子連れファミリーに人気!「子供と遊べる」群馬道の駅ベスト5

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

子連れファミリーに人気!「子供と遊べる」群馬道の駅ベスト5

子連れファミリーに人気!「子供と遊べる」群馬道の駅ベスト5

更新日:2015/01/27 15:30

下川 尚子のプロフィール写真 下川 尚子 ライター

ファミリーの旅行は、やっぱり車が便利。そんな車移動の休憩場所として、道の駅は欠かせない存在ですよね。群馬の道の駅には、休憩時間も楽しく過ごせるスポットがたくさん!長時間ドライブで疲れた子供も、遊んでいると自然に笑顔になります。
ここでは、群馬県下の家族で行きたい「遊べる道の駅」を5つ、ランキング形式でご紹介。楽しいドライブ旅行にお役立ていただければ、幸いです!

一位:群馬の体験モノ勢ぞろい!「道の駅たくみの里」

一位:群馬の体験モノ勢ぞろい!「道の駅たくみの里」

写真:下川 尚子

地図を見る

道の駅たくみの里が位置するのは、群馬県北部。周辺には水上温泉、猿ヶ京温泉など有名な温泉地が多く、昔ながらの田園風景が広がる、のどかな山間にある道の駅です。

広い敷地内には、25を超える食事処や工房が点在。養蚕農家をモチーフに作られた田舎風の建物では、地元の方々との交流と伝統工芸の体験が楽しめます。これらは「たくみの家」と呼ばれ、用意されている体験メニューは、竹細工、わら細工、こんにゃく作り、そば打ちなど。それら「たくみの家」が立ち並ぶエリアの玄関口には、道の駅の機能を担う「豊楽園」が総合案内所として設置されています。

たくみの里が提供している伝統工芸や体験メニューは、群馬の田舎ではどれも珍しくないもの。ですが、違う地域から来た方にとっては新鮮で、貴重な体験となるでしょう。ある程度「体験モノ」を楽しめる年齢のお子さんがいるファミリーに向いているスポットです。もちろん、お買い物だけでも十分に楽しめます。

広い敷地内を回るため、レンタサイクルも用意されていますので、効率的に楽しみたいという方はぜひ活用してください。のんびりとした集落をイメージさせる場所で、一日いても飽きません。

二位:水遊びに、水族館も!「道の駅みなかみ水紀行館」

二位:水遊びに、水族館も!「道の駅みなかみ水紀行館」

写真:下川 尚子

地図を見る

道の駅みなかみ水紀行館は、群馬県最北の道の駅。谷川岳のふもと、国道291号線沿いに位置します。

ここの大きな特徴は、さまざまな「遊び」が充実していること!その筆頭は併設されている水族館。淡水魚を見られる小さな水族館で、魚のトンネルやドクターフィッシュのコーナーもあり、なかなか本格的。そして、谷川岳に近いことにちなんで、道の駅内にクライミングウォールがあります。さらに、無料で楽しめる足湯も併設。どれも規模としては小さなものですが、ちょっとした気分転換にはもってこいです。

また、道の駅のすぐ隣には清流が流れ、夏には水遊びも楽しめます。名勝の諏訪峡までは遊歩道を歩いてすぐ。車を置いて散策を楽しむのもオススメですよ!

三位:ファミリーみんなが楽しめる「道の駅川場田園プラザ」

三位:ファミリーみんなが楽しめる「道の駅川場田園プラザ」

写真:下川 尚子

地図を見る

道の駅ランキング常連の川場田園プラザは、子連れファミリーには特に人気の道の駅。空気がおいしく、景色がきれいで、遊び場が豊富。レジャーシートを広げて、一日滞在しているファミリーもいらっしゃいます。

敷地の中心には大きな広場があり、子供が自由に走り回ることができます。遊び場も豊富で、丘につくられた斜面では芝すべりができ、アスレチック施設も。子供たちを遊ばせながら、大人は敷地内のさまざまな工房で名物グルメを楽しむなど、家族みんなが満喫できる道の駅です。

夏場には、併設されているブルーベリー公園でブルーベリーの収穫を楽しむご家族も多いです。ちなみに、ブルーベリーの収穫体験は、予約や受付なども必要なく、敷地内のブルーベリー公園に行って勝手に収穫して食べるだけ!というシステム。おおらかでのどかな空気は、この場所ならではの良さです。

少し足を延ばせば川遊びができますし、「ホテルSL」でSLを見ることも。鉄道好きのお子さんがいる方は、ぜひ連れていってあげてください。

四位:大規模アスレチックと室内遊びも充実「道の駅霊山たけやま」

四位:大規模アスレチックと室内遊びも充実「道の駅霊山たけやま」

写真:下川 尚子

地図を見る

道の駅霊山たけやまが位置するのは、中之条町。群馬四大温泉にも数えられる、四万温泉の近くです。古代から霊山として信仰を集められてきた、嵩山のふもとにあることから、この名前がつけられました。

ここで子供の人気を集めているのが「ぼうけん砦」。小高い丘に設置された大きなアスレチックは遊び応えバツグン。体をいっぱい動かして遊べば、旅の疲れも吹き飛びます。また、アスレチックのそばには、室内遊びができる「こども館」も。こちらにはボールプールや、おもちゃが用意されており、赤ちゃんでもゆったりと遊べます。

嵩山への登山口も、この道の駅にありますので、少し大きなお子さんなら、一緒に山歩きに挑戦してみるのはいかがでしょうか。

旅の途中、お子さんに合った遊び方ができる休憩施設として、オススメのスポットです。

五位:農業体験に通いたい「道の駅あぐりーむ昭和」

五位:農業体験に通いたい「道の駅あぐりーむ昭和」

写真:下川 尚子

地図を見る

あぐりーむ昭和は、関越自動車道「昭和IC」を降りてすぐの立地。「やさい王国」とも呼ばれる、農業の盛んな昭和村にある道の駅です。

農産物直売所には、いつ行っても新鮮な野菜が数多く並んでいます。そして、この道の駅で特徴的なのは貸農園の存在。区画ごとのオーナーになり、年間を通じて野菜の育成を体験することも、一日だけの収穫体験に参加することもできます(時期にもよりますので、事前確認要)。アクセス便利な道の駅で、こうした農業体験ができるのは嬉しいですね。ぜひ、親子でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「あぐりーむ」は、農業「アグリカルチャー」と夢「ドリーム」をつなげた造語。自分で収穫した野菜は、美味しさも格別。お子さんにとっても、忘れられない思い出となるでしょう。

敷地内には広くてきれいな足湯もあります。小さな小屋全体が足湯施設になっており、休憩タイムにはぴったり。農業を楽しんだあとは足湯でほっこりくつろいで帰りましょう!

ランキング外でもオススメはたくさん!

ここでは紹介しきれませんでしたが、ファミリーで寄りたい道の駅はご紹介した以外にも数多くあります。

筆者の個人的オススメとしては、小さな子供が遊べるミニ遊園地が併設された「道の駅ふじおか」や、リーズナブルな温泉とプールが併設された「道の駅赤城の恵」など。目的地に合わせて、良い立地の場所があればぜひ寄ってみてください。

車は便利ですが、長時間になると子供が退屈してしまうのが玉にキズ。魅力的な道の駅で休憩しながら目的地に向かえば、家族みんなが笑顔で旅を楽しめますよね。旅の途中の休憩が、少しでも良い時間になれば幸いです!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/28−2014/11/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -