神がくれた魚「ししゃも」 北海道鵡川でホンモノを食らう

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

神がくれた魚「ししゃも」 北海道鵡川でホンモノを食らう

神がくれた魚「ししゃも」 北海道鵡川でホンモノを食らう

更新日:2014/11/04 13:36

しののプロフィール写真 しの 旅する調理師

アイヌの人々に神がくれた魚として尊ばれたのが「ししゃも」。世界中探しても北海道太平洋沿岸の一部地域しか獲れない大変貴重な魚です。

スーパーなどで安価に大量に出回っているものは実は全くの代物。ホンモノの「ししゃも」の漁獲量と時期が限られているが故の代用品に過ぎません。

むかわ町の「町魚」にも指定された「ししゃも」を町の風物詩でもある「すだれししゃも」からお気に入りを手に入れて食べてみましょう!

地域・季節限定のホンモノの「ししゃも」

地域・季節限定のホンモノの「ししゃも」

写真:しの

地図を見る

北海道の太平洋沿岸部にのみ生息するのが「ししゃも」。この地域、しかも季節も秋に限定される為、非常に貴重な魚です。

食卓によくのぼる「ししゃも」と呼ばれているのはししゃもにあらず、多くは「カラフトシシャモ(カペリン)」と言う実は全く別物の魚で見た目も味も香りも異なります。

ホンモノの「ししゃも」を食べようと思えばここしか食べられないものなんです。

また、「ししゃも」はオスもその身の美味しさにファンが多いのも特徴です。

鵡川名物「ししゃものすだれ干し」

鵡川名物「ししゃものすだれ干し」

写真:しの

地図を見る

「ししゃも」でイメージするのはメスのお腹に詰まった魚卵。代用品である「カラフトシシャモ」の魚卵も十分美味しいですが、ホンモノの「ししゃも」は魚卵のないオスも美味しい。

食べ方は様々ですが、基本中の基本丸干しを食べずには「ししゃも」は語れません。

「カネダイ大野商店」の軒先にはずらりと並ぶのは鵡川名物「ししゃものすだれ干し」。メス、オス、それぞれ様々なサイズ毎に10尾ずつ串にささっていますので、自分の欲しいサイズを探してみましょう。

量が多い場合、残りはお土産で持ち帰っても、郵送にしても対応してもらえますので安心です。

ししゃも目当てのお客さんが絶えない同店では、買い物籠に橋渡しした状態のししゃもの丸干しを何本も購入する方がズラリ。この時期のみのお楽しみなのです。

早速焼いてみましょう

早速焼いてみましょう

写真:しの

地図を見る

購入したししゃもはお店で焼いてすぐ食べられます。(テーブル無料)

ホットプレートにクッキングシートを敷いてその上に並べます。
「ガスや炭ではないの?」と思われるかも知れませんが、それには理由があります。
ガスや炭で焼くと火の通りにムラができ、全体を美味しく食べられないので、ホットプレートにクッキングシートが黄金ルールだそうです。

並べて焼き始め、しばらくするとお腹からじわわわわ〜っと脂がにじみ出てきます。その後少し乾いてくるとひっくり返すよいタイミング。
ここまではじっと我慢して下さい。無理にひっくり返したり、何度もさわるとせっかくのししゃもの身が崩れてしまいます。

食べ頃について

食べ頃について

写真:しの

地図を見る

ひっくり返してしばらくすると美味しそうな焼き色が付いてきますので、ここで火をストップ。食べ頃です!
具体的にはオスは両面焼けてふっくらと身がふくらんだ状態、メスは魚卵が硬くなってきてきた頃です。

オスとメスの違いは魚卵の有無はもちろん、実は身にも違いがあります。
メスは魚卵が楽しめますが、身はどちらかと言えば淡白。身の旨みが強いのはオス。どちらがよいかはお好み次第。

丸干し以外にもししゃもを食べたい方に・・・

丸干し以外にもししゃもを食べたい方に・・・

写真:しの

地図を見る

丸干し以外でもししゃもを食べてみたい方には店内用ではししゃも寿司、ししゃもフライなど、お土産用にもよいのが、ししゃもの甘露煮やししゃものお漬物、持ち帰り用のししゃも寿司などがあります。

要冷蔵や地方発送用の冷凍のものもあるので、まだまだ食べたい方やお土産用にもいかがでしょうか?

最後に・・・

もともと漁獲量も時期も限られた貴重な魚とあって、年度によって漁獲高も変動します。
また獲れる時期によって魚の色が変化する(オス:だんだん黒い模様が入る。メス:白→赤みを帯びる)のも特徴です。

一度食べると、毎年この時期の楽しみに待つ人も多いです。是非むかわ町へホンモノの「ししゃも」を食べに行きませんか?

■ご紹介したお店■
店名:カネダイ大野商店
住所:北海道むかわ町 2丁目42番地
電話番号:0145-42-2468

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ