに増えていきます。そして視界が開けると、一面黄色の花の海!大自然とお花に囲まれて写真を撮ったり、散歩をしたり、心やすらぐひとときを過ごすことができます。

入り口から上のレストランまでの道のりは、少し坂を上って歩く感じなので、歩きやすい服装で花の海を楽しんで下さい。

「金針花」が天ぷらに!

「金針花」が天ぷらに!

写真:湯山 千里

地図を見る

「沐心泉」内のレストランで味わうことができるのは、現地の野菜を使った料理の数々。特におすすめなのがエリンギの揚げ物(80元)、そして名物「金針花」の天ぷら(120元)。

「金針花」の天ぷらは、さくさくとしてお花とは思えない食感。「スープに入っているのは、お花を食べている感じがしてちょっと苦手」という方にも、食べやすくおすすめです。是非味わってみてください!

おわりに

自然が豊かで、台中市内からこんなに近いところにあるとは思えないような場所ですが、お花、風景はもちろんのこと、空気もきれいでリフレッシュできますよ!写真を撮るのには絶好のスポットです。そして「金針花」の天ぷらなどの名物料理もここならではのものなので、チャレンジしてみてください。

沐心泉 台中市新社区中和里中興街60号 (04)2593-1201
09:30〜19:00

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ