SLもおか号に乗って益子へお気に入りの器を探す旅

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

SLもおか号に乗って益子へお気に入りの器を探す旅

SLもおか号に乗って益子へお気に入りの器を探す旅

更新日:2013/03/18 16:24

Take a trip to Mashiko to find some chinaware on the steam locomotive "SL Mooka-go"
鮎川 キオラのプロフィール写真 鮎川 キオラ 子どもの好奇心を育てる旅育ライター、ホテル朝食研究家

黒い煙をモクモクあげて走る蒸気機関車「SLもおか号」は、1年を通じて土日、祝日に1日1往復します。お腹に響く汽笛をあげて、のどかな田園風景を颯爽と走り抜ける風景に胸が高鳴ります。

沿線の益子駅で途中下車すれば、毎日の生活が楽しくなりそうな、普段使いの器との出会いにウキウキしちゃう。さぁ、SLに乗って自分好みの器を探す旅へ出かけましょう。

もくもく煙をあげて走る躍動感

もくもく煙をあげて走る躍動感

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

茨城県下館(しもだて)駅から栃木県茂木(もてぎ)駅の41.9kmを結ぶローカル線真岡(もおか)鉄道では、土日、祝日となると「SLもおか号」が運行します。どこまでも続くのどかな田園風景が広がる関東平野を走り抜けます。1年を通じていつでもSLを運行する路線は、意外にも関東ではこちらだけになるそうですよ。

週末ともなると沿線には、SLの躍動感ある姿を写真におさめようと鉄道写真ファンが集まります。真岡鉄道の一般車両は、電気ではなくディーゼルで走るので電線など列車の上に邪魔なものが何ひとつなく、その勇姿を写真におさめるには絶好のロケーションです。写真は、冬の朝もやを走り抜ける姿です。沿線は田畑に囲まれているので、冬は早朝でなくても朝もやが発生します。

列車に乗るか、列車を撮るか悩んでしまう路線です。1日1往復なので、どちらも楽しむこともできます。もちろん全区間乗車ではなく、短い区間を乗車することもできます。

乗車には、乗車券とは別にSL整理券(大人500円/小人250円)が必要です。通年で運行しているので、完売することはまずないそうですが、GWや夏休みシーズンは事前購入をお勧めします。JR東日本のみどりの窓口などで購入できますよ。列車内で車掌さんより購入する当日券もあります。

SLの一大イベント

SLの一大イベント

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

SLは、終点茂木駅まで到着すると、専用の回転台に乗せられ方向転換を行います。普通の電車は、運転席が前後についていますが、SLの運転席は、進行方向にしかついていないので、折り返し運転のため方向転換をしなくてはなりません。

レースのついた大きな回転台に乗ってぐるりと回る様子は、SL運行の一大イベントですので、終点まで乗車したらぜひ見学してみてください。大きな車体が目の前で回転する姿は圧巻です。鉄道好きのお子さんなら絶対喜びます。

器の町・益子で途中下車

器の町・益子で途中下車

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

ベテランから若手まで多くの陶芸家が集まる益子で途中下車して、心ときめく器を探す旅はいかがでしょうか。

益子焼の歴史は、江戸時代にさかのぼります。良質の土を産出し、東京に近いことから主に日用品の陶器をあつかう陶芸の町として発展してきました。現在、益子市内には、約380の窯元と約50店舗の陶芸店があります。

初めて訪れる方は、城内坂(じょうないさか)付近を散策することをお勧めします。古民家を改修した陶芸店やギャラリー、窯元が軒を連ねます。厚手でどっしりしたイメージの強い益子焼ですが、陶芸展をのぞいてみると、シンプルで上品な器が並びます。一軒ずつのんびり巡れば、お気に入りの一品に出会えます。私の個人的嗜好ですが、城内坂の要チェックのお店をご紹介します。

【陶庫 TEL0285-72-2081】※写真は、こちらの店舗です。
昭和初期の米蔵を利用した店内には、伝統的な笠間焼と現代モダンが融合した作品が並びます。値段は少しお高めですが、美しい手仕事の器に出会えます。

【もえぎ城内坂店 TEL0285-72-6003】
女性作家や若手作家の作品を2週間ごとに入れ替え展示します。季節に合ったグッとくる作品が多い。値段は決して安くありませんが手が出るお値段です。

【やまに大塚 TEL0285-72-7711】
常時100人の作家の色とりどりの作品が並ぶ店内。「器は、使われてなんぼ」、普段使いを意識したお手頃価格設定がうれしい。一輪挿しや楊枝入れなどちょっとした可愛い器が並び、ついついあれこれ買い込んでしまうお店です。

少し離れた里山も要チェック

少し離れた里山も要チェック

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

益子市内には自然豊かな森の中や小高い山の中でひっそり店をかまえる窯元や個性豊かな店舗も多く存在します。オーナーさんの世界観を前面に出したコンセプト色の強いお店が多いので、自分の感性にぴったり合うお店を探してみてください。

にぎやかな中心地から少し離れた小さな湖畔に佇む「starnet」は、ぜひ訪れてほしいお店です。陶器だけでなく、衣料や無農薬食品など暮らしにかかわるものが揃い、毎日の生活をていねいに過ごしたいとモチベーションがあがるお店です。

【starnet】
益子町益子3278-1
TEL0285-72-9661
11:00〜18:00 木曜定休

そろそろ今年も終わりですね。都内から2時間半。旅情たっぷりのSLに乗って益子へ新年を迎える器探しの旅を計画してみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/12/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -