小田原・地球博物館で生命の起源を学び、ご先祖様に会おう

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

小田原・地球博物館で生命の起源を学び、ご先祖様に会おう

小田原・地球博物館で生命の起源を学び、ご先祖様に会おう

更新日:2014/11/27 17:20

池口 英司のプロフィール写真 池口 英司 フリーライター、フォトグラファー 日本写真家協会(JPS)会員

私たちが住む星・地球はどのようにして生まれたのか。私たち人類は、どのように進化を果たし、これからどうなっていくのか。そんな疑問に答えを与えてくれるのが、小田原市にある「神奈川県立 生命の星・地球博物館」です。ここでは地球の誕生から現在までの歴史を振り返り、地球という星と、数々の生命体がどのように関わってきたのかという壮大なドラマを、楽しみながら知ることができます。

ゆったりとした展示スペースが広がっています

ゆったりとした展示スペースが広がっています

写真:池口 英司

地図を見る

小田原市入生田(いりうだ)。箱根登山鉄道の入生田駅からすぐのところにある「神奈川県立 生命の星・地球博物館」。ここには数多くの実物大展示、美しいビジュアルを駆使して、地球誕生からの46億年の歴史と、ここに生きたさまざまな生命体の消長を学ぶことができます。写真はエントランス。この博物館のどこもがそうであるように、展示物はゆったりと配置され、さまざまな角度からゆっくりと見学することができます。

さまざまな展示物が地球の長い歴史を教えます

さまざまな展示物が地球の長い歴史を教えます

写真:池口 英司

地図を見る

2階から眺めた、1階の展示コーナーの一部です。見て解るとおり、地球に生まれたさまざまな生命体の数々が、実物大の展示で紹介されています。この中には、いまは絶滅してしまった種もあり、遥か遠い昔には、いま私たちが住んでいる同じ土の上を、これほど巨大な動物が闊歩していたという事実に改めて驚かされます。

身近な動物も数多く並んでいます

身近な動物も数多く並んでいます

写真:池口 英司

地図を見る

こちらは霊長類を紹介するコーナー。霊長類には、お猿のキーちゃんも、主任の高橋さんも含まれます。私たち人間と、いちばん身近な動物たちです。愛嬌のあるものもいれば、ちょっと怖いものもいる。なぜ、動物はこれほどまでに多岐に進化しなければならなかったのでしょう。ちょっと不思議な気持ちになります。

思わず手に取りたくなるような展示もあります

思わず手に取りたくなるような展示もあります

写真:池口 英司

地図を見る

こちらは昆虫類、それも蝶を紹介するコーナーです。まるで宝石が並べられているような展示、美しい隣人たちの姿です。昆虫の仲間にも、人間の眼から見て美しく感じられるものもいれば、そうでないものもいる。そんな神秘に足を踏み入れることができるコーナーです。可憐な姿の昆虫を見て、お土産に持って帰りたく感じる人もいるかもしれません。

巨大な展示に圧倒されます

巨大な展示に圧倒されます

写真:池口 英司

地図を見る

マンモスたち。私たちが文献などでしか知ることができない生物の姿です。恐竜やマンモスなどの巨大な生物は、隕石の衝突などによって地球の気候が激変し、絶滅を余儀なくされたというのが現在の定説となっていますが、それでもまだ彼らの生き様は、数多くの謎に包まれています。これほど大きな生き物がいたということを知るだけで、これからの動物を見る眼が、変わってくるのかもしれません。

地球の歴史をさまざな角度から学ぼう

この他にもこの博物館には、地球科学を扱ったものなど、さまざまな展示があり、地球の歴史について、知識を深めることができます。アクセスにも秀でているので、箱根への旅行の途中に立ち寄ってみるのも、お薦めのスタイルです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ