マドリードで大人気のグルメスポット!「ハムの博物館」とは!?

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

マドリードで大人気のグルメスポット!「ハムの博物館」とは!?

マドリードで大人気のグルメスポット!「ハムの博物館」とは!?

更新日:2014/11/18 15:25

HIRATA ERIKOのプロフィール写真 HIRATA ERIKO 格安子連れトラベラー、名古屋フカボリライター、レゴランド・ジャパン愛好家

スペインは、日本人が大好きな生ハムの本場。現地へ旅行するなら絶対に食べたいですよね。
首都マドリードには「Museo del Jamón」(ムセオ・デル・ハモン)というお店があり、おいしいスペイン料理と生ハムを楽しむことができます。
日本語で「ハムの博物館」という壮大な意味を持つ、大人気店をご紹介します。

圧巻!店内に無数に吊り下げられている生ハムの原木!

圧巻!店内に無数に吊り下げられている生ハムの原木!

提供元:a branch of Museo del Jamón in Ma…

http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Madrid_Muse…地図を見る

Museo del Jamónはマドリード市内に数店舗ありますが、観光ついでに行くならプエルタ・デル・ソル近くやプラド美術館近くの店舗が便利でしょう。
入店してまず驚くのが、無数に吊るされている生ハムの原木!熟成段階の違いなのか、むき出しの状態で吊られている原木と白い靴下ような布で覆われている原木があります。
これは一体、豚何頭分の生ハムなのか…と、考えなくてもいいことがつい頭をよぎります。

多種多様な生ハム、ちょっとずつ買って食べ比べてみよう♪

多種多様な生ハム、ちょっとずつ買って食べ比べてみよう♪

提供元:Butcher shop (museo del jamón) in…

http://commons.wikimedia.org/wiki/File:2012-04-29_…地図を見る

Museo del Jamónの1階は、生ハムやサンドイッチを売っているデリカテッセン。
朝食や昼食はもちろん、ホテルでの晩酌用のおつまみを買うのにもぴったりです。

生ハムの種類が多すぎて選ぶのが難しそうですが、お肉の判断基準は日本もスペインも同じ。
・基本的に値段は正直である。
→100g1ユーロより100g2ユーロのほうがおいしいだろう、という判断はできます。
・ブランド物は高い。
→ハモン・セラーノやハモン・イベリコはやはり高いです。
・高すぎるとよくわからなくなる。
→ワインのようなもので、高すぎると食べ慣れない人にはよくわからないことも…。
 塩味が強くて脂身がくどいとしか感じられないかもしれません。

口に合わないという失敗もまた旅の思い出なので、予算の範囲内で食べ比べてみましょう。
値段表示はkgあたりですが、50gや100gでも買えます。
スペイン語に自信がなくても、「50g」などと紙に書いて見せればOKです。

滞在中に一度は行こう。2階のレストランはランチがお得!

滞在中に一度は行こう。2階のレストランはランチがお得!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

Museo del Jamónの2階はレストランになっていて、座ってゆっくり食事を楽しめます。
特にランチは前菜、メイン、ドリンクを選べるプリフィクススタイルで値段もお手頃ですし、パエリアやガスパチョ、魚フライといったメジャーなスペイン料理が揃っているので、滞在中に一度は訪れたいところです。

注意点は、できるだけ同行者と別のメニューを選ぶこと。
日本では「二人前」は「一人前の倍」ですが、スペインではそのあたりがとても適当。
ワインとビールを選ぶとそれぞれ1本ずつ出てくるのに、2人ともワインを選ぶとワイン1本にグラスが2個なんていうことも普通にあるのです(ワインが2本出てくる場合もあります)。
スペイン語でクレームを言えないのであれば、別々のメニューを選ぶのが確実です。

「Museo del Jamón」は、バルも併設。気軽な立ち飲みもOK!

「Museo del Jamón」は、バルも併設。気軽な立ち飲みもOK!

写真:HIRATA ERIKO

地図を見る

スペインに来たからには本場のスペインバルで飲みたい!
Museo del Jamónにはバルも併設されているので、そんな希望も叶います。
気軽な立ち飲みスタイルで、2階のレストランより地元客が多く大賑わいです。
ビーノ(ワイン)、セルベッサ(ビール)といった簡単な単語さえ覚えておけば問題なし。
地元客に交じって、本場のバルの雰囲気を満喫しましょう。

食後は「San Gines」でチョコラテ・コン・チュロスを♪

Museo del Jamónはガイドブックにも必ず載っているので「いわゆる観光客向けのお店かな」と思いがちですが、マドリード市民に聞いても真っ先におすすめされる信頼できるお店です。

ちなみに、Museo del Jamónはデザートもおいしいのですが、プラサマヨール店の近くには「San Gines」という老舗のショコラティエがあり、こちらもマドリード市民のお墨付き。
チョコレートにチュロスを浸して食べるチョコラテ・コン・チュロスが絶品なので、食後のデザートはこちらに移動されることをおすすめします。

掲載内容は執筆時点のものです。 2007/08/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ