12月、山口市はクリスマス市に!サビエル記念聖堂のライトアップは必見!

| 山口県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

12月、山口市はクリスマス市に!サビエル記念聖堂のライトアップは必見!

12月、山口市はクリスマス市に!サビエル記念聖堂のライトアップは必見!

更新日:2015/10/27 13:49

嶋長 幸浩のプロフィール写真 嶋長 幸浩 身近な"きれい"を探すカメラマン

12月の大きなイベントといえば、もちろんクリスマスですよね!!
日本で最初にクリスマスを祝う行事が行われたのが山口市だったってご存知でしょうか?
12月になると山口市はクリスマス市と改名され、「日本のクリスマスは山口から」をテーマに様々なイベントが市内各所で開催されます。
中でも、「サビエル記念聖堂」のライトアップは必見!!
関連イルミネーションも併せて、素敵なスポットを紹介します。

まずは「山口サビエル記念聖堂」へ

まずは「山口サビエル記念聖堂」へ

写真:嶋長 幸浩

地図を見る

1551年。日本では室町時代ですが、宣教師のフランシスコ・ザビエルがキリスト教の布教活動を行ったのが、山口でキリスト教が広まるきっかけ。
翌年の1552年には山口で降誕祭(クリスマス)が行われたという趣旨の記述がある書物もあり、日本で最初にクリスマスが祝われたとされています。
2006年11月には、スペインのナバラ州首相より、山口市が日本のクリスマス発祥の地であることの認定書も受けているんですよ。
この歴史的史実をもとに、毎年12月は「12月、山口市はクリスマス市になる。」を合言葉に関連イベントが各所で開催されています。

クリスマスと言えば、似合うのはやっぱり教会ですよね。
「山口サビエル記念聖堂」も期間中は素敵にライトアップされます。
旧聖堂は1991年に失火により焼失してしまいましたので、現在の建物は1998年に再建設されました。
2本の尖塔をもつ白色の教会堂は市民の憩いの場として親しまれ、山口を代表する観光地として定着しています。

フルカラーLEDにより浮かび上がる白い教会はとっても幻想的!!
内部照明でステンドグラスもきれいに浮かび上がり、とっても素敵に演出されていますよ。
クリスマスにぴったりの場所。おすすめです!!

期間・・・・2015年12月1日〜12月24日
点灯時間・・17:00〜20:30

イヴの日以外は意外に空いてる?

イヴの日以外は意外に空いてる?

写真:嶋長 幸浩

地図を見る

クリスマスイヴの日はさすがに多くの方が訪問されますが、イヴ当日以外は意外と少な目なのでおすすめ。
サビエル教会の静かで厳かな雰囲気の中、きれいなステンドグラスを独り占め(二人占め)できるかも。
また、会場には親切なボランティアの方が数名おられましていろんなお話や説明をしてくださいますので、聞いてみられることもおすすめします。
写真撮影にベストな場所も教えて下さったりして、とっても楽しいんですよ♪

旧サビエル記念聖堂のシンボルモニュメント

旧サビエル記念聖堂のシンボルモニュメント

写真:嶋長 幸浩

地図を見る

サビエル記念聖堂のすぐ近くにある「新亀山公園ふれあい広場」には、クリスマス市のシンボルモニュメントとして旧サビエル記念聖堂をかたどったイルミネーションが設置されています。
聖堂を訪問された後は、こちらにも是非足を運んでみて下さいませ。

期間・・・・2015年12月1日〜12月31日(予定)
点灯時間・・17:00〜22:00
電球数・・・LED約15万球

一の坂川沿いもきれい

市内を流れる一の坂川沿いもとっても綺麗でおすすめ!!
春は桜、初夏にはホタルの観賞スポットでもある一の坂川ですが、12月は川面にも映り込むイルミネーションが雰囲気を盛り上げます。川沿いの散策をゆっくり楽しんでくださいませ。

一の坂川沿いもきれい

写真:嶋長 幸浩

地図を見る

おわりに

山口市内では、ライトアップやイルミネーション以外にも実行委員会によりコンサートなど様々なイベントも催されています。
路線バスの一部でサンタに扮した運転手がいたり、市長が「クリスマス市長」の肩書の名刺を配ったり等々・・・
市内を走るSLも「SLクリスマス号」として臨時運行されるのですよ。
山口市観光情報サイト(関連MEMO参照)でも、12月のシーズンになるとその年のイベント情報等が紹介されますので、確認してからお出かけされてはいかがでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/12/08−2013/12/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ