マニラ初の“スカイ・ホテル”誕生!噂の「マルコポーロ」に泊まる!

| フィリピン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

マニラ初の“スカイ・ホテル”誕生!噂の「マルコポーロ」に泊まる!

マニラ初の“スカイ・ホテル”誕生!噂の「マルコポーロ」に泊まる!

更新日:2014/11/20 13:19

竹内 あやのプロフィール写真 竹内 あや トラベルライター

マニラ初の“スカイ・ホテル”として話題を集めているのが、2014年7月にオープンした「マルコポーロ・オルティガス・マニラ」。近年急成長を遂げているオルティガス地区の中心に建つ、45階建ての高層タワーで、そのスタイリッシュな外観がひと際目を引きます。近くには巨大ショッピングセンターなども点在しているので、ビジネスだけでなくレジャーにも最適。客室からは、マニラ市街一望の絶景を楽しむことができます。

いずれの客室からも抜群の眺望!

いずれの客室からも抜群の眺望!

写真:竹内 あや

地図を見る

客室は計316室あり、スーペリア、デラックス、プレミア、スーペリアスイート、エクゼクティブスイートの5タイプにカテゴリー分けされています。すべて27階以上にあり、いずれの部屋からも市街を一望。天気がよければ、ビル群の向こうに広がるマニラ湾まで見渡せます!

スーペリアでも40平方メートルという広々とした造りで、無料で使用できるワイヤレスネットワークやエスプレッソマシーンも完備。機能的でスタイリッシュなインテリアでまとめられています。

クラブルームを有効に活用しよう!

クラブルームを有効に活用しよう!

写真:竹内 あや

地図を見る

なかでもおススメは、「コンチネンタル・クラブ・ルーム」と呼ばれるワンランク上のステイ。最上階の2フロアが専用のクラブフロアになっていて、ここに滞在するとさまざまな特典やサービスを受けることができます。

専用のレセプションが設けられているので、チェックインやチェックアウトもスムーズ。そして何よりもうれしいのが、眺望抜群のスカイ・ラウンジを自由に利用できること。ここでゆったりと朝食がとれるほか、常時ソフトドリンクやコーヒー、ビールなどを無料で楽しむことができます。

アフタヌーンティータイムには軽食やケーキがずらりと並び、夕方のカクテルタイムにはワインやカクテルが振る舞われます。何杯飲んでも、もちろん追加料金なし。ワインにぴったりのタパスをはじめ、さまざまな軽食が用意されているので、忙しい日などは、ここで夕食を済ませてしまってもいいほどです。

ビジネスにもレジャーにも最適の施設

ビジネスにもレジャーにも最適の施設

写真:竹内 あや

地図を見る

ホテル内にはレストランをはじめ、ビジネスセンターやジムなどの施設も充実。2015年にはスパもオープン予定です。 

22階には、雨でも気にせず利用できる屋内プールを完備。夜22:00までオープンしているので、仕事のあとにひと泳ぎ!!なんて使い方もいいかもしれません。夕暮れになると、周囲のネオンが大きなガラス窓を通して水面に映し出され、幻想的な雰囲気を醸し出します。

各国料理が集う、充実のレストラン

各国料理が集う、充実のレストラン

写真:竹内 あや

地図を見る

オールデイダイニングの「クッチーナ」は、ビュッフェスタイルが人気のレストラン。オープンキッチンのカウンターにはフィリピン、アジアをはじめ、各国の料理がずらりと並び、どれにしようか悩んでしまうほどです。新鮮なシーフードが山積みにされたコーナーや、目の前でにぎってくれる寿司カウンターなどもあり、見ているだけでも楽しい気分に。デザートの種類も豊富に揃っています。

特別な日のランチやディナーには、44階に位置する広東料理の「龍軒」がおススメ! 眺望を楽しみながらゆったり食事をしたければ、窓側のテーブルを予約するといいでしょう。

魅惑のスカイ・バー

魅惑のスカイ・バー

写真:竹内 あや

地図を見る

さらに、イチオシは最上階に位置するスカイ・バー「VU’s」。おしゃれで斬新なインテリアに囲まれて、ライブミュージックを楽しむことができます。

静かに過ごしたい人は、テラス席へ。ここからの夜景はすばらしく、仕事帰りのビジネスパーソンにも人気なのだとか。夕暮れ時には、マニラ湾に沈む壮大な夕日を楽しむことができます。

最後に

マルコポーロ・ホテルは、香港を拠点に中国、フィリピンに計14軒のホテルを展開するホテルチェーン。「マルコポーロ・オルティガス・マニラ」は、フィリピン国内ではダバオ、セブに続く3軒目のホテルとなります。

オルティガス地区は、大学や語学学校などの教育機関が集まる、治安のよさでも人気のエリア。近くには巨大ショッピングセンターのSMメガモールやロビンソン・ギャラリア・コンプレックスもあり、ショッピングにも便利な立地です。ビジネス、観光の拠点として、今後ますます目が離せません。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/07−2014/11/08 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ