マリモの棲む神秘の湖「阿寒湖」を遊覧船で楽しむ旅!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

マリモの棲む神秘の湖「阿寒湖」を遊覧船で楽しむ旅!

マリモの棲む神秘の湖「阿寒湖」を遊覧船で楽しむ旅!

更新日:2014/10/14 12:16

雌阿寒岳、雄阿寒岳、阿寒富士などの山々に抱かれ、ひっそりと水をたたえている阿寒湖。国の天然記念物、マリモの生息地としても有名です。

この湖に浮かぶ大島や小島、滝口などの景観を湖上から楽しみ、マリモ展示観察センターがあるチュウルイ島に上陸できるのが、阿寒観光汽船の遊覧船。ゆったりと湖を周回する船の上で、しばし時を忘れて大自然を感じてみませんか?

観光船の乗り場は2カ所

観光船の乗り場は2カ所
地図を見る

阿寒湖の遊覧船は、「まりもの里桟橋」と「幸運の森桟橋」の2カ所あります。「まりもの里桟橋」が起点、終点となっていますが、2つの桟橋間の所要時間は5分。宿泊施設や立ち寄り場所に近い乗り場を選ぶと良いでしょう。

写真は「幸運の森桟橋」に停泊する、すずらん丸です。桟橋の前には数台車を駐車できるスペースがあり、乗船する人は目の前にあるお土産屋さんに車のキーを預ければ無料で停められます。

大迫力の雄阿寒岳

大迫力の雄阿寒岳
地図を見る

遊覧がはじまると、目に飛び込んでくるのが標高1,371メートルの雄阿寒岳(おあかんだけ)。阿寒湖温泉の各ホテルや湖畔の散策路からより、もっと間近で見ることができます。

雄阿寒岳の姿はもちろん裾野に広がる深い森や湖のほとりまで、絵画のような眺めを独り占め!船上で心地よい風にあたりながら、雄大な自然を体感することができるでしょう。

十九列島など趣のある風景を堪能

十九列島など趣のある風景を堪能
地図を見る

船は小島、大島を眺めながら滝口へと続く深い入り江へ。川のように長細い入り江なので、湖畔の木々がいっそう近くに感じられます。

滝口は阿寒川の流出口。遊覧船はここでUターンしますが、その際大小さまざまな溶岩が点在し、和風庭園のような情緒を醸し出している絶景スポット「十九列島」を望むことができます。

周囲が鮮やかに色づく秋の紅葉シーズンはもちろんですが、エゾムラサキツツジやエゾシャクナゲなどの花が咲く春、緑がまぶしい夏、と四季を通していろいろな表情を楽しめます。

チュウルイ島に上陸!

チュウルイ島に上陸!
地図を見る

湖の中ほどにあるチュウルイ島で一旦下船し、「マリモ展示観察センター」に立ち寄るのが、この遊覧船観光のポイントの1つ。散策時間15分という制限付きですが、周囲360mというサイズの島なので、写真を撮りながらゆっくり見て回っても大丈夫。雄阿寒岳や雌阿寒岳などの展望が良いスポットがあるので、山をバックに集合写真を撮るグループや家族連れも多く見られます。

島にはお手洗いがないため、トイレに行きたい人は遊覧船の中で済ませてくださいね。

天然記念物のマリモをじっくり観察

天然記念物のマリモをじっくり観察
地図を見る

マリモ展示観察センターには、湖底に生息するマリモの環境を再現した水槽がメインにあり、いくつものマリモを見ることができます。深緑の球体をしたマリモはとても美しく、不思議な魅力がたっぷり。滅多に採集できないという“巨大マリモ”は、大人の頭くらいの大きさがあり一見の価値ありです!お土産屋さんのマリモとは桁違いのサイズにびっくりしますよ。

また、マリモの一生を5段階に分け、それぞれを小型水槽で展示しているコーナーもあります。なかでも波に揺られて回転し、丸く形成されるマリモの様子が見られる「波動水槽」では、コロコロと動く姿がいとおしく感じるほど。

球体のマリモは、以前は世界各地で確認されていましたが、その数は次第に減り、今では阿寒湖が最後の群生地となっているそうです。阿寒湖が育む希少生物・マリモの姿を、旅の思い出と共にしっかり心に刻んでくださいね。

おわりに

阿寒湖の遊覧船の運航は、11月いっぱいまで。春は4月中旬から不定期運航しますが、湖が結氷する冬の間はお休みです。

温泉やアイヌコタン、アウトドアアクティビティーなどあり、四季を通じて楽しめる阿寒ですが、湖上遊覧は季節限定のお楽しみ。運航期間中は、ぜひ湖上の風景とマリモ観察を満喫してください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -