『星野リゾート 界 日光』は中禅寺湖畔に佇む安らぎの宿

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

『星野リゾート 界 日光』は中禅寺湖畔に佇む安らぎの宿

『星野リゾート 界 日光』は中禅寺湖畔に佇む安らぎの宿

更新日:2014/11/27 17:34

趣美人 MAKKYのプロフィール写真 趣美人 MAKKY 関東旅行ブロガー、那須高原写真家、滝巡り案内人、那須の郷土研究家

かつて神の通り道と云われた「いろは坂」を昇りきると、そこには新緑・紅葉・雪景色と移り変わる日光中禅寺湖が出現します。その景色を眼前にする『星野リゾート 界 日光』は、贅沢な和の雰囲気が漂う大人の隠れ家というのが第一印象。一歩足を踏み入れると、心落ち着くおもてなしが待っているお宿です。

贅を尽くした、和風の隠れ宿「星野リゾート 界 日光」

贅を尽くした、和風の隠れ宿「星野リゾート 界 日光」

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

明治中期から昭和初期にかけて、各国大使館や外国人の別荘が数多く立ち並び、夏になると男体山ヨットクラブ主催の、中禅寺湖ヨットレースが毎週のように開催されていた中禅寺湖。その優雅さを秘めた風景は今も昔も変わらぬ、湖と山並みを残しています。かつてのイタリア大使が「世界一の絶景」と称した風景。その中禅寺湖畔の静かな高台に佇む『星野リゾート 界 日光』は、あくまで和風にこだわり、落ち着いた雰囲気でゲストを迎え入れてくれます。

『星野リゾート 界 日光』の眺望は特筆すべきインパクトがあります。

『星野リゾート 界 日光』の眺望は特筆すべきインパクトがあります。

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

全室33の客室は、60平米以上のゆとりのある造りで、ほぼすべての部屋から中禅寺湖と男体山を望むことができます。洋室付きのタイプや男体山を望む角部屋、素足に心地よい畳廊下、涼やかな風を感じながら渡湯上り処、小庭園を眺めながら渡る廊下、大理石や檜造りの心癒す贅沢なお風呂など、日光東照宮の奥座敷と称せられる設えが整っています。

宿泊ゲストが必ず一休みするロビーと、ゆったりとした空間設計のトラベルライブラリーからの眺望が素晴らしいです。

正面には水面の標高が1269mの中禅寺湖とすぐ右手から左手に目を移すと、男体山(2486m)をはじめ、前白根山(2373m)、奥白根山(2578m)、高山(1668m)、錫が岳(2388m)、千手が浜をはさんで宿堂坊山(1968m)の日光連山と中禅寺湖が一望できます。

また、宿から徒歩10分圏内には、中禅寺湖の豊かな湖水を97mの岸壁から解き放つ、日本三大名瀑の一つ壮大な「華厳の滝」があり、四季折々いつ訪れても深い感動をもたらします。

『星野リゾート 界 日光』のご当地部屋は『鹿沼組子の間』

『星野リゾート 界 日光』のご当地部屋は『鹿沼組子の間』

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

贅沢な畳敷きの廊下を進んだ先のほぼ全てのお部屋は、開放感のある広い窓から贅沢に中禅寺湖と男体山を望む設計で建築されています。125平米以上の広々とした、特別室は「檜の湯船と専用サウナ」が備えられています。ゆとりある広さでファミリーにお奨めは、日光の自然を感じることが出来る山側の客室。

また「星野リゾート 界」では、地域の伝統工芸などで設えた、一部屋だけの特別なコンセプトルームがあります。日光東照宮を初めとする社寺を中心として発展した「鹿沼組子」の技をふんだんに生かし、現代のライフスタイルと融合した「ご当地部屋」は1日1室限定(WEB予約限定)で用意されています。

『星野リゾート 界 日光』のご当地楽は「日光下駄談義」

『星野リゾート 界 日光』のご当地楽は「日光下駄談義」

写真:趣美人 MAKKY

地図を見る

星野リゾート 界の「ご当地楽(ごとうちがく)」とは、それぞれの地域の特長的な魅力を楽しむおもてなしを用意して紹介するものです。「星野リゾート 界 日光」では、400年受け継がれた伝統工芸『日光下駄』にまつわる発祥の由来や魅力をストーリー仕立てで紹介しています。

日光下駄の発祥は江戸時代。格式を重んじた社寺への境内参入については厳しい決まりがありました。その一つが履物であり、「草履」を使用するのがならわしでした。日光東照宮をはじめとする日光の社寺は石や冬の雪、坂道が多く草履では歩行が大変不便でした。そこで草履の下に木の下駄を合わせた御免下駄が考案されました。これが「日光下駄」の始まりです。

「星野リゾート 界 日光」では、今までにない足元から楽しくなる日光旅散策をご提案しています。日光下駄の無料貸出もありますので、履き心地の良い日光下駄で、名瀑、 華厳の滝や中禅寺湖への散策もお奨めですよ。

館内すべてが落ち着きのある、優雅さにあふれています。

動画:趣美人 MAKKY

地図を見る

中庭の回廊を渡った先に広がるお食事処は、モダンなデザインの半個室。「星野リゾート 界 日光」のお食事は和会席料理で、日光彫の美しい器に盛られた「日光湯葉」の先付から始まり、季節の八寸、お造りなどの華やかな会席料理、メインは栃木県産の大谷石(おおやいし)で作ったオリジナルの器で牛肉を蒸しあげる独特のスタイルが評判、素材本来の甘みや旨みが凝縮された一品です。
ロビー脇のトラベルライブラリーでは、こだわりの茶器をゲストが、お好みで選んでコーヒーを楽しむ事ができます。スタッフが厳選した栃木や日光の旅にこだわった書物を眺めながら、旅のスケジュールプランを考えたり、中禅寺湖に暮れゆく夕陽を静かな時間と共に楽しめます。

「星野リゾート 界 日光」のまとめとして!

星野リゾートの「界」と名のつく温泉旅館は、和でありながらも心地よい滞在が楽しめます。その土地でしか出会えない魅力を充分に堪能する事ができます。中禅寺湖畔に佇む「星野リゾート 界 日光」の近隣周辺には、日光東照宮や中禅寺などの社寺観光だけでなく、華厳の滝、戦場ヶ原や竜頭の滝など、美しい日光の名所が沢山あります。是非一度、格別な贅沢が味わえる「星野リゾート 界 日光」のご利用をお奨めいたします。


この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -