巨大アヒルは大阪好き?ラバーダックに会いに冬の中之島へ!

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

巨大アヒルは大阪好き?ラバーダックに会いに冬の中之島へ!

巨大アヒルは大阪好き?ラバーダックに会いに冬の中之島へ!

更新日:2014/12/02 15:56

けいたろうのプロフィール写真 けいたろう 関西系フードアナリスト

旅行好きの黄色い彼がまた日本にやってきます。彼というのは、世界を旅する巨大アヒルのラバーダック。いわゆるお風呂に浮かべるアヒルちゃんなのですが、高さ9.5mととにかく巨大。
2007年に旅行を開始、これまでにヨーロッパ、北南米、オセアニア、アジア、中東と世界各地を巡り、世界中にファンがいます。

そんな彼が、2014年の冬に再び日本に登場です。

ラバーダックはドコに現れる?

ラバーダックはドコに現れる?

提供元:flickr_photo by hiromitsu morimoto

https://www.flickr.com/photos/hetgacom/3911419117/地図を見る

超巨大ラバーダックが現れるのは、大阪の中之島対岸の、ほたるまち。中之島で行われる『中之島ウエスト・冬ものがたり2014』というイベントに登場します。2009年のイベント時に初上陸以降、これまでにも毎年のように大阪の中之島を訪れ、大阪のクリスマスの風物詩になりつつあります。

【アクセス】
京阪中之島線の終点の『中之島駅』で下車。京阪本線では中之島には行かないので、京橋か天満橋で、中之島線への乗り換えが必要となります。

【イベント開催期間】
2014年12月15日(月)〜2014年12月25日(木)

ラバーダックはいったい何者?

ラバーダックはいったい何者?

提供元:flickr_photo by Yusuke Morimoto

https://www.flickr.com/photos/ymorimo/3952324270/地図を見る

ラバーダックの生みの親は、オランダ人芸術家のフロレンティン・ホフマン氏。芸術オブジェでありながら、美術館などではなく公共の場所に現れ、川や海をお風呂と勘違いしプカプカと浮かんでいます。

巨大なアヒルが浮かんで川に浮かんでいる光景は、知っていて見に行っても実際に自分の目で見ると思わず感動してしまいます。

そもそもなぜアヒル?

そもそもなぜアヒル?

提供元:flickr_photo by hiromitsu morimoto

https://www.flickr.com/photos/hetgacom/3937061524/…地図を見る

そもそも彼はなぜアヒルなのでしょう?その理由は、作者のフロレンティン・ホフマン氏によると、『ラバーダックは年齢や人種に関係なく、子供のころの記憶や、思い出を思い起こさせ、幸せや喜びの象徴でもある』とのことらしいです。
確かに彼の愛らしい姿を見ると、誰しも思わず頬が緩んでしまい、悩みごとや争いごとがどうでもよくなってしまいます。

小さいのも色々いるぞ

小さいのも色々いるぞ

写真:けいたろう

地図を見る

とにかく巨大な彼ですが、小さい彼も各種取り揃えられています。展示場付近では、公式グッズが販売されています。

また中之島西側のエリア内の6ヶ所に展示されている、ミニサイズのラバーダックを巡る『ミート・ザ・ラバーダック』というスタンプラリーも開催され、スタンプを集めると抽選でラバーダックグッズなどが当たる企画も実施されます。
ミニサイズといってもかなり大きいので、こちらも必見です。

イルミネーションとラバーダック

イルミネーションとラバーダック

写真:けいたろう

地図を見る

中之島ウエスト・冬ものがたり2014では、光と噴水と音楽が織りなす『中之島ウォーターファンタジア』というエンターテイメントショーが行われ、その中に彼も登場します。
昼間の太陽の下で見る彼は可愛さ100%ですが、ライトアップされるとまた違った魅力を醸しだします。

寒さ対策はお忘れなく

中之島ウエスト・冬ものがたり2014では、ラバーダック以外にも、多くのイベントが用意されていて、中之島の西側が音楽とイルミネーションに包まれることになります。
イルミネーションを見る際の常として、寒さ対策を万全にして、イベントをゆっくりと堪能して下さい。

どうしても寒いと言う方は、会場近くのカフェ『堂島リバーフォーラム CAFE』というお店からイルミネーションを堪能するという裏ワザも。
デートにも使えるようなオシャレなこちらのお店は、川側を向いた席も多く運が良ければ、ラバーダックもイルミネーションもバッチリ見られます。暖かい店内から眺める光景は最高の贅沢となるはずです。

【堂島リバーフォーラム CAFE】
住所: 大阪府大阪市福島区福島1-1-17 堂島リバーフォーラム 2F
TEL: 06-6341-0020

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/09/12−2013/12/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ