冬の美瑛・富良野、スキー以外のとっておきのお楽しみ!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

冬の美瑛・富良野、スキー以外のとっておきのお楽しみ!

冬の美瑛・富良野、スキー以外のとっておきのお楽しみ!

更新日:2014/12/05 18:11

北ノ峰 セイコのプロフィール写真 北ノ峰 セイコ

深い雪に覆われる冬の美瑛・富良野。富良野スキー場は、かつてワールドカップも開催されたゲレンデでもあり、スキーヤー、スノーボーダーにとってはポピュラーな場所です。

でも、スキーヤー、スノーボーダーだけが楽しむ場所と思ったら大間違いです!寒くないと見られないもの、寒いからこそ楽しめること、そんな冬ならではの、ウィンタースポーツ以外のお楽しみをご紹介します。

極寒の季節限定!

極寒の季節限定!

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

12月〜2月の間は一日中氷点下の真冬日になることが多く、特に寒い日は最低気温が氷点下25度を割ることもある富良野。深く息を吸うと、肺まで凍ってしまいそうな寒さです。

そんな寒さに耐えたご褒美なのか、寒くないと見られない、美しい光景があります!

まるで温泉から湯気がたっているかのように見える川・・・温泉だったらいいのに、と心から願ってしまう、寒い日の光景です。

湯気のように見えるのは川から発生した霧。水温よりも外気温が下がった時に起こりやすい現象で、寒さを忘れるほど幻想的です。目安として、氷点下15、6度を割るぐらいから見えることが多くなります。

山よりも下にある街のほうを眺めてみて、もやが出ていたら川からの霧が出ている可能性が高いです。そんな時は、富良野市内を流れる空知川沿いへ出てみましょう!

寒いと晴れる!シャッターチャンスは寒い日。

寒いと晴れる!シャッターチャンスは寒い日。

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

川に霧が発生するほどの寒い日は、たいていすっきりとした青空が広がります。よく晴れた日に起こりやすいという、放射冷却現象で気温が下がっていることが多いためです。

ものすごく寒いけれど、ものすごくきれいな景色が待っています!写真は富良野スキー場北の峰ゲレンデの駐車場からの十勝岳連峰の眺めです。スキーをしない方も駐車場まで行って、ぜひ、この景色を眺めてください。

かなやま湖でワカサギ釣りにトライ!

かなやま湖でワカサギ釣りにトライ!

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

富良野から車で1時間弱のところに位置する南富良野の「かなやま湖」。夏は湖畔にラベンダーが咲き、キャンプやカヌーが楽しめる場所なのですが、冬は数十センチの分厚い氷の張った湖に変わります。

その氷の下で泳いでいるワカサギを釣るのが冬の醍醐味!写真のような、氷の湖上にいくつも張られたテントの中で、じっと獲物がかかるのを待ちます。

手ぶらで楽しもう!

手ぶらで楽しもう!

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

自分で道具も用意して、毎シーズン何度も訪れる方ももちろんいますが、レジャー会社に頼んでしまえば、手ぶらの初心者でもOK!(ただし、スキーをするときのような服装は自分で用意、着用)

防寒ブーツ、カイロ、テント、ストーブ、釣竿などを用意してくれ、釣り方も教えてもらえるので気軽にトライできます。凍える手でエサを付けて、氷上の小さな穴に釣り糸を垂らして待っていると、ピクピクッとワカサギがかかった感触が来るはず!釣ったワカサギは天ぷらにしてくれるので、冷めないうちにいただきましょう。自分で釣ったワカサギは最高の味ですよ!

薪ストーブの本物の火の癒し。

薪ストーブの本物の火の癒し。

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

ほとんどの家庭でエアコンが使われる今日、薪ストーブを見る機会はあまりないのではないでしょうか。

北海道では、冬に薪ストーブを使うご家庭やお店がまだまだあります。写真は美瑛の「カフェ風」の薪ストーブ。雪景色を眺めながら、本物の火のぬくもりを感じてください!

美瑛界隈のお店は冬期休業のところも多いのですが、こちらは冬でも営業。四季彩の丘のすぐそばなので、深い雪の中でもわかりやすいロケーションです。冬の四季彩の丘では、スノーモービルをはじめ、スノーラフティング、チュービング、そりなどが楽しめるので、その前後にこのお店でゆっくり過ごすのもおすすめです。

寒さを楽しもう!

今回ご紹介した景色、アクティビティはどれも寒いからこそ楽しめるものです。寒さが苦手でも、寒さに耐える価値ありです!夏に訪れたことのある方も、冬の姿を見に、ぜひお出かけください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ