本場!博多「長浜ラーメン」屋台街の名店を制覇!

| 福岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

本場!博多「長浜ラーメン」屋台街の名店を制覇!

本場!博多「長浜ラーメン」屋台街の名店を制覇!

更新日:2014/11/09 12:34

さとう みゃーおのプロフィール写真 さとう みゃーお 元添乗員の旅行ライター

博多のグルメと言えば…名物がありすぎて書ききれませんが、安ウマに限定すると、夜の博多の風物詩、屋台を思い浮かべる方が多いでしょう。そして、博多の屋台に欠かせないのがとんこつラーメン。今回は博多のとんこつラーメンの中でも特に有名な「長浜ラーメン」の聖地、本場長浜にあるラーメン屋台街の名店を制覇する旅を紹介します。

激ウマ「長浜ラーメン」を本場の屋台で味わいたい!

激ウマ「長浜ラーメン」を本場の屋台で味わいたい!

写真:さとう みゃーお

地図を見る

地下鉄赤坂駅から北へ徒歩10分ほど、長浜の交差点を目指して歩くと「福岡市中央卸売市場」周辺にたどり着きます。市場の西側に18時頃から立ち始める6〜7軒ほどの屋台街。それが、あの有名な「長浜ラーメン」の屋台街です。どの屋台も毎夜毎夜大変な賑わいで空席がないこともしばしば。そして、何より「どのお店もおいしそうで選べない…」と思われる方も多いでしょう。と、いうことで、屋台街を厳選し4店の特長や雰囲気を比較しながらお伝えします。あなたはどの屋台で博多の夜を過ごしますか?

長浜屈指の有名店「ナンバーワン」に突撃!

長浜屈指の有名店「ナンバーワン」に突撃!

写真:さとう みゃーお

地図を見る

まずは屋台街の入り口にある「ナンバーワン」へ。大変な人気店で、このお店の行列が長浜ラーメンの屋台街の目印とも言えます。市内に数店舗、実店舗の支店があり、この屋台のすぐ近くにも昼間から営業している支店があるのですが、やはりここは、並んででも屋台で本場の味を味わいたいところです。

座席は8席と少ない屋台ですので、なかなか入れないかと思いきや、ラーメンだけを食べて出るお客さんも多く、回転が早いため思ったほどは待たずに入店できます。しかし、おでんや餃子、ホルモン炒めなどのお酒の友も充実しており、ゆっくりと呑むこともできます。折角の屋台ですので、ちょっとつまみながら〆のラーメンというのも良いでしょう。

ラーメンは、見た目は極々シンプルなとんこつラーメン。少しとろみがありますが、スッキリとしたスープと、博多ラーメンとしては中細といえる細さの麺です。呑んだ後にもツルッといけるラーメン(500円)。これが本場の長浜ラーメン!屋台の賑やかな雰囲気もあいまって満足できること間違いなしのお店です。

<ナンバーワン 赤坂屋台店>
福岡県福岡市中央区港1-10 魚市場西門前 長浜屋台街入り口
地下鉄赤坂駅から徒歩10分
090-9724-8717
営業 18:30〜翌3:30
無休

※メニューの価格表示は税込価格

勢いのある新店「ロングビーチ」

勢いのある新店「ロングビーチ」

写真:さとう みゃーお

地図を見る

「ナンバーワン」の隣の「ロングビーチ」は牛タンの鉄板焼き(1100円)や牛のサガリの鉄板焼き(900円)がビールにとてもよく合い、おすすめです。特にサガリが柔らかく最高!優しい笑顔の若い大将の笑顔に惹かれて、お客さんの年齢層も若干若い印象があります。屋台街の中では比較的新しいお店で、店内やテーブル周りも綺麗。屋台に抵抗がある女性にもおすすめできるお店です。

ラーメン(500円)は細ストレート麺が印象的。スープはコクがあるのにさっぱりと食べられます。まさに呑みの後のラーメン。美味しいです!ガッツリ系のお肉のおつまみで呑みたい人は「ロングビーチ」へ迷わずGO!

<ロングビーチ>
福岡県福岡市中央区港1-10 長浜屋台街入口から2軒目
地下鉄赤坂駅から徒歩10分
電話非公開
営業 18時〜翌3時
不定休

※メニューの価格表示は税込価格

串もの、餃子、焼きラーメンもおすすめ!「長浜 満月」

串もの、餃子、焼きラーメンもおすすめ!「長浜 満月」

写真:さとう みゃーお

地図を見る

さて「ロングビーチ」からさらに奥へと足を進めて、必ず立ち寄りたいのは「長浜 満月」です。ラーメンはもちろん、こちらは串焼きが絶品。つくね(130円)やチーズベーコン(200円)でどんどんビールが進みます。そして柚子胡椒が添えられた博多らしい小口餃子(400円)もカリっとして、さっぱり食べられておすすめ。和牛ホルモン炒め(900円)もプリプリで…とおつまみだけでも大満足できます。

ラーメン(500円)も間違いない味。細麺が、見た目に反してあっさりめのとんこつスープでするっと喉を通ります。しかし、こちらのお店でぜひ味わってほしいのは「焼きラーメン(700円)」です。「焼きラーメン」は博多の隠れた名物で、焼きそばの要領で野菜を炒め、とんこつスープやタレで麺と一緒に炒め煮にするというもの。しっとりめに仕上がったこれが、何とも美味しいのです。長浜ラーメンは呑みの〆ですが、「焼きラーメン」は、おつまみになる味。まさに、博多でしか食べられないご当地グルメ。そして、長浜屋台街で「焼きラーメン」を出しているのは「満月」だけです。

お店の方のお話も楽しく、呑みにしっかりと付き合ってくれます。「焼きラーメン」はじめ、おつまみ、呑みを存分に楽しみたい方は「満月」へ。

<長浜 満月>
福岡県福岡市中央区港1-1-10 長浜屋台街
地下鉄赤坂駅から徒歩10分
092-865-6114
営業時間 18:00〜翌2:00
定休日 月曜日

※メニューの価格表示は税込価格

美味しい天ぷらと名物大将が迎えてくれる「若大将」

美味しい天ぷらと名物大将が迎えてくれる「若大将」

写真:さとう みゃーお

地図を見る

「長浜 満月」から更に数店舗進むと、威勢の良い大将が声をかけてくれるお店「若大将」があります。このお店で欠かせないのは天ぷら。屋台でお値打ちに本格的な天ぷらを食べることができるのです。写真は野菜天盛り(900円)衣はサックリ、野菜の甘みがたまらない美味しい天ぷらです。ナスにサツマイモ、ニンジンにししとう、かぼちゃなど、屋台巡りで野菜不足になりがちな身体に嬉しい山盛りの野菜天。そして、甘めの天つゆは屋台なのに温かく、思わずほっこり。海鮮天盛り(1500円)ももちろんおすすめ。他には串ものも充実。おでんもあっさりとしていますが甘めでほっとする味。「ただいま」と言いたくなる屋台です。

ラーメン(500円)の特徴は、大将自慢の卵麺。こだわって特注しているというから驚き。若干の縮れが他のお店の麺とは一味違います。
全体的に大将の人柄とこだわりを強く感じることができる人情屋台。本格的な料理の味付けに屋台に居ることを忘れるお店です。

<長浜ラーメン 若大将>
福岡県福岡市中央区港1-1-10 長浜屋台街
092-715-2423
地下鉄赤坂駅から徒歩10分
営業時間 18:30〜03:30 L.O.翌3:00
定休日 2週間に1回ほど(月曜日)※要確認

※メニューの価格表示は税込価格

長浜ラーメンは何杯でもいける!

全国的に有名な長浜ラーメンの聖地、中でも屋台街のラーメンは、どのお店も呑みの〆としてあっさりめに食べられる味なので、ラーメンのはしごなんてこともできてしまいます。それは、開放的な屋台で、お酒も進み、楽しく周囲のお客さんやお店の人と会話しながらだからこそ、なのです。この雰囲気こそが長浜ラーメンの隠し味。本場でしか味わえない醍醐味!

今回ご紹介した「長浜屋台街」周辺には実店舗の長浜ラーメン店も数多く、紹介しきれないほど美味しいお店があります。ここはまさにラーメン天国!ぜひ、足を運んでみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/28−2014/10/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ