動物&遊園地の最強コンビ!東武動物公園(埼玉県)で丸一日楽しもう

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

動物&遊園地の最強コンビ!東武動物公園(埼玉県)で丸一日楽しもう

動物&遊園地の最強コンビ!東武動物公園(埼玉県)で丸一日楽しもう

更新日:2014/11/10 16:32

まきの つぐみのプロフィール写真 まきの つぐみ 旅行ライター

埼玉県の宮代町にある東武動物公園は、広大な敷地内に動物園、遊園地、プール等を有する「ハイブリッドレジャーランド」。

動物園では約120種の動物に会える他、イベントが盛りだくさん。
猛獣におやつをあげたり、大人向けの飼育体験やガチョウのお散歩、動物園探検ツアーなど、年間を通して様々なイベントが開催されています。
都心からのアクセスも良好で、朝から夕方まで一日中遊べちゃいます!

みんなメロメロ!大迫力のホワイトタイガー

みんなメロメロ!大迫力のホワイトタイガー

写真:まきの つぐみ

地図を見る

東武動物公園の動物の中でも大人気なのが「キャットワールド」エリアに展示されているホワイトタイガーです。
ホワイトタイガーは、インドに生息しているベンガルトラの白変種。日本国内には約20頭程しかいない貴重な動物で、レッドリストで絶滅危惧種に指定されています。
日本国内ではホワイトタイガーを観察することができるのは動物園のみですが、東武動物公園の展示場はガラス越しのため、ホワイトタイガーをすぐ間近で観察することができます。

体つきはかなり大型でがっしりしていて、体長は2m近くもあります。
ガラスのそばに近寄ってくると、あまりの迫力に思わずびっくりして身を引いてしまうお客さんもいるほど…。
青みがかった瞳や肌色の肉球、爪を研いだり顔を洗ったりする姿、地面に身体をこすりつけたり…その姿はまるでネコそのものです。

ガラス越しなので反射しやすく、写真を撮る時はちょっと工夫が必要です。
できるだけレンズをガラスに近づけるようにすると写りこみが少なくなり、スマートフォンでも案外きれいに撮れますよ。

アフリカゾウの餌やりは、小さなお子様にもぴったり!

アフリカゾウの餌やりは、小さなお子様にもぴったり!

写真:まきの つぐみ

地図を見る

「ゾウさんのランチタイム」は、1回500円でアフリカゾウの餌やりが体験できます。
小さく切られた野菜や果物を餌を棒の先につけて差し出し、直接餌をあげることができるというもの。お子さん連れで参加する人も多い人気のイベントです。
餌をうまく鼻先で取るその器用さには、大人も思わず夢中になって観察してしまうことと間違いなし。
平日は13:30〜、土日祝日は12:00〜と14:00〜の2回開催で、事前予約は不要です。

年間を通してホタルに会える「ほたリウム」

年間を通してホタルに会える「ほたリウム」

写真:まきの つぐみ

地図を見る

「ほたリウム」は、他の動物園にはないちょっと変わった展示施設。
名前からも想像できますが、ここはほたるを鑑賞することができる劇場型施設なのです。このような展示施設は世界初で、年間を通して観察できる場所もそう多くはありません。
200匹以上のヘイケボタルが飼育されており、まるでプラネタリウムの中にいるみたいな不思議な感覚を味わえます。

建物に入ったあとはまず暗い所に目を慣らし、ナレーションを聞いた後にほたるとご対面、という流れ。
ほたるの発するほのかな光に、きっと癒されることでしょう。
館内は写真撮影が禁止されていますので、ほたるの姿をしっかりと目に焼きつけて帰ってくださいね。

2014年春に完成した「ハートフルタウン」から周辺地域を一望!

2014年春に完成した「ハートフルタウン」から周辺地域を一望!

写真:まきの つぐみ

地図を見る

動物園エリアに隣接している子ども向けのアトラクションエリア「ハートフルタウン」は、2014年の春に完成したばかりの新しいエリア。
物語の世界観をコンセプトとした遊具が揃っていて、オリジナルのキャラクターたちが出迎えてくれます。
写真は動物園エリアからもよく見える観覧車の「エマさんのチーズ風車」。チーズをイメージした可愛らしいゴンドラですが、高さは約50mもあり、周辺の景色が一望できますよ。

広い園内の移動には「アニ丸ぶーぶー」が便利

広い園内の移動には「アニ丸ぶーぶー」が便利

写真:まきの つぐみ

地図を見る

動物公園は東西に敷地が広がっていて、西ゲートと東ゲートの2つの入口があります。
動物園エリアに近いのは西ゲート、遊園地に近いのが東ゲートなので、目的地に応じて使い分けるのも良さそうですが、動物公園直営の駐車場は西ゲート側のみなのでご注意を。

遊園地も動物園も全部楽しみたい!でも、2kmもある園内を歩きまわったら疲れちゃう…そんな時に利用したいのが、東ゲートと西ゲート、中間点にあるトッピー広場(ハートフルタウン内)の3ヵ所を巡回するシャトルバス「アニ丸ぶーぶー」です。
1回300円(のりもの券3枚)で、ワンデーパス・ライドパスなどのパスポートを持っていれば何度でも利用できます。

鉄道利用であれば、鉄道チケットセットを!

最寄り駅の東武スカイツリーライン東武動物公園駅は、東京メトロ日比谷線や半蔵門線、東急田園都市線にも直通の列車ができたため、都心からのアクセスはとってもらくちん。
最寄駅の東武動物公園駅からはシャトルバス(有料)も出ていますが、一番近い東ゲートなら徒歩10分くらいで到着します。

東武線各駅からなら、鉄道と路線バスの往復乗車券&入園券がセットになっている「東武動物公園きっぷ」がおすすめ。
出発地が選べる上、利用当日の購入もできるので、前日までに購入しておく必要がなく、思いつきで出かける時でも使い勝手が良いのです。
駅窓口もしくは東武トラベル各店にて購入できますので、詳しくは東武動物公園ホームページの「鉄道セット券」をご覧ください。

ここでは紹介しきれませんでしたが、動物園なのにオットセイのショーが見られたり、水上すれすれを滑降するジェットコースター「カワセミ」もあります。事前予約をすればバーベキューを楽しむこともできますよ。
事前にホームページをチェックしてイベントの開催内容や時間を確認し、効率よく回れるようにプランニングしてみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -