グルメな都市香港!空港内の「茶餐廳」で香港の味を最後まで味わい尽くす

| 香港

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

グルメな都市香港!空港内の「茶餐廳」で香港の味を最後まで味わい尽くす

グルメな都市香港!空港内の「茶餐廳」で香港の味を最後まで味わい尽くす

更新日:2015/01/30 17:27

香港は観光だけでなくグルメも楽しめる魅力的な街。香港グルメを旅の目的とする方も多いでしょう。実は、空港で帰国便のチェックインを終えてから最後にもう一度香港の味を堪能できる店があるのです。

それが今回ご紹介する「香港風情」という「茶餐廳(チャーチャンテン)」。茶餐廳とは、街のあちこちで見かける小さな食堂のこと。サンドイッチから麺、飯、スイーツ、飲み物まで、香港ローカルB級フードが勢ぞろいです!

香港国際空港内に登場した茶餐廳「香港風情」

香港国際空港内に登場した茶餐廳「香港風情」
地図を見る

レストランの西洋化と画一化が進み、姿を消しつつある茶餐廳ですが、ディープな香港を味わうなら絶対に足を運びたい場所です。

香港旅行中に足しげく通った人も、入る機会がなかった人も、空港でラストチャンス。香港国際空港第二ターミナルにある香港風情は、古き良き香港の茶餐廳食を味わえる貴重な存在です。

空港ビルのオープンスペースに作られた店には、残念ながらボックス席はありませんが、その分テーブル席はたっぷり。観光客たちよりも空港スタッフたちの姿が目立っていることこそが、香港の味が食べられる証拠です。

代表的な茶餐廳食「焼きそば」

代表的な茶餐廳食「焼きそば」
地図を見る

焼きそばは日本にもありますが、香港の焼きそばは味も麺も違っています。オイスターソースを使ったその味わいは、濃厚なようで実はあっさり。

また、茶餐廳の焼きそばは多くの場合ベジタリアン仕様。野菜中心となっています。見た目よりもヘルシーなのかな?と思いながら食べ終えると、皿の下にたまった油を見てびっくりすることもありますが、これも香港テイスト。

テーブルに置かれた「黒酢」をかけて食べるとさらにあっさりしておいしくなります。また、「辣醬」は具入り辣油。塩味もきいた食べる辣油といった感じで、辛いもの好きにおすすめ。ただ、辛さは段違いなので加減して使いましょう。

代表的な茶餐廳スイーツ「フレンチトースト」

代表的な茶餐廳スイーツ「フレンチトースト」
地図を見る

パン食の代表は「フレンチトースト」。香港のフレンチトーストは、本場のものとも日本のものとも味も見た目も違います。

香港のフレンチトーストの特徴を一言でいうと「濃い」のです。2枚重ねのパンの間にはピーナッツクリーム、パンはバターで両面しっかりと揚げられています。さらに上からバターや蜜をたっぷり。さらに粉砂糖がかかっている場合もあります。甘くて脂っこいフレンチトーストは、胸焼けを起こしそうなほどですが、これがなぜかクセになるのです。

代表的な茶餐廳ドリンク「ミルクティー」

代表的な茶餐廳ドリンク「ミルクティー」
地図を見る

香港で最も愛されるドリンクが「ナイ茶」と呼ばれるミルクティー。ミルクで煮出した紅茶で、渋みを感じるほどの濃厚なミルクティーですが、そこへたっぷりの砂糖や蜜を加えて飲みます。

香港では近年、台湾系のミルクティーショップが台頭していて、香港らしいナイ茶を扱う店が減っていますが、ここ香港風情ではまだ濃く渋いナイ茶が飲めます。ホットでもコールドでもおいしいのですが、氷を加える分、コールドのほうがあっさりしています。

セットは本当にお得?

セットは本当にお得?
地図を見る

香港人はセットが大好き。単品と価格を比較して、実際にさほどお得になっていなくても、セットを選ぶ傾向があります。

茶餐廳でもセットが大集合。単品ももちろんあり注文できますが、オーダーしたものと似たようなセットがあると、店員たちは強行にセットの方を勧めます。もちろん親切心からですが、断るのが大変なほど。

セットの多くは午前、ランチ、午後、夜などの時間別に組まれていますが、茶餐廳の場合は、麺や飯とドリンク、またはパンや点心などの軽食とドリンクのセットが大半です。価格は30〜40HKドルくらい。

セットの多くは一見するとお得に見えますが、実は単品メニューよりも量が少なかったりするので曲者。

茶餐廳でオーダーする時は、周囲の香港人が食べているものをよく観察してからにしましょう。

最後に

香港の街中でも見かけることが減ってきた茶餐廳。とびぬけておいしいものがあるわけではありませんが、昔から香港人が食べてきた、今ではちょっぴり懐かしい気分さえする、シンプルな食事や飲み物を味わえます。

香港滞在最後の食事やおやつには、ファストフードや和食や多国籍料理ではなく、香港国際空港にオープンした貴重な茶餐廳「香港風情」で、香港ならではのディープでチープな味を味わってみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ