台湾お薦めソウルフード「陽春麺」!高雄の名店は…名前がない!?

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾お薦めソウルフード「陽春麺」!高雄の名店は…名前がない!?

台湾お薦めソウルフード「陽春麺」!高雄の名店は…名前がない!?

更新日:2014/11/20 11:39

湯山 千里のプロフィール写真 湯山 千里 台湾通訳案内士、台湾観光&グルメライター

台湾に根ざした食べ物・ソウルフードといえば、魯肉飯や肉燥飯、麺線、牛肉麺などなどいろいろありますが、今回ご紹介するのは「陽春麺」。日本人にはあまり知られていないけれども、実は台湾ではポピュラーな麺料理です。高雄には、小さな道に面した人気の「陽春麺」の名店があります。しかしこのお店には名前がない!?のです。

名前のない有名店?!

名前のない有名店?!

写真:湯山 千里

地図を見る

看板のない名店などはありますが、名前のないお店というのはなかなかないですよね?以前は看板もなく入り口も狭いのに、待っている人だけが多く「何の店?」と思うようなお店でした。2014年11月現在は新しくリニューアルされ、看板こそあるものの、それでも名前は「陽春麺店」と書かれているだけなので、皆「麺の店」と呼ぶしかないというお店です。

陽春麺とは

陽春麺とは

写真:湯山 千里

地図を見る

陽春麺とは、具にもやし、韮、チャーシューが2枚入っているだけというシンプルな麺です。一般的に陽春麺は、「スープだけで具を入れない麺」といわれていますが、乾(スープなし)か湯(スープ入り)かも選ぶことができます。

このお店は、小さいサイズで35元(約105円)からです。陽春麺の名前の由来は、旧暦の10月が「小陽春」と呼ばれることから「陽春」は10の意味となり、麺1杯の一般的な値段が10文銭だったので、陽春麺と呼ばれるようになったといわれています。

こちらのお店は陽春麺(乾麺、湯麺)が看板メニューですが、ワンタン麺(餛 飩乾麺、餛飩湯麺)もおすすめです。こちらは小さいサイズで45元(約135円)からです。調味料コーナーには、黒酢や辣醬(味噌に唐辛子を入れた調味料)などもあるので、少し混ぜて食べてみると違う味も楽しめますよ。

滷味も

滷味も

写真:湯山 千里

地図を見る

陽春麺のお店では「滷味」も注文できるところが多くあります。「滷味」とは、漢方や香辛料を使い様々な具材を醤油で煮込んだものです。陽春麺だけでは足りない時、またおかずとして食べたいときにもぴったりです。写真のような棚に並んでいる中から好きな食材を選び、お店の人に渡すと煮込んでもらえます。

写真の「陽春麺店」では、自分でボールに取り、お店の人に渡すスタイルですが、お店によっては、ガラスケースの中を見て好きなものを選ぶスタイルもあります。この場合中国語がわからない方は、指差しでチャレンジしてみてください。

無料スープも!

無料スープも!

写真:湯山 千里

地図を見る

乾(スープなし)麺には「スープがほしい」と思われる方も多いと思いますが、実は別に「清湯」という透明なスープが無料でつくお店が多いんです。「陽春麺店」は、セルフサービスで写真のように自分でスープをお碗に入れます。乾麺を食べながらスープを飲むと、スープ入りの麺とはまた違ったおいしさを味わうことができるので不思議です。

おわりに

日本円で100円ちょっとという、安くてシンプルな麺ですが、そのシンプルなおいしさが忘れられなくなる味です。

今回ご紹介したお店の他にも、台湾の屋台をはじめ色々な場所で味わうことができる麺なので、是非一度お試しください。

「陽春麺店」
住所 高雄市苓雅区福安路465号
電話 07-7116683

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/13 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -