冬だからこそ行く!山形の豪雪地・舟形町でぬくもりに触れる

| 山形県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

冬だからこそ行く!山形の豪雪地・舟形町でぬくもりに触れる

冬だからこそ行く!山形の豪雪地・舟形町でぬくもりに触れる

更新日:2015/01/08 14:01

神山 かなえのプロフィール写真 神山 かなえ 地域研究家

山形県の内陸北部に位置する舟形町は、県内でも有数の豪雪地帯です。12月の半ばから3月にかけては、2メートル以上の雪が積もります。田んぼが多いなかで、かつて、冬場は草鞋や俵編みなどのワラ細工が盛んでした。伝統ある長沢和紙が残る町でもあります。雪深いからこその文化や、感動があります。今回は、冬ならではのお楽しみや、観光スポットをご紹介します!

冬にしか出会えない!夕日にきらめく小国川

冬にしか出会えない!夕日にきらめく小国川

写真:神山 かなえ

地図を見る

舟形町を東西に流れている小国川では、天然鮎がとれ、夏は鮎釣り場として多くの人が訪れます。太公望たちでにぎわう川も、冬はしんと静まりかえり、水は冷たく深い色をたたえてとうとうと流れています。ほとんど太陽のでない冬に、晴れ間があらわれた瞬間の小国川の美しさは、いいようもないです。町内にある、若あゆ温泉へ向かう道の橋場からの眺めはとくに絶景です。

朝早く起きたときの、とっておき「かた雪渡り」

朝早く起きたときの、とっておき「かた雪渡り」

写真:神山 かなえ

地図を見る

3月ごろの早朝、固くしまった雪の上を歩くことができます。ふだんは、田んぼがひろがる広い地を思う存分、走り回ることができます。ただただ、どこまでも広がる真っ白い平地を歩けます。雪が部分的に溶けて、田んぼがのぞいてる光景もまた神秘的です。樹氷もあらわれ、つららもきれいに下がり、まさにこの時期、この時間だけのとっておきです。町内はどこにでも田んぼがありますので、広大な白い平地があれば、田んぼの上と思ってよいです。子供になった気分で、ぜひ味わってくださいね。

高地でとれた、かむほどに味わい深い蕎麦

高地でとれた、かむほどに味わい深い蕎麦

写真:神山 かなえ

地図を見る

「普通はおそばといえば、つるつるっとすすって食べますけど、うちのはたくさんかんで食べてほしいそばなんです。」と話すのは、そば処大ノ家(だいのいえ)の店主。そば好きが高じて、ついにはそば屋を開くまでに。その通り、コシのあるそばは、かめばかむほど香りが口にひろがります。在来の、最上早生(もがみわせ)種のそばは、最上地域で栽培されています。お店で使われているそばは、お隣の大蔵村の山間で育っています。甘みがあり、濃いめのつゆとよく合います。

人気の「二色もり」は、このそばと中華麺の盛り合わせです。中華麺は生卵をといたものに、そばつゆを入れ、卵をからめていただきます。これが、おいしいんです。とろとろした中華麺ときりっと出汁のきいたつゆとの組み合わせは、やみつきになります。

眺めが最高!肌がつるつる潤うとリピーターの多い若あゆ温泉

眺めが最高!肌がつるつる潤うとリピーターの多い若あゆ温泉

写真:神山 かなえ

地図を見る

町の眺めのよい高台に、若あゆ温泉があります。修験道ゆかりの信仰深い、葉山(はやま)は、冬期は雪をかぶり、荘厳な美しさです。温度差で生まれる、霞がふもとにかかったさまは幻想的です。出会えたらラッキーです。

温泉の敷地内には、コテージがあり、宿泊できます。友達と家族と、毎年楽しみに訪れる遠方からの観光客も多いです。

ナトリウム塩化物塩泉で、体の芯から温まり、とろみのあるお湯で肌がしっとりと潤います。露天で絶景を眺めながら、疲れを癒やしてくださいね。

お土産買うなら、町の魅力がぎゅっと詰まった物産センターへ

お土産買うなら、町の魅力がぎゅっと詰まった物産センターへ

写真:神山 かなえ

地図を見る

舟形駅併設の、観光物産センターめがみでは、舟形町のおみやげ品が買えます。町内在来の、くるみ豆を使ったアイスクリームは人気です。くるみのようなコクと、栗のような甘みのある高級感のあるアイスです。町で出土して、国宝となった、「縄文の女神」土偶をモチーフにしたタオルやタンブラー、サブレといった特産品はおみやげにおすすめです。平日は食堂がオープンしており、日替わりのおかずがたっぷりの定食などのほか、コーヒーやアイスなどの喫茶も楽しめます。

観光案内所でもあり、舟形町の旅のスタートはぜひここから!パンフレットをもらい、おすすめを聞いて、ゆっくりじっくりとまわってくださいね。

町内へのアクセスと交通

東北新幹線で新庄駅まで行き、奥羽本線で一駅戻ると舟形駅です。大石田駅からの乗継ぎもできます。駅からはバスが出ていますが、本数が少ないので確認を。タクシーが便利です。困ったときは、物産センターめがみへ、お気軽におたずねくださいね。

舟形町で、冬に限って楽しめる観光スポットやグルメをお伝えしました。何より、町の魅力は人のあたたかさにあります。ぜひ、一度訪れて、そのぬくもりに触れてみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/01/29−2014/12/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ