愛と美の女神の港へ!イタリア世界遺産「ポルトヴェーネレ」

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

愛と美の女神の港へ!イタリア世界遺産「ポルトヴェーネレ」

愛と美の女神の港へ!イタリア世界遺産「ポルトヴェーネレ」

更新日:2015/10/23 17:01

橘 凛のプロフィール写真 橘 凛 ライター、エッセイスト

「リヴィエラ」と聞いて連想するものは何でしょうか?リヴィエラとは、イタリア北部から中部にかけての地中海海岸。世界でも有数の景勝地です。それらの一部は「ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群」としてユネスコ世界遺産に登録されており、カラフルでかわいい村々が連なる様子は多くの旅人の心を捉えています。
今回は、その中でも最も美しい港町と名高い、「ポルトヴェーネレ」についてご紹介いたします!

世界の絶景のひとつとも呼ばれる美しきリゾート地

世界の絶景のひとつとも呼ばれる美しきリゾート地

写真:橘 凛

地図を見る

イタリアがお好きな方なら、一度は耳にしたことがあるのではないかと思われる「チンクエ・テッレ(Cinque Terre・5つの土地)」。地中海海岸に連なる色とりどりのその不思議な街々は、その一風変わった名称と姿や、アクセスの難しさから「陸の孤島」とも呼ばれています。

その中のひとつが「ポルトヴェーネレ」。イタリア語で、Portoとは港、Venereとはヴィーナスを意味し、つまり愛と美の女神ヴィーナスの港という、何ともロマンチックで愛らしい名称を持つ小さな港です。

近年では、世界の絶景としても名高く、イタリア旅行のリピーターを中心に、人気が急上昇しています。

多くの詩人も愛した風光明媚な地

多くの詩人も愛した風光明媚な地

写真:橘 凛

地図を見る

ポルトヴェーネレは、どこを撮っても、まるで風景画に出てきそうなシーンばかり。もともとのこの一帯は、断崖絶壁でブドウしか育たないやせた土地でありながら、地道な発展を遂げてきた漁村の集まりでした。過去にはバイロンをはじめとした、多くの英国の詩人も魅了されたといわれています。

ポルトヴェーネレ港からは、チンクエテッレや小島をめぐる周遊船も出ているので、海上から眺めても良し、ゆったりと街歩きをするのも良し。時が止まったかのような静かな海辺で、リラックスした一日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

港岬の断崖にそびえる教会では挙式も可能!

港岬の断崖にそびえる教会では挙式も可能!

写真:橘 凛

地図を見る

町の中心からは歩いて5分ほどにある港岬に建つサンピエトロ教会は、ポルトヴェーネレを代表する建築物のひとつです。12世紀頃に建造されたというジェノバ風ゴシック建築の石造りで、重厚な雰囲気をたたえています。

この教会では、1日1組限定の挙式も受け入れているので、新郎新婦の姿を見かけることも。
断崖絶壁という絶好のロケーションのため、教会のバルコニーからは、水平線いっぱいに地中海が広がります。こちらで挙げる結婚式は、女神ヴィーナスに祝福される幸せなものとなりそうです。

絶品のご当地シーフードグルメを楽しもう

絶品のご当地シーフードグルメを楽しもう

写真:橘 凛

地図を見る

夏場の海水浴やボート遊びが有名なポルトヴェーネレですが、この地域一帯は年間を通して新鮮なシーフードが食べられるのも大きな魅力。小さな漁村の集まりであるチンクエテッレの中でも、比較的大きな町であるポルトヴェーネレを宿泊先として選ぶ人も多いので、ホテルやレストランがたくさん建ち並んでいます。
おすすめは、“Portivene Un Mare di Sapori”というレストラン。写真のようなムール貝をはじめ、魚介類のパスタが絶品です!フレッシュな海の幸をたっぷりといただきましょう。ボート型のテーブルなど、海の中にいるような気分になれる、かわいい内装も必見です。

「ポルトヴェーネレ」までのアクセスは…

「ポルトヴェーネレ」までのアクセスは…

写真:橘 凛

地図を見る

ポルトヴェーネレへのアクセスは、電車と船の2つがあります。

電車で行く場合、まずは、地中海岸の大きな街のひとつ「ラ・スペツィア(La Spezia)」まで向かいます。その後、チンクエテッレのそれぞれの町まで直接、鈍行電車で向かう方法もありますが、おすすめは海からの船入り!
ラ・スペツィア港からは、チンクエテッレ・ポルトヴェーネレ行きの船がたくさん出ています。写真は切符売り場の看板です。海から直接船で入ると、美しい街の全景が見られるのはもちろん、昔の漁村の人々の生活がしのばれます。

また、ミラノやトスカーナ地方都市から出発する現地ツアーもたくさんあるので、楽ちんに行きたい場合は、ツアーに申し込むのが良いでしょう。

ポルトヴェーネレで優雅なバカンスを過ごそう

同じく地中海の恵みを受けた南フランスのコートダジュールに比べると、まだまだ知られていないリヴィエラですが、魅力たっぷりなのがおわかりいただけたでしょうか。

すでにイタリアをたくさん知っている方も、初めての方にもおすすめしたいリヴィエラ海岸、そしてチンクエテッレとポルトヴェーネレ。ぜひ、次のバカンス先にいかがでしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/25−2015/04/26 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -