絶景カフェに老舗ベーカリー。激戦区 軽井沢お勧めのパン屋5選。

| 長野県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

絶景カフェに老舗ベーカリー。激戦区 軽井沢お勧めのパン屋5選。

絶景カフェに老舗ベーカリー。激戦区 軽井沢お勧めのパン屋5選。

更新日:2014/11/10 12:46

下川 尚子のプロフィール写真 下川 尚子 ライター

軽井沢はベーカリー激戦区。外国人の避暑地として栄えた背景があることから、古くからパンづくりが盛んな土地です。老舗のパン屋もあれば近年オープンで人気のパン屋もあり、特徴もこだわりも、お店によって千差万別。
そんな軽井沢で、オススメを5店ご紹介します。選ぶ基準は味に加えて、お店の雰囲気も重視。「行って楽しい、食べておいしい」場所を選んでみました。ぜひ、お気に入りのベーカリー探しにお役立てください!

モダンな店内にゆるやかな時間。何を食べても美味しい「haluta」(中軽井沢)

モダンな店内にゆるやかな時間。何を食べても美味しい「haluta」(中軽井沢)

写真:下川 尚子

地図を見る

中軽井沢駅から近く、こじんまりとした店舗のhaluta。上田市に本店を置く、軽井沢で人気のベーカリーです。店内はモダンな内装でおしゃれ。そして、薪ストーブの存在や、ゆるやかに流れる時間は、洗練されているのにどこか温かい「軽井沢らしさ」を感じさせてくれます。

オススメのパンは、ドライフルーツやナッツがぎっしり詰まった「フルクト」や、パリっとした歯切れよい生地にミルククリームの挟まれた「ミルフ」、ナッツと粉の美味しさが感じられる素朴なパン「このみ」など。どれをとっても味わい深く美味しいので、ぜひいろいろと食べ比べてみてください。

イートインスペースもあり、ドリンクも頼めますので、時間が許せば、少しの間滞在してみてはいかがでしょうか。この日はカフェオレをオーダー。たっぷりのカフェオレとお気に入りのパンをいただく時間はまさに、至福です。
また、店内では魅力的な北欧雑貨の販売もあります。

情緒ある外観とこだわりのライ麦パン「一歩ベーカリー」(信濃追分)

情緒ある外観とこだわりのライ麦パン「一歩ベーカリー」(信濃追分)

写真:下川 尚子

地図を見る

宿場町の面影を残した、情緒ある街並みが魅力の信濃追分。そんなエリアで営業しているのが「一歩ベーカリー」。このエリアの街並みにしっくりとなじむ外観が目印です。
ここのパンの特長といえば、天然酵母を使ったこだわりの「ライ麦パン」がずらりと揃っていること。一口にライ麦パンといっても、ライ麦の配合割合はパンによってさまざま。いちじくやくるみを焼き込んだものもあります。試食が多く出ていますので、店員さんとコミュニケーションを取りながら好みの味を探すのも楽しいです。

ずっしりと重たいパンは、噛めば噛むほどうまみが感じられる、滋味深い味。薄くスライスしてトーストしたり、はちみつとバターでディップするなど、食べ方を工夫すればさらに美味しく食べられます。ぜひ、美味しい食べ方を聞いてみてくださいね。
ライ麦パンを本格的に扱っているお店は少ないため、どうしても好みは分かれますが「とにかくパンが好き」という方にはぜひオススメしたいお店です。

広めのイートインコーナーも併設されており、ランチやモーニングにも使えます。モーニングメニューはパンが食べ放題になりますので、お値打ちですよ!

浅間山を一望!絶景ベーカリーカフェ「COCORADE」(御代田)

浅間山を一望!絶景ベーカリーカフェ「COCORADE」(御代田)

写真:下川 尚子

地図を見る

続いて、「景色が一番のごちそう!」という、絶景ベーカリーカフェをご紹介。軽井沢の外れ(というよりも、小諸や佐久と軽井沢の間と言った方が正しい)、御代田にある「COCORADE」です。
こちらの自慢は、なんといってもこの景色。浅間山がパノラマで見渡せる、畑の中に建つ可愛らしいベーカリーです。店内に席があるほか、お店の外にもたくさんのベンチやテーブルがあり、素晴らしい景色を眺めながら、ピクニック気分で焼き立てパンが食べられます。
景色の良いカフェやレストランは軽井沢に多くありますが、その中でも一線を画すほどの「絶景」、ぜひ立ち寄ってみてください。

ここのパンは、メロンパンや塩バターパン、各種ピザパンなど、飾らない雰囲気の品揃え。こだわりのベーカリーというよりは「みんなに愛される町のパン屋さん」といった印象です。

また、お値段も比較的リーズナブルで、なおかつコーヒーは無料サービス。おかわりもOKです。気軽にお手頃価格で食事を済ませたいときにも、オススメのお店です。

朝から大人気。こだわりの天然酵母パンがずらりと並ぶ「沢村」(中軽井沢・星野エリア)

朝から大人気。こだわりの天然酵母パンがずらりと並ぶ「沢村」(中軽井沢・星野エリア)

写真:下川 尚子

地図を見る

星野エリアで人気のスポット、ハルニレテラス。その中で朝からお客さんがひっきりなしに訪れるのが、人気ベーカリーの「沢村」です。天然酵母を使って作られたパンは、ハード系やソフト系が幅広く揃うラインナップ。ショーケースを眺めていると目移りしてしまうほどです。

全体的に少々お高いのですが、それでも納得の味。ぜひ食べてみたいのは、信州ワインを生地に練り込み、ドライフルーツやナッツがアクセントとなった「パン・オ・ヴァン信州」。クロワッサンやベーコンエピなど「定番」のパンも、安定した人気を誇っています。

こちらの店舗ではイートインもできますが、気候の良い時期ならコーヒーとともにテイクアウトして、ハルニレテラス内のウッドデッキでいただくのもオススメ。川のせせらぎを聴き、ハルニレの木立を眺めながらの時間は、きっと良い思い出になるはずです。

老舗ならではの安定のおいしさ。石窯で焼くパン「ブランジェ浅野屋」(旧軽井沢ほか)

老舗ならではの安定のおいしさ。石窯で焼くパン「ブランジェ浅野屋」(旧軽井沢ほか)

写真:下川 尚子

地図を見る

軽井沢でも「おいしいもの」の集まる、旧軽井沢。そんな旧軽井沢エリアに位置する老舗ベーカリーが「ブランジェ浅野屋」です。大きな石窯で焼くヨーロッパスタイルのパンは、昔から東京や軽井沢で人気を集めてきました。

看板商品は、ふんわり柔らかでラムレーズンの香り高い「軽井沢レザン」や、ナッツやオレンジピール、レーズンなどがぎっしり入った「フルーツライ」。長く愛されてきた、安定の美味しさです。

現在では、石窯が残るのは旧軽井沢の本店「軽井沢旧道店」のみですが、信濃追分や南軽井沢にも販売店舗があります。観光ついでにオススメなのは、南軽井沢の店舗「ブランジェ浅野屋 千住博美術館店」。その名のとおり美術館併設で、特徴的なシェイプの建物の一画にあります。旧道店と比較すると少し種類は少なめですが、散策や観光を兼ねて立ち寄るにはぴったりです。

おわりに

「オススメのパン屋」というと、数多くの名前が挙がる軽井沢。その中でも特にお気に入りを5つ挙げてみましたが、いかがでしたか?
基本的にイートインできる店舗を選んでいますので、朝食やランチ利用もOKです。お土産にしても良いので、パン好きの方はぜひ、いくつかハシゴしてみてくださいね!

また、ハムやウインナー、ジャムなど、パンに合うものも軽井沢では多く販売されています。定番どころでご紹介すると、ハムやウインナーなら軽井沢デリカテッセンや腸詰屋、ジャムなら沢屋などが有名です。これらを、おいしいパンと合わせて購入するのがひそかなオススメ。旅行から帰ったあとでも、自宅で「ちょっといい気分の朝ごはん」が食べられますよ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/08−2014/10/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ