本場ベルギーでワッフルが食べた〜い!これぞツウなワッフルの楽しみ方♪

| ベルギー

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

本場ベルギーでワッフルが食べた〜い!これぞツウなワッフルの楽しみ方♪

本場ベルギーでワッフルが食べた〜い!これぞツウなワッフルの楽しみ方♪

更新日:2014/11/28 17:18

ろぼたんのプロフィール写真 ろぼたん 週末の旅人、北国グルメ推進委員会

ベルギーワッフル、実は2種類あるって知っていますか?
日本でよく食べられているのはリエージュ風。生地を押しつぶして作った外側はカリッ♪
噛むとパールシュガーがジュワッと口に広がるしっかり生地タイプ。
もう1つはブリュッセル風。軽くてサクサク!優しい食感がふんわりと香るタイプ。

本場では店舗以外にもワッフル屋台も出ていてどこも行列ができる盛況ぶり♪地元の人も大好きなワッフル、あなたの好みはどっち?

リエージュ風ワッフルは食べ歩きがオススメ!

リエージュ風ワッフルは食べ歩きがオススメ!

写真:ろぼたん

地図を見る

日本でもブームとなったことのあるワッフル。ベルギー発祥のスイーツとして有名ですよね。現地ではゴーフル(フランス語でハチの巣の意味)と呼ばれています。ワッフルの凹凸が、確かにハチの巣に似ているかも。

こちらはリエージュ風ワッフルにピスタチオアイスをトッピングしたもの。外はカリっと焼けていて、中はモチモチ。噛むとジュワ〜っと砂糖の甘みが口に広がります。日本でよく見かけるサイズより一回りは大きく、そして楕円系なものが多いのも本場の特徴です。どのお店も焼きたてを提供してくれるのでちょっとした屋台(スタンド)で買ったものでもとても美味しいです。ブリュッセル風のワッフルよりしっかりした生地なので、食べ歩きにはリエージュ風のワッフルがオススメ。

この写真のリエージュ風ワッフルはアントワープの街歩き中に食べたものです。

カフェやレストランで味わうブリュッセル風ワッフル

カフェやレストランで味わうブリュッセル風ワッフル

写真:ろぼたん

地図を見る

大きな長方形でサクサクして軽い食感が特徴のブリュッセル風ワッフル。とてもふわふわ、サクサクしているので、持ち歩きには向かないワッフルですが、本体のワッフルが甘さ控えめで軽い仕上がり。生クリームやチョコレート、アイス、フルーツなど様々なトッピングを楽しむことができます。お店では「全部のせ!」のようなトッピングでいただく人も多く、メガ盛りのクリームやフルーツとともにいただくこともできます。そこはお腹と相談して注文してくださいね♪日本ではあまり見かけないタイプですが見た目より軽くて食べやすいですよ。

この写真は世界遺産グランプラスの広場にあるカフェ「ラ・ブルエット」(La Brouette)のチョコレートソースたっぷりのアイスのせワッフルです♪

これぞツウ!粉砂糖のみ!ワッフルの生地の味を楽しんで!

これぞツウ!粉砂糖のみ!ワッフルの生地の味を楽しんで!

写真:ろぼたん

地図を見る

数多くのトッピングがあって目移りしてしまうこと間違いなしのワッフルですが、ここはあえてシンプルな粉砂糖のみのワッフルを食べてそのものの味を楽しんでみてください。
軽くてふんわりした食感がよりわかるブリュッセル風ワッフル。
味が単調と思われる方もいるかもしれませんが、このシンプルタイプは甘すぎないので焼きたてであれば、2つはいける美味しさです♪

これはブリュッセル中央駅から徒歩2分のところにある「オゥ・ゴーフル・ドゥ・ブリュッセル」(AUX GAUFRES DE BRUXELLES)のもの。店内で食べると焼きたてがいただけます。

1829年創業の老舗、ブリュッセルのベストワッフルとは?

1829年創業の老舗、ブリュッセルのベストワッフルとは?

写真:ろぼたん

地図を見る

こちらの『ダンドワ』(DANDOY)は「スペキュロース」というブラウンシュガーとスパイスの効いたクランチービスケットが有名なお店ですが、支店の2階に併設されたティーサロンでワッフルをいただくことができます。
2011年3月、フランスの『マダム・フィガロ』誌でブリュッセルのベストワッフル屋さんにも選ばれている実力派。焼きたてワッフルはテイクアウトもありますよ。

せっかくだから美味しいワッフルが食べたい!という方にオススメしたいお店なのですが、日本人観光客が多く訪れるお店なので本場らしい気分はちょっぴり薄れるかもしれません。

お安く食べたいならテイクアウト(3ユーロ前後)、落ち着いていただきたいなら店内カフェで(5〜6ユーロ前後、ただしトッピングで変わります)。
特に1階のショップはヨーロッパらしいセンスある雰囲気です。お土産にベルギーの伝統菓子を買うのもオススメですよ。

街を歩けば誰もが食べてる、みんな大好きベルギーワッフル!

街を歩けば誰もが食べてる、みんな大好きベルギーワッフル!

写真:ろぼたん

地図を見る

シンプルなもののテイクアウトであれば1ユーロから取扱いがあり、トッピングによって値段が上乗せされていくワッフル。
まさか小便小僧さんまで食べてるなんて!!(笑)

ちょっと大きな街の駅につけばワッフルを焼いているいい香りが漂ってくるベルギー。
どこで買おうかなんて悩む必要はありません。自分の嗅覚と直感を信じて、気になったお店で買い求めましょう。

あえてブリュッセルでオススメのお店をあげると、リエージュ風なら「ベルゴーフラ」(Belgaufra)というチェーン店。1950年から続く老舗です。
そしてブリュッセル風なら先ほど挙げた「ダンドワ」(DANDOY)、グランプラスの広場にあるカフェ「ラ・ブルエット」(La Brouette)をオススメします。世界遺産の広場に面したカフェでいただくワッフルも最高です♪

本場のワッフルを心行くまで楽しんで♪

ちょっとした街角にある屋台でも老舗のカフェでも楽しめるベルギーの国民食、ワッフル。
気軽にいただけるスタンドのワッフルでも焼きたてを頬張れば、さすが本場の味と納得間違いなし!リエージュ風とブリュッセル風、2種類の味と食感の違いを食べ比べたり、お好みのソースやトッピングを加えてスペシャルワッフルを作ったりして、世界一自分好みのワッフルを見つけてください♪

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/07/10−2014/07/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ