渥美半島の先端!カップルの聖地「伊良湖岬」の見どころはココ!

| 愛知県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

渥美半島の先端!カップルの聖地「伊良湖岬」の見どころはココ!

渥美半島の先端!カップルの聖地「伊良湖岬」の見どころはココ!

更新日:2014/10/14 12:41

常盤 兼成のプロフィール写真 常盤 兼成 学習塾経営・講師、フリーライター、旅行プランナー

愛知県の2つの半島のうち、西にまっすぐ伸びているのが渥美半島。カップルに人気のスポット「伊良湖岬」は、この渥美半島の先端にあります。海風を受けながらのシーサイドドライブで訪れる方法のほか、三重県鳥羽市からフェリーで訪れるルートもあります。伊良湖名物の「大あさり」などB級グルメもあるほか、伊良湖岬灯台、恋路ヶ浜などの見どころも豊富。そんな「伊良湖岬」の見どころをご紹介します。

関西から伊良湖岬へは鳥羽からの「伊勢湾フェリー」が便利!

関西から伊良湖岬へは鳥羽からの「伊勢湾フェリー」が便利!

提供元:渥美半島観光ビューロー

http://www.taharakankou.gr.jp/

「伊良湖岬」は愛知県の渥美半島の先端にある岬。その「伊良湖岬」へのアクセスは、渥美半島の太平洋岸をシーサイドドライブしながら目指す方法がオーソドックスですが、関西方面からは三重県鳥羽市からの伊勢湾フェリーを使うのが便利。1日に8便から9便、繁忙期には13便も運行されており、利便性も高い交通手段のひとつです。

「鳥羽丸」「伊勢丸」「知多丸」の3隻のフェリーは、旅客定員が500名というなかなかの大きさのもの。伊良湖岬までの55分間の船旅は、ウッドデッキで潮風を受けながら過ごすのが最高。運がいいと回遊するイルカたちに出会えるかも。

車も運べるフェリーがですが、もちろん旅客だけでの乗船も可能。渋滞の心配もない快適な伊勢湾フェリーは、利用価値が高いです。

まずは道の駅「伊良湖クリスタルポルト」で伊良湖岬の情報収集

まずは道の駅「伊良湖クリスタルポルト」で伊良湖岬の情報収集

提供元:渥美半島観光ビューロー

http://www.taharakankou.gr.jp/地図を見る

鳥羽からのフェリーは、道の駅「伊良湖クリスタルポルト」に隣接している港に入港します。また、渥美半島を横断しながら、陸路で「伊良湖岬」を訪れる方も、まずはこの道の駅で情報収集をするといいでしょう。

道の駅の1階は、フェリーの乗降口と「やしの実博物館」があります。島崎藤村の詩「椰子の実」に出てくる浜はこの「伊良湖岬」だと言われており、こちらの道の駅には博物館が、「伊良湖岬」のある田原市には歌碑もあります。
2階には観光案内カウンターがあり、伊良湖岬周辺の観光情報を入手できます。クーポン券付のガイドや、対岸の三重県の観光案内も豊富です。
また、同じフロアには、伊良湖名物「大あさり」が食べられる食事処もあります。

伊良湖岬の見どころのひとつ、白亜の「伊良湖岬灯台」

伊良湖岬の見どころのひとつ、白亜の「伊良湖岬灯台」

提供元:渥美半島観光ビューロー

http://www.taharakankou.gr.jp/地図を見る

道の駅で情報収集をしたら、さっそく伊良湖岬を散策してみましょう。道の駅から伸びる遊歩道を歩いていくと、太平洋と多くの船やタンカーが行き交う風景が飛び込んできます。岬を回り込むように進むと、白亜の灯台「伊良湖岬灯台」に到着。

「伊良湖岬」の沖合は伊良湖水道と呼ばれ、伊勢湾や三河湾の入り口にあたり、名古屋港へ向かう船、また、伊勢湾から外海に出ていく船などがたくさん行き交う海上交通の要所となっています。この「伊良湖岬灯台」は、船舶に対する重要な役割を担っていると同時に、伊良湖観光の見どころのひとつとなっており、数多くの観光客やカップルが集まります。特に夕方の風景は見事で、カメラを構える人も多数います。

「伊良湖岬灯台」から、さらに遊歩道を進んでいくと、カップルの聖地「恋路ヶ浜」に到着です。

もうひとつの見どころ「恋路ヶ浜」は伊良湖岬を訪れるカップルの定番スポット

もうひとつの見どころ「恋路ヶ浜」は伊良湖岬を訪れるカップルの定番スポット

提供元:渥美半島観光ビューロー

http://www.taharakankou.gr.jp/地図を見る

「伊良湖岬灯台」からしばらく歩くと到着する「恋路ヶ浜」です。「伊良湖岬灯台」周辺は岩場が多いのですが、この「恋路ヶ浜」は砂浜海岸となっており、約1キロほどの海岸となっています。日本の渚百選や日本の白砂青松100選にも選ばれているほか、ここ「恋路ヶ浜」を通る「渥美サイクリングロード」は、日本の道100選にも選ばれています。また、「恋路ヶ浜」の潮騒の音が「日本の音風景100選」にも選ばれているそうです。

夏場ならつい泳ぎたくなってしまうようなきれいな海岸ですが、渥美半島の太平洋岸は遊泳禁止のエリアになっています。「恋路ヶ浜」から東へ25キロほど進んだところにある太平洋ロングビーチは、サーフィンのメッカとなっていますが、ここも遊泳はできません。また、ウミガメの産卵地としても知られているので、海岸への車両の乗り入れも禁止されています。

見どころの多い「伊良湖岬」は、歩いて巡るのがベスト!

渥美半島の先端にある「伊良湖岬」、白亜の塔が美しい「伊良湖岬灯台」、恋人の聖地「恋路ヶ浜」などの見どころは、道の駅伊良湖クリスタルポルトから遊歩道で結ばれています。フェリーで訪れる人も、渥美半島をドライブしながら訪れる人も、道の駅の駐車場に車を置いて、遊歩道をのんびりと歩きながら潮風を感じてください。

行き交う大型船、上空を旋回する鳥、ときに荒々しく波が打ち付ける岩場の波しぶき、「恋路ヶ浜」の潮騒の音、そして海風の潮の香り。落ちている貝殻に触れ、名物の伊良湖名物「大あさり」を味わえば、五感のすべてを使った素敵な一日が過ごせます。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ