長野オリンピック記念アリーナと記念展示室のある「エムウェーブ」へ

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

長野オリンピック記念アリーナと記念展示室のある「エムウェーブ」へ

長野オリンピック記念アリーナと記念展示室のある「エムウェーブ」へ

更新日:2013/01/04 12:09

高橋 しゅうのプロフィール写真 高橋 しゅう 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

「エムウェーブ」は1998年の長野オリンピックの際にスピードスケート会場となった施設です。現在も本格的な施設として全日本のスケート選手権等の公式大会が行われています。
観客席からはアリーナを見学することができ、冬期間の一般開放日には滑走することもできます。
また施設内には長野オリンピックを記念した展示室が公開されていて、当時を振り返ってみたり、オリンピックに関して知識を深めることができます。

オリンピック記念展示室であの感動をもう一度

オリンピック記念展示室であの感動をもう一度

写真:高橋 しゅう

地図を見る

エムウェーブの正式名称は長野オリンピック記念アリーナとなります。施設にはスケートリンクの他にオリンピック記念展示室があり、以前はオリンピック記念館として有料の施設でしたが、現在は無料で一般に公開されています。(但し、公開日が決まっています。)展示室では長野オリンピック及びパラリンピックについての紹介や、冬季オリンピック関連の展示をしています。

入口に設置されている大型モニターでは、閉会式でも流れた「WAになって踊ろう 〜イレ アイエ〜」の歌に合わせて映像が流れたり、スキージャンプラージヒル団体での金メダル獲得のシーン等の模様が放映され、当時の感動の場面がよみがえります。

オリンピックの競技や活躍した選手についての紹介

オリンピックの競技や活躍した選手についての紹介

写真:高橋 しゅう

地図を見る

長野オリンピックで競われた種目や、活躍した選手についてパネルや人形を使って紹介していて、当時のことを思い出したり、選手のエピソード等を知ることができます。

また、スキージャンプやスピードスケートを選手の目線で疑似体験できる映像コーナーや、ボブスレーに乗ってのシュミレーション体験を楽しむことができるコーナーもあります。

オリンピックには欠かせない 金・銀・銅のメダル

オリンピックには欠かせない 金・銀・銅のメダル

写真:高橋 しゅう

地図を見る

長野オリンピックで選手に贈られたメダルも展示されています。金・銀・銅のメダルのそれぞれには、裏面に木曽の職人によって手作りされた蒔絵が施され、美しいメダルとなっています。(写真はメダルの表面ですが、裏面も見ることができます。)

触れることはできませんが、普段見ることの無いオリンピックのメダルをここで見ることができます。その他にも、記念硬貨や多彩なバッジ等も展示されています。

触れて実感できる展示もあります。

触れて実感できる展示もあります。

写真:高橋 しゅう

地図を見る

展示物の中には一部触ることができるものがあり、その一つに聖火リレーで使われたトーチがあります。

オリンピック前に聖火ランナーがトーチを持って各地を走り、開会式会場に運ばれるものですが、実施に持ってみると重みがあります。重さが1.3kgのトーチは片手で持つことはできますが、片手で持続して持っていると結構大変だと感じました。

その他にも、カーリングに使う20kgのストーンを持ち上げてみたり、スピードスケートに使う靴の仕組みをみたり、競技に使うスキー板等に触れることができます。

アリーナの見学やスケートリンクの滑走もできます。

アリーナの見学やスケートリンクの滑走もできます。

写真:高橋 しゅう

地図を見る

エムウェーブ内の観客席から、オリンピックにも使われた施設を見ることもできます。長野オリンピックの際には、このスケートリンクで清水宏保選手が金メダルを獲得し、岡崎朋美選手が銅メダルを獲得しました。

そのオリンピックでも使われた施設は見るだけではなく、一般にスケートリンクも公開されていて、実際に滑走を楽しむことができ、貸靴も揃っていますので気軽に利用できます。尚、スケートリンクの開設は10月上旬〜3月上旬の期間になります。


長野オリンピックから14年以上が経過していますが、ここでは当時の様子を思い出しながら、オリンピックについて知ることができます。またバンクーバー等の他の開催地についての展示もあり、冬期オリンピック全般について知識を深めることができます。
そして、スケートのできる方はこの機会に本格的なスケートリンクでの滑りを楽しんでみてはいかがでしょうか。


長野オリンピック記念アリーナ(エムウェーブ)

オリンピック記念展示室

公開日 :土曜日・日曜日・祝日 ※年末年始、一部の大会日を除く
     ※詳細はエムウェーブのサイトにて確認下さい。
公開時間:午前10時〜午後5時
入館料 :無料
     ※平日の展示室は未公開ですが観客席からアリーナ見学は一部日程を除いて可能です。

スケートリンク

営業日及び営業時間:エムウェーブのサイトにて確認下さい。
滑走料金:大人1,500円 中学生以下800円 
     平日は割引料金 大人800円、中学生以下400円
     貸靴料金 600円

アクセス:長野駅より須坂・屋島行の路線バスにて約15分、エムウェーブ前下車
     車の場合は、上信越道の須坂・長野東インターチェンジから約5分

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/12/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -