バンコクから2時間!タイのワイナリー巡りで優雅なひととき

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

バンコクから2時間!タイのワイナリー巡りで優雅なひととき

バンコクから2時間!タイのワイナリー巡りで優雅なひととき

更新日:2014/11/17 14:32

遠藤 まさみのプロフィール写真 遠藤 まさみ 世界遺産探検家、ホテルマニア、クラフトビア愛好家

バンコクからわずか150キロメートル、世界自然遺産「カオヤイ国立公園」の麓、標高約300メートルに位置する高原「カオヤイ」。昼夜の寒暖差と水はけのよい土壌という、ぶどう栽培に適したこの地で、1990年頃からワインが醸造されるようになりました。

2003年にバンコクで開催されたAPEC首脳会談の晩餐会で振る舞われ、世界に知られたタイ産ワイン。新興ワイン国のワイナリー巡りに出掛けましょう!

- PR -

ワイナリーにアジア最大の牧場など観光農園がめじろ押し

ワイナリーにアジア最大の牧場など観光農園がめじろ押し

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

世界自然遺産「カオヤイ国立公園」の麓に広がる高原地帯「カオヤイ(Khao Yai )」は、週末ともなると多くのタイ人観光客でにぎわいを見せる、日本の那須高原や軽井沢のような場所です。

「カオヤイ」を訪れる観光客の目当ては観光農園です。アジア最大の酪農牧場「チョクチャイファーム」を代表とする牧場などでは、新鮮な牛乳などの乳製品やステーキ、動物とのふれあいなどを楽しめます。多くの農園にレストラン、カフェなど観光ポイントの多い「カオヤイ」の中でも、特にお勧めなのがワイナリー巡り。
タイが誇る2大ワイナリーが、ここ「カオヤイ」でワイン造りを営んでいます。

ワイナリーに来たら参加したい「ワイン・テイスティング・ツアー」

ワイナリーに来たら参加したい「ワイン・テイスティング・ツアー」

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

1998年にタイ初のワインとしてスタートした「PBバレー・カオヤイワイナリー(PB Valley Khao Yai Winery)」は、イタリアやオーストラリアでの品評会で受賞するなど、大規模かつ実力派のワイナリーです。前出のAPEC首脳会談の夕食会でも「PBバレー・カオヤイワイナリー」のワインが振る舞われました。

ワイナリーを訪れたら、ワイナリーのツアーに参加してみましょう。ここ「PBバレー・カオヤイワイナリー」では、毎日3回の「ワイン・テイスティング・ツアー」を開催しているので、曜日を気にすることなく、参加できます。

ワイン畑と醸造所の見学、ワイナリーの歴史などを学んだら、最後にはお待ちかねのワイン・テイスティングです。4種類のワインにチーズを合わせ、APECの各国首脳が味わったワインを堪能しましょう。

■PB Valley Khao Yai Winery
住所:102/2 Moo5 Mittraphap Rd. Payayen, Pakchong, Nakhon Ratchasima (Korat), Thailand
電話:+66 36 226 415

■ワイン・テイスティング・ツアー
毎日10:30、13:30、15:30の3回開催。各回の所要時間は約75分。
ワイン畑、醸造所の見学と、テイスティング4種類。
値段:250バーツ(2014年10月時点)

そのほか詳細は、MEMOの「PB Valley Khao Yai Winery(英語)」を参照してください。

ぶどうの葉を使った絶品料理に舌鼓

ぶどうの葉を使った絶品料理に舌鼓

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

さらにワインで喉を潤したくなったら「PBバレー・カオヤイワイナリー」内にあるレストラン「ザ・グレートホーンビル・グリル(The Great Hornbill Grill)」でランチはいかがでしょうか。

充実したグラスワインはワイナリーならでは。もちろんボトルでも楽しめます。食事もタイ料理から欧米料理まで楽しめますが、ここはぜひ「Sweet Belly of Pork Paste Wrapped in Fresh Vine Leaf」を試してみてください。日本でも食べたことのある、どことなく懐かしい肉味噌のようなポーク・ペーストを、新鮮なワインの葉で包んでいただきます。想像以上に柔らかく、ほのかにぶどうの香りがするぶどうの葉は、ワインと最高の相性を見てせてくれるでしょう。

食事のメニューにはそれぞれお勧めのワインが記載されていますので、いろいろなグラスワインを楽しんでみてください。

■The Great Hornbill Grill
住所:102/2 Moo5 Mittraphap Rd. Payayen, Pakchong, Nakhon Ratchasima (Korat), Thailand(PB Valley Khao Yai Wineryと同敷地)
電話:+66 36 226 415
営業時間:日〜木 9:00〜20:00、金・土 9:00〜22:00 無休

*The Great Hornbill Grill は、バンコクにも姉妹店があります。
The Great Hornbill Bistro
住所:59/3 Soi 39, Sukhumvit Road, Bangkok 10110, Thailand
電話:+66 91 576 9905
営業時間:9:00〜22:00 無休

お土産も充実。自宅でワインとともに旅の思い出を楽しんでみては?

お土産も充実。自宅でワインとともに旅の思い出を楽しんでみては?

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

「PBバレー・カオヤイワイナリー」のギフト・ショップでは、ワインはもちろん、ぶどうジュースや収穫時期であればぶどうなども購入できます。そのほか、カオヤイ周辺で収穫されたお米やドライフルーツなど、観光農園が盛んな「カオヤイ」ならではのお土産も販売されていて、どれにするか目移りしてしまいそう。

ぶどう畑に囲まれて極上の睡眠を

国立公園の美しい山々の麓に、大切に育てられたぶどう畑と美しい花々。グランモンテ(Granmonte)もまた、カオヤイの誇るワイナリーのひとつです。ギフトショップも充実し、ワインはもちろんグランモンテオリジナルの石けんや、ホームメイドのジャムにジュース、クッキーなどが購入できます。

そして一番のお勧めは「グランモンテ・ゲスト・ハウス(Granmonte Guest House)」、何とワイナリーに宿泊できてしまいます。「ゲスト・ハウス」と銘打っていますが、室内はプチホテルのような、落ち着きがあり、センスのよい家具で統一されています。夕食や朝食はワイナリー内にある「ヴィンコット(VinCotto)」で。ワイナリーのぶどう畑で造られたワインを、その畑を眺めながらいただくなんて、ワインがさらにおいしくなりそうなシチュエーションですね!

■Granmonte Asoke Valley
住所:52 Moo9 Phayayen, Pakchong, Nakhon Ratchasima (Korat), Thailand
電話:+66 44 009 544

ゲスト・ハウスやレストランなどの詳細は、MEMOの「Granmonte Asoke Valley(英語)」を参照してください。また、週末のみワイナリー巡りツアーが開催されています。

ぶどう畑に囲まれて極上の睡眠を

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

バンコクの避暑地「カオヤイ」で自然の恵みを存分に味わって

ワインの歴史はまだまだ浅いタイ。しかし、世界自然遺産に指定されるほど、恵まれた自然環境の元で造られるワインは、フレッシュでいてしっかりとぶどうの味わいを堪能できる、素晴らしいワインです。また「PBバレー・カオヤイワイナリー」では、使用済みのワイン樽を利用して、ブランデーを仕込んでいる最中。今後さらなる期待ができるでしょう。

バンコクの避暑地「カオヤイ」のワイン巡りで、最高の1本を見つけてみてください!

■カオヤイへのアクセス
バンコクから:ナコーンラーチャシーマー行きバスに乗り、途中のパークョンで下車。パークチョンの市場(マーケット)前の、カオヤイ国立公園行きローカルバス(ソンテウ)に乗車。運転手に目的地を告げて、降車します。

*ワイナリーまで行くバスはありません。「カオヤイ」周辺で、バイタクか、車をチャーターして移動となります。「カオヤイ」周辺に宿泊しない場合は、バンコクから車をチャーターした方がよいでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ