御堂筋いちょう並木の紅葉&ギネス認定のイルミネーション

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

御堂筋いちょう並木の紅葉&ギネス認定のイルミネーション

御堂筋いちょう並木の紅葉&ギネス認定のイルミネーション

更新日:2015/09/09 13:07

旅人間のプロフィール写真 旅人間 はらぺこライター、旅ブロガー

大阪市内の中心を南北に走る御堂筋は、いちょう並木が11月下旬から色付きが始め、12月上旬にかけて最大の見ごろを迎えます。この時期は御堂筋が黄色と黄金色に染まり実に見事。また2015年1月には「最も多く街路樹にイルミネーションを施した通り」として御堂筋はギネス世界記録に認定されました。晩秋から冬にかけての御堂筋は、紅葉にイルミネーションにと見ごたえ抜群ですよ♪ 大阪観光はこの時期がおすすめ!

御堂筋いちょう並木は緑から黄色へ、そして黄金色に変化する!

御堂筋いちょう並木は緑から黄色へ、そして黄金色に変化する!

写真:旅人間

地図を見る

大阪市内の大動脈でもある御堂筋は、いちょう並木が約4.2kmにわたって約950本植えられています。そして、11月中旬頃に緑から徐々に黄色っぽく変化が始まり、11月下旬頃に徐々に黄金色へと色づき、12月上旬に最大の見ごろを迎えます。
この時期になると、この周辺で働くビジネスマンやOLさんたちもランチタイムに「ちょっと御堂筋を歩こうか」と、普段よりも更に賑わいを見せてくれます。まさに、この時期が大阪を観光するベストシーズンの一つと言って良いでしょう。

まるで黄金色に輝くじゅうたん!

紅葉の時期になると、メイン道路と側道の間は「いちょうの葉」でギッシリと埋め尽くされます。黄色のじゅうたんを敷き詰めたような光景は、太陽が差し込むと一気に輝き始め、黄金色に変化を始めます。これがなかなか美しい!
少し強い風がビューと吹いたり、車が通り過ぎると、まるで花吹雪のように黄色い葉が舞い、気が付けば足元には沢山の落ち葉が集まっていることも。この時期の御堂筋は、上も下も黄金色に変化し、晩秋の風景を楽しませてくれます。

まるで黄金色に輝くじゅうたん!

写真:旅人間

地図を見る

この季節の御堂筋はパリの景色に似ているとも・・・

晩秋から冬にかけての御堂筋は、パリの風景に似ているとも言われます。かつて大阪市長が、側道を閉鎖して自転車専用レーンを作り、歩道を幅広くさせオープンカフェや路上イベントなどの誘致を本格的にし、「パリのシャンゼリゼ通りのようなストリートにしたい」と発表した事が話題となりました。実際にはどのようになっていくのかは分かりませんが、歩行者と自転車の問題もありますので、将来的に御堂筋はより美しく変化するかもしれません。

御堂筋のイチョウ並木は、1937年に御堂筋の完成と共に植えられたもので、現在は大阪市の指定文化財にも指定されています。

この季節の御堂筋はパリの景色に似ているとも・・・

写真:旅人間

地図を見る

ギネス世界記録に認定!御堂筋のイルミネーション

いちょう並木が色を変え、その美しさが最高潮を迎える頃、御堂筋のイルミネーションも始まります。黄色のいちょう並木に、ピンク、黄色、白、青など4色のイルミネーションが煌々と輝き、この時期に御堂筋を歩くと「さすが大阪」と思わず言ってしまうような独特の色使いに、見応えを感じることでしょう。

難波から梅田までに渡る「御堂筋イルミネーション」は、2015年1月に「最も多く街路樹にイルミネーションを施した通り」としてギネス世界記録に認定されました。
この季節の御堂筋は、紅葉だけでなく夜も見ごたえ抜群です。イルミネーションを見て回る場合は、御堂筋から中之島方面に向かうとマッピングも見られますのでおすすめですよ。

ギネス世界記録に認定!御堂筋のイルミネーション

写真:旅人間

地図を見る

御堂筋のいちょうは12月上旬が見ごろ!

大阪の紅葉は11月中旬から下旬にかけて見頃のピークが多いですね。ところが御堂筋のいちょうに関しては、他の地域に比べ少し色づきが遅い傾向があります。
場所やその年によって前後はありますが、12月上旬が一番の見ごろの場合が多いですよ。イルミネーションが始まる時期にあわせて行ってみると良いでしょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/28−2014/11/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ