阿寒湖畔温泉「あかん遊久の里・鶴雅」でグルメ三昧!夕食前にお腹いっぱい!?

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

阿寒湖畔温泉「あかん遊久の里・鶴雅」でグルメ三昧!夕食前にお腹いっぱい!?

阿寒湖畔温泉「あかん遊久の里・鶴雅」でグルメ三昧!夕食前にお腹いっぱい!?

更新日:2014/11/24 14:19

北海道各地で癒やしの温泉リゾートを展開し、2014年8月には「鶴雅ビュッフェダイニング札幌」もオープンさせて人気を博している鶴雅グループ。その総本家が、道東・阿寒湖の畔に建つ「あかん遊久の里・鶴雅」です。食の宝庫・北海道で名を馳せている温泉旅館だけあり、“食”でのおもてなしは秀逸!チェックインしたその場からゲストを魅了する、鶴雅流おもてなしの数々をご紹介します。

お部屋へのご案内前に、まず一服

お部屋へのご案内前に、まず一服
地図を見る

ソファーが並ぶロビーの一角には、ドリンクバーが設けられています。代表者がフロントでチェックインし、部屋へ案内してもらう順番を待つ間、ゲストはここで好きな飲み物をチョイス。ブルーベリージュースに紅茶、冷たい麦茶が用意されていて、お子さまが喜ぶジェリービーンズも置いてあります。係の方が、爽やかなミントの香りがするお手拭も手渡してくれて、ほっと一息。到着早々、リラックスタイムに突入です。

北海道といえば、じゃがバター!

北海道といえば、じゃがバター!
地図を見る

売店横にある「お休み処」では、ふかしたじゃがいもが夕食前の時間まで自由にいただけます。北海道を代表する野菜といえば、何といってもじゃがいもですよね!バターも置いてありますので、ホクホクのじゃがバターを頬張って小腹を満たしてください。

温泉ゆでたまごやスープも♪

温泉ゆでたまごやスープも♪
地図を見る

ギャラリーロードで結ばれ、館外に出なくても行き来することができる「あかん湖鶴雅ウイングス」には、温泉ゆでたまごが作れるコーナーがあります。生たまごを鍋に入れて15分ほど待つと出来上がり!殻に名前やイラストを描くためのペンも置いてあるので、自分のものを見失わないように目印をつけておくといいですね。

温泉ゆでたまごコーナーの隣には、セルフのスープバーもあり、コンソメやコーンスープなどを楽しむことができます。夕食もまだなのに、すっかりビュッフェ気分!お楽しみの夕食前にお腹いっぱいにならないよう、加減しながら味わってくださいね。

ディナーはメインダイニング「天河」で心ゆくまで

ディナーはメインダイニング「天河」で心ゆくまで
地図を見る

広々としたメインダイニング「天河」には、和食、イタリアン、中華、韓国料理、スイーツ&デザート、ドリンクなどのコーナーがあり、どこから攻めたらいいのか迷うほど。地産地消メニューも多く、それぞれの素材、味つけ、種類、品数なども申し分ありません。「鶴雅といえばバイキング」という定評にもうなずけるでしょう。それにしても、お寿司にステーキ、ピザ、点心など、ついつい取りすぎてしまいますね。「今夜はご褒美で。ダイエットは明日から!」と自分を甘やかして、おいしくいただいちゃいましょう♪

最後に

お腹がいっぱいになったら、あとは寝るだけ・・ではもったいないですよ。お部屋での寛ぎタイムももちろん大切ですが、腹ごなしにぜひ夜も館内を巡ってみてください。良質な天然温泉の湯めぐりをしたり、ギャラリーで木彫りアートに触れたり・・・。北海道の中でも屈指の人気を誇る宿「あかん遊久の里・鶴雅」の魅力はいたるところに散りばめられています。グルメ以外のおもてなしも余すことなく満喫してくださいね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/29−2014/09/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -