スペイン・グラナダでアラブ風喫茶店「テテリア」体験

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

スペイン・グラナダでアラブ風喫茶店「テテリア」体験

スペイン・グラナダでアラブ風喫茶店「テテリア」体験

更新日:2014/10/31 11:39

スペインはアンダルシア地方の都市・グラナダは、イスラム建築の最高傑作「アルハンブラ宮殿」で知られており、イスラム文化が色濃く残る場所。グラナダのアラブ人街にたくさん集まるアラブ風の喫茶店「テテリア」は、イスラム建築様式の小さな部屋に分かれたサロンが心地よい空間。ミントティーとアラブ菓子を味わいながらロコ体験してみましょう。

「テテリア」とは?

「テテリア」とは?
地図を見る

「テテリア」とは、アラブ風のティールーム、喫茶店のことを指し、ナッツ類をふんだんに使ったアラブ菓子をミントティーで頂いたり、水タバコが吸えたりします。

スペインの南に位置するアンダルシア地方は、かつてイスラムの国に制覇されていた名残で、アラブ文化の影響をあちこちに見つけることができます。イスラム建築の最高傑作といわれている「アルハンブラ宮殿」があるグラナダにはアラブ人街があり、テテリアをはじめお土産屋さんやバルがたくさん集まっていて大変な賑わいを見せています。

グラナダは観光地ですのでたくさんのカフェがありますが、ゆっくりお茶するなら断然テテリアがおすすめ。アンダルシア地方ならではの、ヨーロピアンなアラブの雰囲気を存分に味わえますよ。

グラナダ最古のテテリア

グラナダ最古のテテリア
地図を見る

グラナダにあるテテリアの中で最も古いといわれている「エル・バニュエロ・テテリア」は、特徴的なアラブ建築のインテリアと典型的なアラブ菓子、ミントティーが頂けるお店。アラブ人街の北の方でユダヤ人街であったアルバイシンの始まりのエリアにあり、アラブ建築の特徴であるストライプのアーチの入口で迎えてくれます。

薄暗い店内は一瞬怪しい雰囲気を感じますが、奥に進むといくつもの小さい部屋に分かれていて、中庭からは自然光が入り心地よい空間となっています。それぞれの部屋ではベンチだったりソファだったりテーブルだったりと違ったタイプの席が用意されていて、そこでおじさんたちが集まって水タバコを吸っていたり、カップルがお茶していたりとそれぞれの時間を楽しんでいます。もちろん一人で行っても誰にも邪魔されず、ゆったりと静かに過ごすことができます。

ミントティーとアラブ菓子でグラナダを満喫

ミントティーとアラブ菓子でグラナダを満喫
地図を見る

アラブ菓子の特徴は、アーモンドなどのナッツを使っているものが多く、ボリュームは控えめですが甘さは強め。小さいながらも存在感があります。写真はレモン入りアーモンドのタルト「タルタ・アルマンドラ・イ・リモン(Tarta almendra y limon)」で、ほんのりと爽やかなレモンの香りが効いたサクサクとした食感の焼き菓子。アーモンドもふんだんにトッピングされていて食べごたえがあります。

他にもアーモンドの粉を練って焼き上げた餃子のようなビジュアルの「クエルノ・デ・ガセラ(Cuerno de Gacela)」やくるみ入りのタルト「パテラ(Patera)」など、素朴で味わい深いお菓子が揃っています。

これらのアラブ菓子をぜひ一緒に飲みたいのが、ミントティーです。銀のポットに入ってサーブされ、ガラスの小さいコップに入れて飲みます。ミントティーは基本砂糖がたっぷり入って日本人には相当甘く感じると思うので、甘いのが苦手な人は「砂糖少なめ」か「砂糖なし」と伝えるといいですよ。

おわりに

グラナダはアルハンブラ宮殿やアルバイシンなど、世界遺産になっているスポットが目白押しで、たくさん歩く街です。観光や散歩で疲れて、一息つきたい時にテテリアでお茶するとまた、元気がわいてきます。是非、夕暮れ時に行ってみて下さい。

エル・バニュエロ・テテリア(El Banuelo Teteria)
Calle Banuelo 5 18010 Granada

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2010/10/20−2010/10/24 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ