龍の骨が入ってる?!美肌効果抜群!台湾の龍骨鍋とは?高雄「大上海」

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

龍の骨が入ってる?!美肌効果抜群!台湾の龍骨鍋とは?高雄「大上海」

龍の骨が入ってる?!美肌効果抜群!台湾の龍骨鍋とは?高雄「大上海」

更新日:2014/11/05 16:39

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

台湾には辛い鍋である「麻辣鍋」や野菜と漢方スープの「養生鍋」などろいろな鍋がありますが、今回ご紹介するのは「龍骨鍋」。名前からは、龍の骨が入ってるの?!と思うこの美肌効果抜群の「龍骨鍋」について検証します!

白い謎のスープ

白い謎のスープ

写真:湯山 千里

地図を見る

「龍骨鍋」は、実は何かの骨を煮込んだスープなんですが、写真のようにスープの色は白。何だかお分かりでしょうか。実は「龍骨」というのは、食用の豚、牛、羊の背骨のことなんです。豚の背骨を煮込んだスープなので、豚骨スープともいえます。高雄にある鍋のお店「大上海」では、豚の背骨を7時間煮込んでできるスープが使われています。背骨は、豚骨の中で短時間で旨み成分がスープに出ると言われていますが、それを7時間もじっくり煮込んでいるので、コクと旨みが十分に感じられます。そして背骨を煮込むと、コラーゲンがたっぷり溶け出すので、美肌効果もあり、女性に特におすすめします。

鍋のタレ

鍋のタレ

写真:湯山 千里

地図を見る

「大上海」では鍋のタレにもこだわりがあります。タレのコーナーには数種類のタレや薬味が並んでいます。「麻辣鍋」や「養生鍋」、「海鮮鍋」などがありますが、タレコーナーには、それぞれの鍋はどのようなタレで味わったら一番おいしいかというタレの黄金比が書かれています。「龍骨鍋」の黄金比は醤油、沙茶醤、ネギを1:1:1の比率で混ぜるというもの。おろしにんにくもプラスすると更においしくなるというアドバイスも書かれています。沙茶醤とは、干しえび、砂糖、五香粉などを合わせて炒めたもので、これをいれると本格的な台湾の味に早変わりするタレです。辛いものが好きな方には、これに「上海辣醤」をプラスして少し入れるのもおすすめです。

「大上海」の特徴

「大上海」の特徴

写真:湯山 千里

地図を見る

「大上海」の特徴は上記の他に一人でも気軽に入れること、そして深夜まで営業していることです。一人用の個人鍋があるので、深夜にちょっとお腹がすいた時の夜食にもぴったりです。個人鍋の中に基本的な具が入っているセット(ご飯または春雨付き)は110元(約330円)からですが、たくさん食べたいという方、色々な具にチャレンジしてみたいという方は、具を別に注文することもできます。スープは足してもらえますので、少なくなったらお店の方に声をかけてくださいね。

おわりに

今回ご紹介したお店の他にも台湾では、「龍骨鍋」が味わえるお店がたくさんありますので、コラーゲンたっぷりの鍋を是非お試しください。

住所 高雄市前金区七賢二路176号
電話 07-2858889
営業時間 11:00〜翌日6:00

六合夜市の出口である「自立二路」を夜市を背に右へ歩いていくと七賢路にあたります。その後左折してしばらく行くと、お店は右側にあります(徒歩約10分)。

※「大上海」は高雄と屏東にあるチェーン店です。場所はリンクでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/02 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ