レアな狛ねずみがいる!京都「大豊神社」を子年にお参りしよう

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

レアな狛ねずみがいる!京都「大豊神社」を子年にお参りしよう

レアな狛ねずみがいる!京都「大豊神社」を子年にお参りしよう

更新日:2019/07/02 15:20

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

京都の大豊神社は全国的にも珍しい「狛ねずみ」がある神社。人気スポット「哲学の道」沿いにあり、普段は静かな神社ですが子年になると多くの参拝客で賑わいます。そんな大豊神社は実は狛ねずみ以外にも色々な動物がいるのだとか・・・?

哲学の道にほど近い大豊神社

哲学の道にほど近い大豊神社

写真:bow

地図を見る

京都の「哲学の道」といえば琵琶湖疎水の分線に沿った遊歩道で、付近には銀閣寺や法然院、永観堂など有名寺院が数多く点在。春には桜が舞い、秋は紅葉も美しい京都でも屈指の人気を誇る観光スポットといえます。

哲学の道にほど近い大豊神社

写真:bow

地図を見る

その総延長は1.5kmにも及ぶ哲学の道。その南端に近い鹿ケ谷にあるのが「大豊神社」です。ちょうど哲学の道を参道がまたぐようにあるので、普通に歩いていれば簡単にわかるハズ。

哲学の道にほど近い大豊神社

写真:bow

地図を見る

京都の神社ではマイナーであり、知る人ぞ知る神社でもあった大豊神社ですが、近年では狛犬ならぬ「狛ねずみ」がいる神社として有名になってきました。

大豊神社とその歴史

大豊神社とその歴史

写真:bow

地図を見る

大豊神社の創建はなんと平安時代初期の887年。宇多天皇の病気平癒を願い、尚侍である藤原淑子が勅命を奉じた勅願社であり、医薬の祖である少彦名命(すくなひこなのみこと)を祀ったものが起こり。

大豊神社とその歴史

写真:bow

地図を見る

創建当初は背後にある山、椿ヶ峰にありましたが平安時代中期になると現在の場所に移されました。椿ヶ峰はその名の通り椿が多く、現在も大豊神社は椿の名所としても知られています。

大豊神社とその歴史

写真:bow

地図を見る

ご祭神は少彦名命以外にも勝ち運の神・応神天皇、学問の神・菅原道真も本殿に祀られており、大豊神社は地域の産土神(鎮守)として信仰をあつめています。

狛ねずみは末社の「大国社」に

狛ねずみは末社の「大国社」に

写真:bow

地図を見る

大豊神社で人気の狛ねずみは本殿の右手にある末社「大国社」にあります。なぜ大国社に狛ねずみが置かれているのかというと、大国主命の神使がねずみであることから。古事記には大国主命の危機をねずみが救ったと記されています。

狛ねずみは末社の「大国社」に

写真:bow

地図を見る

どこかユーモラスな狛ねずみの表情も人気の秘訣。向かって右手の阿形の狛ねずみは手に巻物を持っていて、学業成就のご利益が。

狛ねずみは末社の「大国社」に

写真:bow

地図を見る

左手の吽形の狛ねずみは水玉(酒器)を持っています。こちらは無病息災や子孫繁栄にご利益があるとされています。非常に愛らしい狛ねずみたちは観光客に大人気!

近年まではここ大豊神社が狛ねずみのある日本唯一の神社だったそうですが、その人気にあやかろうと同じ大国主命を祀る神社で狛ねずみを設置したケースも!

狛ねずみだけじゃない大豊神社

狛ねずみだけじゃない大豊神社

写真:bow

地図を見る

大豊神社は狛ねずみ以外にもちゃんとした狛犬もあります。そしてそれだけでなく、末社の日吉社には狛猿も鎮座!比叡山の麓にある日吉大社は京都の鬼門を守る守護神。その神の使いは猿で「神猿(まさる)」と呼ばれ、何よりも勝る、魔が去るという魔除けの象徴なのです。

狛ねずみだけじゃない大豊神社

写真:bow

地図を見る

狛ねずみと並んでレア度が高いのが末社「愛宕社」にいる「狛鳶(とび)」でしょう。愛宕神社は和気清麻呂の創建で猪が神使とされますが、ここでは愛宕山の天狗が鳶帽子をかぶっていることから鳶を神使として像を建てたそう。

狛ねずみだけじゃない大豊神社

写真:bow

地図を見る

さらにはねずみの天敵であろう蛇までいるという大豊神社。本殿の脇に奉納された狛蛇は金運のご利益を願って参拝を!他にも境内には稲荷社もあるので狛狐もいるなど、探せば何やらいろいろな動物たちがいる神社なのです。

大豊神社そのほかの見どころ

大豊神社そのほかの見どころ

提供元:acworks/写真AC

https://www.photo-ac.com/地図を見る

大豊神社は椿の名所で知られますが、樹齢300年を超えるとされる見事な枝垂れ紅梅があることも見逃せません。開花時期は3月末頃とかなり遅咲き。そのため本殿を挟んだ反対側にある枝垂れ桜と同じタイミングで咲くこともあり、見事な光景となるのです。

大豊神社そのほかの見どころ

写真:bow

地図を見る

そして本殿の手前にある大きく平らな石は「良縁・招福の石」。腰かけるもよし、触れてもよしでご利益を得ましょう。そしてその後方に転がる2つの丸い石が少し気になるところ。神職の方に聞いたところちゃんとした由緒は不明だとのことですが、とにかく縁結びにご利益のある石なのだそう。良縁を願う方はぜひこちらの丸い石もお忘れなく。

大豊神社そのほかの見どころ

写真:bow

地図を見る

狛ねずみで有名な大豊神社だけに、ねずみに関する授与品も揃っています。オススメはおみくじ付の狛ねずみ。可愛くて置物にもピッタリ。色も白だけでなく数種類ありますよ。また可愛い狛ねずみのお守りもオススメです。また近年のご朱印ブームをうえ、新たに3種類のデザインが揃っていてこちらも人気となっています。もちろんねずみモチーフのデザインもあり!

そんな大豊神社は狛ねずみをはじめとする、カワイイ動物たちとも出会える京都でも珍しい神社のひとつ。2020年、子年の京都を訪ねるならばここは外せませんよ!

大豊神社の基本情報

住所:京都府京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1
電話番号:075-771-1351
アクセス:京都市バス「宮ノ前」下車徒歩約5分、「東天王町」下車徒歩約10分

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/06/20 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -