モノづくりの町・広島県尾道市で〜特別な傘を作りませんか?

| 広島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

モノづくりの町・広島県尾道市で〜特別な傘を作りませんか?

モノづくりの町・広島県尾道市で〜特別な傘を作りませんか?

更新日:2014/12/08 16:14

村井 マヤのプロフィール写真 村井 マヤ 中国・九州文化的街並探検家

尾道と言えば、今やサイクリングや映画、古民家再生、芸術家の町、坂の町、寺の町、猫の町など・・。そんな素敵な町尾道は、モノづくりの発信基地でもあります。例えば、「尾道帆布」「尾道デニム」など、素敵なモノづくりをしています。実は、備後地方は世界に誇れるデニムの生産地。素敵なお店も沢山あるんです。そんなモノづくりの町・尾道で、観光がてら箪笥の肥やしになっている着物や思い出の着物で、日傘を作りませんか?

着物を素敵にリメイク!日傘を作りに竹原商店へ

着物を素敵にリメイク!日傘を作りに竹原商店へ

写真:村井 マヤ

地図を見る

尾道駅の北口は、山手側で寺巡りをするのに便利なんです。映画のロケ地としても有名な土堂小学校、にぎり仏作りや平田玉蘊(ひらたぎょくおん:1787-1855、女流美人画家で頼山陽の恋人だった人)の墓のある持光寺にも便利です。アクセスも非常に良いので、遠方から来られても便利なんですよ。

その尾道駅北口で、着物で日傘を作っているご夫婦がおられます。傘作りは、お二人で分業されているとか。大変な評判で、実は今、1年3か月待ちなんです・・?!すごい人気ぶりですよね・・。

おばあ様や親しい方の着物を素敵な傘として甦らせる・・

おばあ様や親しい方の着物を素敵な傘として甦らせる・・

写真:村井 マヤ

地図を見る

写真が着物で作った傘なんです。着物の柄や色合いによってすごく素敵な傘になるんですよ・・。

着物だと傘が2本、羽織だと1本作れますよ。お値段なんですが、裏地を付けると4500円ですが、裏地なしで3500円です。これは高いのか安いのか・・。価値観は人それぞれですが・・。二階の作業部屋にある沢山の傘や箱の山・・。すべて送られてきたもの。写真の傘は、ほぼ出来上がりで、あとは「手元(柄)」を付けたり仕上げに取り掛かるだけ・・。

パッチワークみたいに違う布を合わせても素敵!

パッチワークみたいに違う布を合わせても素敵!

写真:村井 マヤ

地図を見る

写真は、絣の着物を4枚くらい合わせて作ったもの。素敵ではありませんか?
お客様によっては、法要に間に合わせて作りたいと言われたりするそうです。そんな時、4枚の着物で8本の傘ができますから、従妹同士、姉妹で分け合う時などは、こんな感じに作るのも喧嘩しなくていいかも・・ですよね。

依頼主によっては、着物柄の配置、手元はこんな風にと指定してこられる方もいるそうです。

竹原ご夫妻が、一番神経を使うのは生地に鋏を入れる時。一度切ったら取り返しがつかないからなんです。

布と布をつなぐ時に、柄が合うように縫うのも難しいそうです。また、染めの着物より織の着物は扱いが難しく、紬生地もまた難しいのだとか。でもご夫妻はプロですから、少々難しくても素敵に仕上げて下さいますよ。

あなただけの素敵な傘を尾道から・・

あなただけの素敵な傘を尾道から・・

写真:村井 マヤ

地図を見る

写真は、手元と言われる柄の部分です。現在では、こんな素敵な手元などの材料を揃えるのにご苦労されています。
どこの職人さんも後継者不足で、木の手元などを集めるのが大変でお金もかかるそうです。それでも決まった金額で傘を作って下さるのですから、我慢して待ちましょうね。

竹原ご夫妻は、依頼主から着物が入った箱が届き中の着物を見て、すぐに手元がピンと来ることもあれば、どんなのが合うかな?と思う時もあるとか・・。

大変な仕事で、休みも基本なくお客さまが来られた時が休みなんだとか・・。昔は夜中の2時くらいまで作業をしていたそうですが、ご夫婦ともに70代となった今は体調と相談しながら傘作りをされています。お子様たちはみなさん独立され、傘作りはご夫婦で終わりなんだそうです。

こんな素敵な取り組み続けて欲しいものですよね・・。
着物は、昔の物から新しい物まで、本当に同じものってないのだそうです。そうそう、浴衣でできた傘も素敵。着物だけではなく、洋服の生地での依頼も受けていただけます。

着物好きなら、なお楽しめるオリジナル日傘!

着物好きなら、なお楽しめるオリジナル日傘!

写真:村井 マヤ

地図を見る

写真は織の着物ですが、縞模様のような柄は内側だけで外側は無地なんですよ。着物によってはこんな仕上がりになって楽しませてくれるものも・・。

昔の銘仙で作られた傘は光沢があって、これはまた新しい感じがします。

奥様は、わざわざ尾道まで着物を持って依頼に来られるお客様に「交通費もかかるし、送ってくださったらいいのに」と言われるそうですが、尾道観光もしたいし、やはりどんな仕上がりか見てみたいというお客様も少なくないのだとか。実際、傘を何本も見ているとワクワクしゃちゃいますよ♪

竹原ご夫妻も「作っているときは、楽しい」、どんな仕上がりになるか?ワクワクするとのこと。「わあ、もったいない!」と思う着物もあるそうです。でもこの模様や色合いならどんな傘になるんだろう?と思って、手元はこうしようああしようなど、試案しながら作業することに仕事の面白さを感じていらっしゃいます。
また、出来上がった製品をお客様に送ると、必ず大変感激されるそうで、それもまた嬉しく、喜んでもらえたら幸せと仰います。素敵な仕事!

そんなお二人に傘を作ってもらいたいですよね〜(*^_^*)

素敵な贈り物にも・・あなただけの特別な傘も・・思い出も

遠方なら、わざわざ、尾道に行かれなくても傘作りの依頼は宅配便で可能ですが、大阪や広島など比較的近くでしたら、尾道観光の際にぜひ立ち寄ってみてください。
宅配便でお願いするのが便利でしょうが、一度尾道に出かけてみませんか?突然訪ねるとびっくりするかもしれませんが、どんな傘があるのか見せてもらったり、沢山ある手元を見せてもらって自分仕様の日傘を作るのも素敵ですよ。

尾道は着物が似合う町。着物姿で尾道散策をしに行っても楽しいでしょう♪

◆洋傘製造 竹原商店◆
〒722-0032 尾道市西土堂町1-7
電話:0848-23-3270

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -