雲上の絶景混浴!「万座プリンスホテル」便利な総まとめガイド

| 群馬県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

雲上の絶景混浴!「万座プリンスホテル」便利な総まとめガイド

雲上の絶景混浴!「万座プリンスホテル」便利な総まとめガイド

更新日:2015/02/17 11:07

Bathing above the clouds surrounded by beautiful landscape! The 5-star Manza Prince Hotel
安藤 美紀のプロフィール写真 安藤 美紀 癒しとハイコスパの宿探求家、おいしいもの探検家

群馬県の「万座プリンスホテル」には、標高1800mの場所に雲上の露天風呂があります。温泉は24時間入浴OK!日の出から満点の星空までカップルやご家族で満喫できます。

冬は、ホテルに隣接する万座温泉スキー場でスキー三昧。しかも、小学生以下はリフト無料です!温泉&スキー、両方楽しみたい人に超オススメ。

今回は、混浴風呂・日帰り入浴・食事・アクセスなどを分かりやすくまとめました。参考にして下さいね!

温泉ファンを魅了する、雲上の絶景露天風呂

温泉ファンを魅了する、雲上の絶景露天風呂

提供元:万座プリンスホテル

地図を見る

群馬県の西部、草津温泉からも近い場所に万座温泉があります。万座温泉は、硫黄濃度日本一。基準値はなんと150倍という、優れた泉質の温泉!

万座には8軒の温泉宿がありますが、万座最大のホテルが「万座プリンスホテル」です。ここの露天風呂は、男女合わせて全部で8つ。標高1800mの場所に作られた露天風呂は、“雲上の絶景露天風呂”という名前が付いているほど、ロケーションは最高!季節や条件によっては、目の前に雲海が現れることもあるそう。「万座プリンスホテル」は、万座温泉の中でも、開放感を一番感じることができる露天風呂だといえるでしょう。

「万座プリンスホテル」が持っている湯畑は源泉自体の湯量が多いので、ホテル内の温泉は源泉掛け流し。源泉温度が70℃前後と高いため、加水してマイルドなお湯になっています。お湯の色は、乳白色。硫黄の湯の香り、泉質、景色、全てにおいて最高です!

竹垣を隔てて、男性側の露天風呂から混浴露天風呂(こまくさの湯)へ。女性側からも同じように行けるようになっています。混浴露天風呂は、ご夫婦やカップルだけではなく、家族連れが多いのが特徴。家族で思い出に残る温泉旅行へ行きたい方には、とにかくオススメです。

ここは24時間入れるので、ぜひ何度も入浴して景色を楽しんでください。夜は満点の星空を。朝日が上る朝6時30分〜7時前後は、露天風呂一帯が神々しいオレンジ色の光に包まれ感動するほど!!

混浴露天風呂へ入るときは、大きめのブルーの混浴用レンタルバスタオル(100円)を巻いて、もしくは売店で販売しているワンピース型の湯ゆ着を着て入るようにしましょう。※水着はNGです。

「万座プリンスホテル」の3つの宿泊棟は、こう使い分ける

「万座プリンスホテル」の3つの宿泊棟は、こう使い分ける

写真:安藤 美紀

地図を見る

「万座プリンスホテル」は、宿泊棟が3つに分かれています。
客室は、全部で232室。これだけ部屋数が多いと、どのタイプにしようか迷ってしまいますよね…。そこで、今回は各館の特徴とオススメの部屋タイプを合わせてご紹介します。予約時に参考にしてくださいね。

■本館 
食事をするレストランやフロントがある建物。
客室は、一番コンパクトな19平米のツインルームと4名まで入れる洋室の広いファミリールーム(ツインにエクストラベッドがあるので2名〜4名まで可)、10畳の和室があります。
下りの階段を2フロア分下り、露天風呂へ。ゲレンデに近いのも本館です。
→家族旅行で行くなら、本館のファミリールームが一押し!
※写真の部屋はファミリールームです。

■東館
一番温泉に近い建物。客室は、コンパクトな19平米のツインルームのみ。
→温泉好きの方なら、さっと行ける東館がベスト!

■南館
斜めに下る珍しいエレベーターで、本館から移動します。客室は、24平米のツインルームのみ。
南館の1階フロアに内風呂があります。露天風呂よりも空いている可能性が高く、隠れた人気。
→露天風呂にこだわらず、内風呂を堪能したい方にオススメ!

露天風呂より空いている“南館の内風呂”

露天風呂より空いている“南館の内風呂”

提供元:万座プリンスホテル

https://maps.google.co.jp/maps?q=%E4%B8%87%E5%BA%A…地図を見る

3つの宿泊棟の中で、一番新しいのが南館。
南館の1階には、内風呂があります。露天風呂とは別の宿泊棟にあるため、意外と入る人も少なく穴場の温泉。ここは、露天風呂と同じ源泉が引かれているので、露天風呂にこだわらない方はこちらでのんびり温泉を堪能するといいでしょう。

「万座プリンスホテル」は標高が高いだけに、窓からの眺望も抜群!
美人の湯と言われる2つの泉質(硫酸塩泉・硫黄泉)がたっぷり入った、極上のお湯を内風呂でも楽しんでください♪

夕食は和洋中orバイキング。迷ったら、本格中華が一押し!

夕食は和洋中orバイキング。迷ったら、本格中華が一押し!

写真:安藤 美紀

地図を見る

「万座プリンスホテル」の食事は、和食・中華・洋食・バイキングとバラエティ豊か。地元群馬県産の食材をふんだんに取り入れ、それぞれのシェフが腕を振るっています。

何を食べようか迷ったら、温泉場では意外と珍しい“中華料理”が一押し。四川料理を中心にした本格中華料理で、季節ごとに変わるメニューは、料金の違う2コースが用意されています。筆者も中華料理をいただきましたが、海鮮の旨味と野菜のシャキシャキ感があり、味付けはシニアの方でも食べやすいあっさりしたもの。もう一度食べたくなる忘れられない味です!

すぐ隣は子供が主役のゲレンデ。小学生以下ならリフト無料

すぐ隣は子供が主役のゲレンデ。小学生以下ならリフト無料

提供元:万座プリンスホテル

地図を見る

「万座プリンスホテル」の周辺は、標高が高い分、雪質はふかふかのパウダースノウ。また、毎年12月第2週目の土曜日〜4月第1週目の日曜日までの長期間に亘って、滑ることができます。雪質にこだわるウインタースポーツ好きの方には、最高ですよね。

万座温泉スキー場は、子供に嬉しい特典がいっぱい!例えば、
・小学生以下なら、リフト無料
・子供用レンタルは、ガチャピン・ムックデザインのスキー&スノーボードがレンタル可能
・毎年1月〜3月の第1・3日曜日は、小学生以下のお子様に1ドリンク券がサービス

他にも紹介しきれないほど子供の特典が充実しているので、まさに子供が主役のスキー場といえます。

<2014年 万座温泉スキー場 情報>
営業期間:2014年12月13日(土)〜2015年4月5日(日)

「万座プリンスホテル」へは、たっぷり時間をとって出かけましょう

冬場は、志賀高原〜万座温泉間の国道292号線が通行止めになります(4月25日〜11月中旬まで通行可)。その間は、「万座プリンスホテル」へ行くには、万座ハイウェーを通るルートのみになります。

万座ハイウェーは除雪車で24時間除雪を行っている有料道路。雪道といっても下手な国道よりは安全ですが、11月上旬〜4月下旬までは、チェーンの携行が必要です。

都内からだと、車で片道約4時間半。季節や道路状況によっては、さらに時間がかかることもあるので、余裕をもって出かけましょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -