世界遺産の街 ボロブドゥールで川沿いのアートハウスに泊まる

| インドネシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界遺産の街 ボロブドゥールで川沿いのアートハウスに泊まる

世界遺産の街 ボロブドゥールで川沿いのアートハウスに泊まる

更新日:2014/11/27 18:27

遠藤 まさみのプロフィール写真 遠藤 まさみ 世界遺産探検家、ホテルマニア、クラフトビア愛好家

ボロブドゥールといえば、インドネシアの世界遺産「ボロブドゥールの仏教遺産群」があり、年間を通して多くの観光客が押し寄せる街です。ジョグジャカルタからバスで2時間という利便性から、日帰りやツアーなどで訪れる人が多いのですが、ボロブドゥール寺院は絶好の朝日鑑賞ポイント、日帰りはちょっともったいないのです。

ボロブドゥールのステキなホテルで一夜を過ごして、朝日鑑賞などいかがでしょうか?

ボロブドゥールの村の奥。川沿いにたたずむアートハウス

ボロブドゥールの村の奥。川沿いにたたずむアートハウス

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

ボロブドゥールのバスターミナルからトゥクトゥクで20分。小さな村を通り抜けた最奥の、プロゴ川の川岸に「エロプロゴ アート ハウス(Eloprogo Art House)」があります。

バリ島で数十年間働いたスマトラ島出身のオーナーが、最後にたどりついたのは、ボロブドゥールを流れるプロゴ川沿いのこの地でした。画家でもあるオーナーが設計した庭や宿は当然手作り。自然の木や岩などの造形をうまく利用した、自然と見事に調和した風景を描き出しています。

トム・ソーヤーの秘密基地?自然をうまく利用したコテージ

トム・ソーヤーの秘密基地?自然をうまく利用したコテージ

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

オーナーと家族が数年かけて造り上げたというコテージは、色ガラスのアクセントが美しく、木と岩をベースにしたコンパクトながらも素朴で落ち着きのある趣きです。

お勧めは2階建てのコテージです。1階にリビングとキッチン、バスルーム(シャワーのみ)があり、2階には寝室とテラスが付いています。エアコンはありませんが、川も近いせいか常夏のインドネシアとは思えないほど過ごしやすい風が、部屋の中を通り抜けていきます。

高級ホテルのような利便さはありませんが、ホッと一息つけるような、自然に抱かれるという言葉がぴったりの環境です。

ボロブドゥールを題材にした絵画が並ぶ倉庫ギャラリー

ボロブドゥールを題材にした絵画が並ぶ倉庫ギャラリー

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

コテージから少し離れた位置に建つギャラリーには、オーナーが描いた絵画が展示され、自由に見学できます。太陽の光をうまく取り入れたギャラリー内には、ボロブドゥール寺院のレリーフを題材にした絵が並び、足元には川を連想させる緩やかに蛇行した道が、奥へ、奥へと誘います。

最奥の扉を抜けると、そこに広がるのはプロゴ川を望む庭園が。自然との調和を意識した作りには、脱帽させられるばかりです。

今なお進化し続ける庭園を散歩して

今なお進化し続ける庭園を散歩して

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

「エロプロゴ アート ハウス」の広大な庭園散策も、滞在の楽しみのひとつです。曼荼羅(マンダラ)をイメージした舞台をはじめ、岩を利用して造られたオブジェの数々が、自然と一体化するように飾られています。中には、古いバイクに植物のツタを絡ませようとする、気の長い作品もあります。次に訪れた時には、また違う風景ができ上がっているのではないか?と、そんな期待をしてしまう庭園なのです。

朝食はインドネシアのお母さんの味を

朝食はインドネシアのお母さんの味を

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

朝食はオーナーの奥さま手作りのインドネシアローカルフードをいただきます。「お任せ」なので、何が出てくるのかはお楽しみ。ボロブドゥールの地元でブレンドしたハーブティとともに、楽しんでみてください。

*食べられないものなど、事前に話をしておけばそれに合わせて調理をしてくれます。

自転車でゆっくり散策、が正解。

「エロプロゴ アート ハウス」は、各遺跡まで自転車で15〜30分と、少し離れた位置にあります。しかし、走り回る子供たちやニワトリやヒヨコなどを横目に見ながら、ゆっくりと村の中を走っているだけで、心が洗われるようなそんな気分になるでしょう。

ボロブドゥール観光と自然の両方を満喫できる、辺境の地の心豊かなホテル「エロプロゴ アート ハウス」です。

*「ボロブドゥールの仏教寺院群」の詳細は、MEMOの「ボロブドゥール遺跡(日本語)」を確認してください。

■アクセス
ジョグジャカルタ中心部からバス:ジョグジャカルタ市内の循環バスで(トランスジョグジャ)、ジョムボール(JOMBOR)か、ギワンガン(GIWANGAN)バスターミナルへ移動、そこから朝6時〜夕方5時頃まで20〜30分ごとにボロブドゥール行きのバスが出発します。所要約2時間

■エロプロゴ アート ハウスから
ボロブドゥール寺院まで:自転車で20分
パオン寺院まで:自転車で15分
ムンドゥッ寺院まで:自転車で25分

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/16−2014/09/18 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -