滋賀県大津「比叡山延暦寺」、一度は訪れたい日本仏教の聖地!

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

滋賀県大津「比叡山延暦寺」、一度は訪れたい日本仏教の聖地!

滋賀県大津「比叡山延暦寺」、一度は訪れたい日本仏教の聖地!

更新日:2014/11/10 13:02

直 旅道のプロフィール写真 直 旅道 トラベルコーディネイター、通訳案内士(英語)

西暦788年、伝教大師最澄上人によって開かれた比叡山延暦寺。
日本人なら誰もが知るこの名前。あらためて尋ねてみますとそこには仏教界における最澄の圧倒的存在感と1,200年に渡る悠久の歴史を感じずにはいられません。世界文化遺産にも登録されている日本の至宝をご紹介いたします。

比叡山から望む琵琶湖が心落ち着きます

比叡山から望む琵琶湖が心落ち着きます

写真:直 旅道

地図を見る

比叡山に車で行くには奥比叡ドライブウェイを利用します。途中展望台があり、ここからは日本一大きな琵琶湖を望むことができます。延暦寺に向かう途中琵琶湖をながめていると雄大な気持ちになり心が落ち着いていきます。伝教大師もここから琵琶湖をゆったりと眺めていたことでしょう。

先ずは東棟の根本中堂(国宝)を訪れたい

先ずは東棟の根本中堂(国宝)を訪れたい

写真:直 旅道

地図を見る

1994年に世界文化遺産に登録された比叡山延暦寺ですが、比叡山には延暦寺という堂塔はなく、比叡山そのものが延暦寺をあらわします。拝観スポットは、東塔・西塔・横川という3箇所に分かれています。

中でも一番に訪れたいのが東塔の中にある根本中堂(こんぽんちゅうどう)です。ここは国宝にも指定される比叡山第一の仏堂。最澄の創建で本尊は大師自ら刻んだと言われる薬師如来がまつられ、1,200年消えることのなかった「不滅の法灯」が今も灯をともし続けいて幻想的で厳かな雰囲気をつくりだしています。お堂の中の写真撮影はNGとなっていますのでご注意ください。

仏教界のスーパースターたちは皆、東塔・大講堂で学んだ

仏教界のスーパースターたちは皆、東塔・大講堂で学んだ

写真:直 旅道

根本中堂と同じ東棟の中にある大講堂は重要文化財に指定され、今でも経典の講義が行われる学問修行の道場です。

堂内には比叡山で修行した各宗派祖師の木造が奉安されているのですが、この顔ぶれがすごい。その後、鎌倉新仏教を盛り上げることになる、浄土宗の法然上人、親鸞聖人、一遍上人、臨済宗の栄西禅師、曹洞宗の道元禅師、法華経の日蓮聖人など皆ここ比叡山で修行しました。各派の祖師を育みだした比叡山が日本仏教の母山と仰がれるのも納得です。

壁には比叡山ゆかりの人物の肖像画も掲げられています。比叡山の庇護者であった桓武天皇や仏教を日本にとり入れた聖徳太子など歴史上の人物が並びます。

西塔に移動して釈迦堂を

西塔に移動して釈迦堂を

写真:直 旅道

地図を見る

西塔に移動しますと、釈迦堂があります(重要文化財)。比叡山は信長によりほとんどを焼かれてしまったのですがこの釈迦堂は秀吉によって再建されたといわれ、比叡山では最も古い建造物であります。
本尊は、最澄自作の釈迦牟迩如来立像で、堂の名前もこれに由来します。
先の根本中堂は徳川家光によっての再建です。

しかし、この比叡山を焼いてしまうとは・・・あぁ、信長様・・・。

最後に横川へまわり、横川中堂へ

最後に横川へまわり、横川中堂へ

写真:直 旅道

地図を見る

3箇所に分かれた拝観の最後は横川中堂です。横川中堂には駐車場から少し歩くのですが途中、法然や親鸞たち歴代祖師の説明が路の脇に掲げられ、歴史ファンの興味をひきます。

横川中堂は、848年慈覚大師円人による開創ですから最澄の時代より後の建物です。ここ本尊の菩薩立像は平安藤原時代の木造で重要文化財に指定されています。

まとめとして

最澄はじめ、その後の仏教界を代表する人物が、修行してきたここ比叡山延暦寺は仏教の教え以外にも耳を傾けています。
最近では、世界平和実現の為に対話と祈りを行う「世界宗教サミット」も開催され、世界中の宗教者が集まっています。

現代は争いの耐えない時代。今こそ最澄のようなリーダーが必要なのかもしれません。
仏教に関心のある方でもない方でもここに来れば、何か新たな自己発見があるかもしれません。一度たずねてみてはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -