アルプスを見ながら深呼吸!ニースの自然公園「グランデ コーニッシュ」

| フランス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

アルプスを見ながら深呼吸!ニースの自然公園「グランデ コーニッシュ」

アルプスを見ながら深呼吸!ニースの自然公園「グランデ コーニッシュ」

更新日:2014/10/13 14:57

ウェリオン 佳子のプロフィール写真 ウェリオン 佳子 地球の営み(歴史民俗文化芸術)旅ライター

フランスのニースは、所在地「プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏」の名が示す通り、南フランスのアルプス山脈とコート・ダジュールの海という、フランス国内の中でも特に自然に恵まれた地域です。海のイメージが強いニースですが、モナコへの道すがら、少し郊外に足を伸ばすだけで、白く輝く霊峰アルプスの頂きを仰き眺めることができます。

ニース中心部から北東へ約5km

ニース中心部から北東へ約5km

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

ニースはアルプ=マリティーム県の県庁所在地で、人口約35万人が暮らす都市です。加えて年間200万人が訪れる観光都市だけに、夏場は観光客で浜辺が混雑する様子も見られます。でも、ニースの魅力は海だけではありません。

アルプ=マリティーム県立の自然公園「グランデ・コーニッシュ」は、ニースの中心部からモナコ方面へ約5km、M2564線上にあります。高原植物の咲き、野鳥のさえずりが聞こえる自然公園は「ロマンティックな場所」とも呼ばれてます。都心部の雑踏から少し足を伸ばすだけで、アルプス山脈のエスプリに触れることができる自然公園です。

(写真はニース市街中心部)

知る人ぞ知る、ニースで最もロマンティックな場所

知る人ぞ知る、ニースで最もロマンティックな場所

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

自然公園「グランデ コーニッシュ」は、M2564の道路沿いの表示を見て、偶然立ち寄る人も少なくありません。ですが訪れた人は、素晴らしい自然の風景を静かに堪能できるこの公園を、皆一様に絶賛しています。約660ヘクタールの公園内にはさらに奥へ進める小道がいくつもあり、冒険心をそそります。

公園内のメイン遊歩道は1796年のナポレオンのイタリア遠征が起源とされており、その後、パリにある世界初の専門技術大学と言われる「レコール・デ・ポンゼショセ」が設計を手がけ、現在でもゆっくりと整備が続いています。

(写真は自然公園を示す駐車場前の看板。背後は野生のローズマリーの木)

澄んだアルプスの空気、ひそやかな植物の息吹

澄んだアルプスの空気、ひそやかな植物の息吹

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

高度約610mにある公園では、「プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏」ならではの450種類の植物をはじめ、珍しい野鳥や野生動物の生息の様子を見ることが出来ます。

また、アルプス山脈はかつて海底だったところが隆起したもの。公園内で見られるこの地方特有のベージュと薄グレーの岩々も、そのルーツと1億年に届く長い歴史を物語っています。

(写真は野生のオリーブの木)

見えた!アルプスの輝く白峰!

見えた!アルプスの輝く白峰!

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

アルプス山脈=スイスと思いがちですが、自力での移動でない限り、実際のアクセスはイタリアまたはフランス経由となります。

見晴らしの良い日は、崇高なアルプス山脈の頂きをはるかに仰ぐことができます。ニースはお天気の良い日が多いことでも知られているので、高確率でその神聖な姿が見られます。

高度約610mから眺めるコート・ダ・ジュールの海岸線

高度約610mから眺めるコート・ダ・ジュールの海岸線

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

自然公園「グランデ コーニッシュ」から見えるのは、雪化粧したアルプス山脈だけではありません。ここから見渡す海岸線は、左手はイタリアのサン・レモから、右手はセレブが集うリゾート地として有名なサントロペまで見ることができます。さらに見晴らしの良い日は、コルシカ島まで見えるのだとか。

旅の合間の、ひと呼吸

高原の空気の涼やかな空気を感じながらアルプスに向かって深呼吸できる、ニースの潮風と共に、スピリチュアルな旅の目的地となることでしょう。ニース〜モナコ間を移動の際は、是非1時間ほど時間の余裕を持って、この自然公園を訪れたいものです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/12 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ