見頃は初夏と秋!もみじ鮮やかな京都市山科の古刹・毘沙門堂

| 京都府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

見頃は初夏と秋!もみじ鮮やかな京都市山科の古刹・毘沙門堂

見頃は初夏と秋!もみじ鮮やかな京都市山科の古刹・毘沙門堂

更新日:2015/05/05 12:27

成沢 崇のプロフィール写真 成沢 崇 名古屋仏像研究会 会長、旅ライター

京都市の東に位置する山科区の毘沙門堂。
市街地から離れており、平日に訪れれば人もまばら。静かな風情を残した知る人ぞ知る京の名所です。

初夏は青もみじ、秋は鮮やかな紅葉に包まれる京の古刹・毘沙門堂。
平成25年からは秋の紅葉シーズンにあわせてライトアップも始まりました。ライトアップに関しては、まだまだ知らない方も多い穴場なのです。

- PR -

開山は今から1300年以上も昔の703年

開山は今から1300年以上も昔の703年

写真:成沢 崇

地図を見る

毘沙門堂へはJR京都駅からひと駅の山科駅、もしくは市営地下鉄山科駅、京阪山科駅から徒歩で約20分の距離。

山科区の北部にあり、長い坂道を登った山腹にひっそりとたたずむ天台宗の寺院です。
毘沙門堂は天台宗五箇室門跡のひとつで、七福神の一人である毘沙門天を本尊とすることが毘沙門堂の名前の由来となっています。

創建は大宝三年(703年)、当初は上京区の京都御所の北側にあったことから護法山出雲寺と言われていましたが戦乱の世を越えて寛文五年(1665年)、この山科の地へと移りました。

56段の石段からなる仁王門をくぐると、本堂、天井に龍が描かれた霊殿、宸殿、庭園の晩翠園が続きます。境内の枝垂れ桜は見事で2000年の春にはJR「そうだ 京都、行こう。」のポスターにもなりました。

本堂は修復も終わり色鮮やかな姿

本堂は修復も終わり色鮮やかな姿

写真:成沢 崇

地図を見る

毘沙門天をお祀りする本堂と仁王門は平成25年に修復され、再建時の色鮮やかな姿が甦えりました。

毘沙門堂境内の諸堂は近世の門跡寺院特有の景観を伝える貴重な遺構として、多くが京都市の有形文化財に指定されています。

また、本堂奥の宸殿・霊殿の障壁画は全て江戸中期の画家・狩野益信の作品。宸殿の「動く襖絵」は逆遠近法が使われた作品で、現代で言うトリックアート作品です。

勅使門の前の石段は2011年秋の「そうだ 京都、行こう。」のポスターに

勅使門の前の石段は2011年秋の「そうだ 京都、行こう。」のポスターに

写真:成沢 崇

地図を見る

ここでおすすめの撮影スポットをひとつ。
仁王門へと続く石段には登らずに、西に少し歩けば勅使門へと続く緩やかな石段があります。

初夏には青もみじに抱かれるこの石段は2011年秋の「そうだ 京都、行こう。」のポスターに採用されたのでご存じの方も多いかもしれません。

秋の紅葉シーズンも終わりがけの11月末頃には散り紅葉を目にすることができ、この石段が真っ赤な絨毯のように彩られます。

秋のライトアップは平成25年から。まだまだ穴場です!

秋のライトアップは平成25年から。まだまだ穴場です!

写真:成沢 崇

地図を見る

平成25年からは紅葉シーズンの11月にあわせてライトアップが始まりました。
京都市内のライトアップはどこも混雑しますが、毘沙門堂は街の喧騒から離れ、またそのアクセスから混み合うことも少ないのがポイント。まさに穴場です!

永観堂や清水寺のライトアップのように人で溢れる場所が苦手な方は、ぜひ毘沙門堂へ。ゆっくりのんびりと秋の夜長を楽しめますよ。

散り紅葉の時期になると参道の石段は赤く染まりますので、それもまた格別です。

本堂の裏から眺める弁天堂は紅葉シーズンのベストビュー!

本堂の裏から眺める弁天堂は紅葉シーズンのベストビュー!

写真:成沢 崇

地図を見る

夜間のライトアップ期間中は、本堂や宸殿へも上がらせていただけます。
毘沙門堂屈指の撮影スポットでもある弁天堂は、もみじに抱かれて美しい光景を見せてくれます。場所は本堂の裏手。通り過ぎないように気をつけてください。

※写真は平成26年11月19日の様子です。

毘沙門堂へのアクセス

毘沙門堂へは公共交通機関ならばJR山科駅もしくは市営地下鉄山科駅、京阪山科駅から徒歩で約20分。

車なら、名神高速「京都東」インターを出て、山科駅前の旧三条通から北に入ると毘沙門堂西側に専用駐車場があります。ただし、夜間拝観の行われるライトアップ期間中は、日中のみ専用駐車場の利用が可能で、夜間拝観の時間帯は専用駐車場に停めることが出来ません。山科駅周辺にはいくつかのコインパーキングがありますので、そちらをご利用ください。
(ただし、タクシーの場合は境内まで行くことが出来ます。)

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/07/23−2014/11/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ