地上173mで過ごすクリスマス!大阪梅田「空中庭園展望台」

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

地上173mで過ごすクリスマス!大阪梅田「空中庭園展望台」

地上173mで過ごすクリスマス!大阪梅田「空中庭園展望台」

更新日:2014/12/08 13:55

ソリに乗ってサンタクロースが世界中を飛び回るクリスマス。目をこらせばそんな風景が見られるかも?!

聖なる夜は地上から離れ、大阪梅田にそびえたつ高さ173mの天空の庭園展望台から、満天の星空に目をこらしてみませんか。もしかしたらあなたの願いを叶えるサンタに出会えるかもしれません。

空中庭園展望台はクリスマス仕様に様変わり

空中庭園展望台はクリスマス仕様に様変わり
地図を見る

梅田スカイビルでは、11月14日から「空中庭園Xmas」としてすべてがクリスマス仕様に様変わり。

40Fのシティー・ビューには、恋人たちのための特等席「エスカルゴキャビン」とともに、星形オーナメントで飾り付けられたホワイトクリスマスツリーが設えてあり、間接照明の暖かな光がフロアを優しく照らしなんともロマンチック。

変貌していく大阪駅周辺の煌めくイルミネーションを眺めることができます。

星形オーナメントに願いをこめて…

星形オーナメントに願いをこめて…

さらにクリスマスシーズンには、展望台フロアに複数本のホワイトクリスマスツリーが登場します。

展望台に入場する際、写真のような星形オーナメントを渡してもらえるので、ここに願いを書きこみクリスマスツリーに飾ることが出来ます。

筆記用具は展望台に設置されたワークスペースに用意されているので、一つ何か星に願いをこめてみませんか。

ハートロックもクリスマス限定バージョンに

ハートロックもクリスマス限定バージョンに

空中庭園展望台は、恋人の聖地に指定されています。ここでは、愛を誓う恋人たちが、展望台にある誓いのフェンスにハート型の鍵をロックすることで、その愛もロックされるとか…。

このハート型の鍵「ハートロック」もクリスマスシーズンには限定バージョンに様変わり。通常は金色ですが、真紅のハートロックはまるで誓いを捧げた心臓のよう。

自分たちの名前や記念日をレーザー刻印してもらえ、二人だけの鍵がもらえます。

レーザー刻印には15分程度かかるので、ハートロックをしたい人はちょっと余裕をもっておいた方がベター。

恋人の聖地のシンボル「ハート型フォトスポット」もクリスマス仕様

恋人の聖地のシンボル「ハート型フォトスポット」もクリスマス仕様
地図を見る

恋人の聖地に指定されたスポットには、必ずハート型のモニュメントなどが設置されているのですが、空中庭園展望台にはハート型フォトスポットが用意されています。

フォトスポットの前には、カメラを置いて二人で写真を撮れるように配慮もされているのですが、このフォトスポットもクリスマスデコレーションがされています。

クリスマスデートの記念に一枚撮ってみるのもおすすめです。

星空が足元にも…ルミスカイウォークの展望台

星空が足元にも…ルミスカイウォークの展望台
地図を見る

全長122mの屋上回廊に足を運ぶと、そこは360度のパノラマビューが広がる見事な夜景スポット。ふと足元をみると、そこは青や緑の蓄光石がちりばめられており、キラキラと輝いてまるで星空の中にいるよう。

もちろん見上げれば本物の満天の星空が広がっています。そりを走らせるサンタクロースを見つけられるかも?

12/20〜25はクリスマス特別延長営業をしています。通常22:30までですが、この時だけは深夜24時まで営業しており、ゆったりとスカイラウンジレストランでクリスマスディナーを楽しんだ後でも訪れることができます。

ちなみに、空中庭園展望台の見どころはもちろん夜景だけではありません。日本夕日百選にも選ばれており、高層ビルや淀川をオレンジ色に染め上げるマジックアワーは、ごちゃごちゃした大阪の知られざる美しさをあなたに教えてくれるでしょう。

日没時間をチェックして、夕食の前に訪れてみるのもおすすめです。(ただし人気スポットのため入場に時間がかかることもあるので、少し早めに行かないと並んでいる間に真っ暗になることも…!)

最後に

特別な夜には特別な場所で特別な人と過ごしてみたい。そんな願いを叶えてくれる梅田スカイビルの空中庭園展望台。

恋人の聖地に選ばれているだけあって、きらりと光るロマンチックな演出が盛りだくさん。

聖なる夜は、星空に近い場所で過ごしてみませんか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -