初詣は札幌中心部の恋愛成就パワースポット「北海道神宮頓宮」へ!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

初詣は札幌中心部の恋愛成就パワースポット「北海道神宮頓宮」へ!

初詣は札幌中心部の恋愛成就パワースポット「北海道神宮頓宮」へ!

更新日:2014/11/07 12:28

月宮 うさのプロフィール写真 月宮 うさ ブロガー

新年を北海道でお迎えしてみませんか?
北海道観光の拠点・札幌市中心部にある、初詣にオススメの「北海道神宮頓宮(とんぐう)」をご紹介。
ここは、恋愛熟成のご利益がある狛犬さんが鎮座する、パワースポットとして知られる場所。募集中の人も、お相手がいる人も、ご夫婦も、1年が幸せいっぱいの愛に包まれますように…お参りにでかけませんか?子宝祈願のご利益の狛犬さんにも出会えますよ!

札幌旅行中の初詣は、アクセス便利な「北海道神宮頓宮」へ

札幌旅行中の初詣は、アクセス便利な「北海道神宮頓宮」へ

写真:月宮 うさ

地図を見る

札幌市中心部にある「北海道神宮頓宮」。ここは、明治時代「札幌神社(現:北海道神宮)」へのお参りが、特に雪深い冬の間には困難になるため、遙拝所(遠く離れた所から神仏などを拝むために設けられた場所)として創建された由緒正しい神社。北海道を代表する「北海道神宮」のご利益が、札幌のど真ん中で受けることができる、時間を有効に使いたい旅行者にもオススメの初詣スポットです。
大国魂神・大那牟遅神・少彦名神・明治天皇の四柱の神様をお祀りしており、商売繁盛・交通安全・金運・勝負運・恋愛運・縁結びなどのご利益があります。特に、恋愛運・縁結びのパワースポットとしても有名な場所ですので、お参りすると良いご縁の期待ができますよ!

北海道神宮頓宮へは、札幌市営地下鉄東西線「バスセンター駅」6番出口から徒歩3分。お天気の良い日は大通駅から歩いても15分くらいですので、キラキラ輝く雪を眺めながら歩くのもオススメです。

狛犬さんに触れて恋愛成就のパワーをいただこう!

狛犬さんに触れて恋愛成就のパワーをいただこう!

写真:月宮 うさ

地図を見る

鳥居をくぐると出迎えてくれる「北海道神宮頓宮」境内の狛犬像は、触ると恋愛成就のご利益があると言われるパワースポット。皆様も是非触れて恋愛運・縁結びのパワーをいただいてみませんか?
写真は、左の吽形(うんぎょう)の狛犬さん。右の口を開いた阿形(あぎょう)も一緒に触ってくださいね!

真冬も水が流れ続ける手水舎

真冬も水が流れ続ける手水舎

写真:月宮 うさ

地図を見る

気温が氷点下になる真冬の北海道。札幌市内も初詣の頃は真冬日(一日を通して気温が氷点下の日)が多くなります。
そんな中でも絶えず水を流し続ける「北海道神宮頓宮」の手水舎。痺れるくらい冷たい御水に、身も心も清められることでしょう。その水温を体感してみるのも、冬の北海道旅行の楽しい思い出になりますよ。

子宝祈願のパワーを持つ、北海道最古の狛犬さん

子宝祈願のパワーを持つ、北海道最古の狛犬さん

写真:月宮 うさ

地図を見る

「北海道神宮頓宮」拝殿前に鎮座する、一対の狛犬像。こちらの狛犬さんは、1890年に奉納された北海道最古のもの。札幌軟石(札幌市南区で産出する凝灰岩の石材)でつくられています。
この狛犬さんは、歴史だけではなく子宝祈願のパワーを持っていると言われています。子宝を望んでいる皆様は、触れてご利益をいただきましょう!
写真の温かそうな毛糸の中には子供の狛犬さんが。冬の間は寒くないように…と、服を着せてもらっています。

「北海道神宮頓宮」にて一年の幸せを祈願しましょう

「北海道神宮頓宮」にて一年の幸せを祈願しましょう

写真:月宮 うさ

地図を見る

最後は、「北海道神宮頓宮」拝殿に初詣。一年の幸せを祈願しましょう。北海道旅行から始まる新しい年が、ステキな年になりますように…。
そして帰り道、拝殿を背にして見る方向には「北海道神宮」があることも覚えておきましょう。

初詣の後は札幌観光にでかけよう!

初詣の後は、札幌観光にでかけましょう!市内中心部にある「北海道神宮頓宮」ですから、その後の予定も立てやすいです。都心でショッピングやグルメ・中心部の観光スポットを楽しむのも良し!交通機関を使ってでかけるのも良し!楽しい時間を過ごしてくださいね!!

1月〜2月は、1年のうちでももっとも寒い季節です。暖かい服装でいらしてくださいね!北海道は外気と室内の温度差がありますから、脱ぎ着のしやすい服装がオススメです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ