箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」多彩な無料サービスで滞在を満喫!

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」多彩な無料サービスで滞在を満喫!

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」多彩な無料サービスで滞在を満喫!

更新日:2018/08/08 13:44

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」(神奈川県箱根町)は、箱根でも屈指の人気旅館。巨大な和風温泉リゾートホテルで、近年は高級な別邸も出来ましたが、週末を中心に満室が続きます。
人気の秘密は、各種の無料サービスが充実しているから。共立メンテナンス系列独自の多彩なサービスが大好評で、多くの宿が真似をする程です。強羅温泉「季の湯 雪月花」のサービス内容を事前に理解し、フル活用して滞在を存分に満喫しましょう!

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」は強羅駅前でアクセス抜群!

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」は強羅駅前でアクセス抜群!

写真:藤田 聡

地図を見る

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」(読み方:ときのゆせつげっか)は箱根登山鉄道の強羅駅前にあり、徒歩1分もかからない程の抜群のアクセスを誇ります。

総客室数158室(収容人数494人)の屈指の大型旅館で、一泊2万円以上の高級宿ですが、週末を中心に満室が多い人気の宿です。

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」は強羅駅前でアクセス抜群!

写真:藤田 聡

地図を見る

雪月花の鉄道側客室からは、強羅駅と線路が見える程の近さ。電車はもちろん、バスで行く場合も強羅駅を目指します。このように極めて交通至便なので、宿泊客の送迎はありません。

専用の無料駐車場が敷地内にあり、車の出し入れも自由なので箱根観光の拠点に最適。有名な強羅公園や箱根美術館も至近距離にありますが、急な上り坂なので行きはケーブルカーを使うのがおすすめ。ホテルの周辺観光にも、駅前という立地の良さを最大限に活用出来ます!

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」は強羅駅前でアクセス抜群!

写真:藤田 聡

地図を見る

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」は、共立メンテナンスの系列宿。不要なサービスは徹底排除され、客室係が居ません。部屋への案内をしない代わりに「サービス料は頂いておりません」と、案内書にも明記されています。

チェックイン時には、自分で浴衣をサイズとデザインで選び部屋に持参します。布団も、最初から敷いてある和ベッドが主流。昔ながらのベタベタとした接客を望む人には向きませんが、気兼ねなくスマートに滞在出来るので、むしろ大人気になっているのです。

不要な接客の代わりに無料サービスが大充実!

不要な接客の代わりに無料サービスが大充実!

写真:藤田 聡

地図を見る

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」では不要なサービスが排除された分、各種の飲食物に置き換えられ、無料でサービスされます。代表的なのが「夜鳴きそば」で、夜食として無料で希望者に半玉のラーメンが一杯振る舞われ、グループ宿の名物になっています。

夕食は2部制で、後半だと満腹で「夜鳴きそば」を食べられないので、宿に早く到着して夕食を前半にするのがおすすめです!

不要な接客の代わりに無料サービスが大充実!

写真:藤田 聡

地図を見る

風呂あがりのアイスキャンディや、乳酸菌飲料、牛乳なども無料サービス。時間帯により内容が変化するので、漏れ無くサービスを受けましょう!なお食事が後半の人向けに、ミニおやきの無料サービスもあります。

不要な接客の代わりに無料サービスが大充実!

写真:藤田 聡

地図を見る

雪月花の休憩所には無料のコーヒーメーカーがあり、フリードリンクとして24時間利用可能です。さらに客室には、説明書付きの無料抹茶セットが用意されており、自分で抹茶を点てる事も出来ます。

無料の貸切露天風呂で箱根強羅温泉を満喫!

無料の貸切露天風呂で箱根強羅温泉を満喫!

写真:藤田 聡

地図を見る

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」は口コミやブログでも好評で、特に温泉と客室で高評価を獲得しています。実は共立メンテナンス系列の温泉リゾートホテルは、何処も温泉が非常に素晴らしいのです!

雪月花も複数の源泉を利用した源泉かけ流しで、泉質を比較しながら堪能可能。空いていれば随時利用出来る貸切露天風呂も3つあり、家族やカップルで混浴して温泉を満喫出来ます!

無料の貸切露天風呂で箱根強羅温泉を満喫!

写真:藤田 聡

地図を見る

雪月花では2つの源泉が利用され、特に貸切露天風呂の泉質が最高です。写真でも分かる通り昆布茶色で、香りまで昆布茶のような食塩泉。日本全国的にも極めて珍しい泉質で、温泉に詳しい人でも大満足できます!

無料の貸切露天風呂で箱根強羅温泉を満喫!

写真:藤田 聡

地図を見る

雪月花の大浴場は、露天風呂は貸切露天風呂と同じ源泉で、もちろん源泉かけ流し。さらに大浴場の内湯は、ほんのり硫黄の香りがする無色透明の食塩泉です。二種類の泉質を比較しながら堪能出来るので、温泉好きな人でも大満足間違いありません。

日帰り入浴(日帰り温泉)はありませんが、デイユースの各種日帰りプランも充実しています。以前は夕食付きで平日限定でしたが、近年は食事なしや週末でもOKのプランも登場。憧れの宿を気軽に利用出来るようになりました。

夕食時に「飲み放題」をその場で注文可能!

夕食時に「飲み放題」をその場で注文可能!

写真:藤田 聡

地図を見る

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」は、食事が美味しい宿として知られています。夕食は宿泊プランで異なりますが、会席料理の花鳥と、和牛しゃぶしゃぶと寿司・天麩羅の風月から選択。風月でも写真のような前菜が出て、会席料理気分を味わえます。和牛しゃぶしゃぶの肉質も最高で、寿司は一人五貫までメニューから自由に注文出来ます。

夕食時に「飲み放題」をその場で注文可能!

写真:藤田 聡

地図を見る

雪月花では夕食時に、各種飲み放題をその場で注文可能。2杯で元が取れる料金で、ビール飲み放題、ソフトドリンク飲み放題、グラスワイン飲み放題、全てのグラスドリンク飲み放題、高級グラスワイン飲み放題の種類があります。

飲み放題は制限時間60分で、飲み終わったグラスとの交換制。次の飲み物が来るまで時間がかかるので、その間に飲み干す自信があれば次の注文も可能です。ビールの場合、最初は生ビールを注文し、59分に中瓶を注文すれば、後は中瓶をゆっくり楽しめます!

夕食時に「飲み放題」をその場で注文可能!

写真:藤田 聡

地図を見る

雪月花の朝食は、写真のように非常に豪華。これぞ和食というイメージの料理は和風温泉ホテルらしく、朝からテンションが上がります。一般的な旅館なら、夕食にも見える程の充実度に違いありません!

雪月花は客室も素晴らしい!

雪月花は客室も素晴らしい!

写真:藤田 聡

地図を見る

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」の客室は、36平方メートルと45平方メートルの和洋室が主体です。客室は広さが違うだけで、ほぼ同じ造りなので宿泊人数で選択すれば大丈夫。どの客室がいいかと悩む必要が無く、気楽に宿泊出来ます!

暖色系の色使いが落ち着くモダンな内装が好印象で、口コミやブログでも好評。もちろん館内は全客室Wi-Fi完備で、インターネットを無料で利用可能です。

雪月花は客室も素晴らしい!

写真:藤田 聡

地図を見る

雪月花では客室への飲み物の持ち込み制限がないので、徒歩5分のコンビニへ買い出しに行きコンビニ袋のまま持ち込みOK。冷蔵庫には小学生以上を対象に、人数分のミネラルウォーターのペットボトルが用意されていますが、他は空きスペースなので自由に冷やせます。(食事処への持ち込みは禁止です)

なお禁煙ルームは数や客室タイプが限られており、喫煙可能ルームが主体。特に敏感な方は、予約時に「消臭対応」の希望を連絡事項に書き込みホテル側へ伝えておきましょう。

雪月花は客室も素晴らしい!

写真:藤田 聡

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」は人気が高く、よりハイクラスな「別邸 翠雲」も2017年12月に宿の裏手にオープンしました。また頻繁に比較されるのが、グループ宿の「水の音」です。系列なので当然ですが両者は非常に似ており、アクセス最高の雪月花と、自然に親しめる「水の音」という程度の違いです。

ただし「季の湯 雪月花」が比較的新しいこともあり、直接比較すると「水の音」の本館はやや古く感じるかも。その場合は、新館「水花の庄」がおすすめです。写真は「水の音」の宿泊者専用ラウンジで、緑豊かな中庭を眺めつつソフトドリンクを自由に楽しめます。

さらに箱根湯本には、系列ホテルの「月の宿 紗ら」もオープン。こちらは「篭もる」タイプの宿で、夕食時飲み放題に加え、屋上と客室冷蔵庫の飲み物も宿泊料に含まれた、セミインクルーシブになっています。多彩なグループ宿の中から、自分と同行者の好みに合った最適な一軒を選んで泊まりましょう!

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」に満足したら、他の系列宿もおすすめ!

箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」が気に入ったら、共立メンテナンスのシステムに慣れ、合理性や風情、快適性など理解出来たという事です。各種サービスを受けるコツも身に付いているので、他の系列宿でも存分に楽しめます!

系列宿で、特に良質な温泉を楽しめるのが「南紀白浜温泉 浜千鳥の湯 海舟」、「平湯温泉 深山桜庵」、「八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里(伊豆高原)]、そして「草津温泉 湯宿 季の庭」「草津温泉 お宿 木の葉」。中でも、きらの里(伊豆高原)と深山桜庵は、冬のオフシーズンに格安プランが登場するので、断然おすすめ!別記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧ください。(記事最後の「この記事の関連MEMO」の中に、別記事へのリンク集あり)

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/01/14−2014/01/15 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -