ギルドの技が光る!色大理石が圧巻の「アントワープ中央駅」

| ベルギー

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ギルドの技が光る!色大理石が圧巻の「アントワープ中央駅」

ギルドの技が光る!色大理石が圧巻の「アントワープ中央駅」

更新日:2014/10/26 11:18

ウェリオン 佳子のプロフィール写真 ウェリオン 佳子 地球の営み(歴史民俗文化芸術)旅ライター

ベルギー北部にあるアントワープは、ダイアモンドの街、また17世紀に設立された名門校「アントワープ王立芸術学院」のある、ヨーロッパを代表する芸術の街です。

そんなアントワープの名にふさわしく、この街に降り立つ人々を真っ先に出迎えるのが、ベルギー鉄道「アントワープ中央駅」。彩り豊かな色大理石の調和のとれた美しさと、博物館のような重厚さが圧巻で、通過の際に一旦下車必須の駅です。

北海に開ける港町に、突如出現した巨大ドーム

北海に開ける港町に、突如出現した巨大ドーム

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

地元の人から「大聖堂」と呼ばれる「アントワープ中央駅」は、アントワープの街中でもひときわ際立つ存在です。これはベルギーの建築家Louis Delacenserieにより設計されたもので、イギリスに次いで世界で2番目に産業革命を成し遂げたベルギーらしく、18世紀半ばに起こった産業革命と1885年のパリ万国博覧会を経て、1895年から着工されたものです。

駅は正面部分であるホール上の巨大なドームと、列車ホームの部分で構成されています。正面部分はフランスのヴェルサイユ宮殿でも使用されている、ベルギー特産の重厚な色大理石、そしてホーム部分は産業革命を象徴する、当時の最新技術であった鉄とガラスが多用されています。着工当時からまさに、伝統の職人技と最新技術が融合された斬新な建築であったに違いありません。

19世紀を象徴する、古くて新しい駅。

19世紀を象徴する、古くて新しい駅。

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

ここ「アントワープ中央駅」は映画「The Expatriate」をはじめ、数々の撮影舞台として選ばれている、ヨーロッパらしい重厚な造りが特徴の駅です。その大理石の量感は迫力に満ち、まるで彫刻作品を見るようです。

対して透明のガラスのホーム屋根と、それを支える細い鉄材は女性的で、1925年のパリ万国博覧会で花開くアール・デコへとつながる繊細なデザインで、それぞれをより魅力的に見せています。

あらゆる交通機関を抱えるホームステーション。

あらゆる交通機関を抱えるホームステーション。

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

この「アントワープ中央駅」は、通常利用される地上階だけでなく、近郊線、都市間線、地下鉄、高速列車タリスなどが、階により分かれて利用されています。各階に発着する列車を地上階から眺めると、ここからまた見知らぬ土地に出発したくなりますよね。

駅で一旦下車したら、是非カフェで休憩を。

駅で一旦下車したら、是非カフェで休憩を。

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

駅の地上階には、かつて王族が列車を利用する際の待合室であったという「ル・ロワイヤル・カフェ(LE ROYAL CAFE)」があります。駅の建物の素晴らしさにも増して、人混みの公共の場を避け、白と金色に統一された優雅でゆったりとしたプライベート空間で過ごす時間は、忘れられない旅の思い出になります。

ドームの下の待合ホールは色大理石のモザイク作品のよう

ドームの下の待合ホールは色大理石のモザイク作品のよう

写真:ウェリオン 佳子

地図を見る

建築当時の最新のアイデアが込められた設計図をここまで再現できたのは、ヨーロッパの長い歴史の中で、素材を扱う職人達の飛びぬけた力量があったからです。その意味で、この駅はアントワープを愛する人々の手による、伝統技術と最新テクノロジーが結集した芸術作品であると言えます。

尚、駅の左には世界最古と言われる、王立動物教会が運営する「アントワープ動物園」があります(写真左下はその正門部分)。また日本人には馴染み深い『フランダースの犬』に登場するルーベンスの絵が見られる「ノートルダム大聖堂」へも、ここでの下車となります。

芸術の街アントワープの豊かさとプライドを象徴する駅。

ベルギーで観光地と言えば、ブリュッセルの「グラン・プラス」と「マヌカンピス(小便小僧)」がまず思い浮かびます。

ベルギーの首都ブリュッセルは、EUの本部があることからヨーロッパの政治的首都でもありますが、ベルギー建国に際しての複雑な政治的背景もあり、フランダース語圏である北西部「フランダース地方」とフランス語圏の南東部「ワロン地方」、元々フランス語圏の飛び地領であった「ブリュッセル首都圏」の三連邦制に移行しつつある今、両民族を抱える首都ブリュッセルは、古き良き時代から変化しつつあります。

巨大観光地としても国際色豊かなブリュッセルに対し、アントワープはむしろ地元の人達が普通に暮らす、普段通りの街という感じでしょうか。それぞれの土地の良さを感じながらの街歩きの出発点として、フランダース、そしてベルギーの誇りが終結したベルギーの北玄関「アントワープ中央駅」は必見の駅です。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/10/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -