北海道・新千歳空港のミュージアムで空港と飛行機の歴史を学ぼう!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

北海道・新千歳空港のミュージアムで空港と飛行機の歴史を学ぼう!

北海道・新千歳空港のミュージアムで空港と飛行機の歴史を学ぼう!

更新日:2014/12/18 12:26

ここ数年、空港が楽しくなってきていると思いませんか?大きなショッピングセンターができたり、おいしいお料理屋さんができたり。そんな中で、全国各地の空港にも多くのミュージアムができつつあるということはあまり知られていないのではないでしょうか。今回は北海道・新千歳空港内のミュージアムから、空港や飛行機をフィーチャーしたミュージアムをご紹介します。
国内航空券の最安値をチェック!

新千歳空港の歴史を概観 エアポートヒストリーミュージアム

新千歳空港の歴史を概観 エアポートヒストリーミュージアム
地図を見る

新千歳空港国内線ターミナルビル3階、滑走路を見渡す広いロビーの一角にありますエアポートヒストリーミュージアム(Airport History museum)は、平野の開拓から始まった新千歳空港の歴史を学ぶことのできる少し大人な雰囲気のミュージアムです。

千歳開拓の歴史から国際空港としての現在までが学べます

千歳開拓の歴史から国際空港としての現在までが学べます
地図を見る

大正年間、度重なる樽前山の噴火により形成された火山灰と火山礫の土壌により農業に適さなかった千歳の土地を、当時北海道にも飛来し始めていた飛行機の発着場にできないかと考えた千歳村長や村議、新聞社などによって、此の地への飛行場建設構想が持ち上がります。大人も子供も村民総出で手に鋤や鍬を持ち、2日間に亘る整地作業の末に、大正15年10月22日、札幌飛行場を飛び立った「北海」1号が完成したばかりの千歳飛行場に降り立ったのです。ここから、新千歳空港の歴史がスタートしたのです。

エアポートヒストリーミュージアム(Airport History museum)では、開墾から開港、軍用港としての使用期間を経て、国際空港へと発展していく新千歳空港の歴史をパネルで詳細に学ぶことができます。また、客室乗務員歴代の制服、歴代飛行機の模型展示など関連資料も見ることができます。

新千歳空港は全国から北海道へ、特に札幌へのアクセスを担う重要な交通拠点となっています。しかしその重要な拠点も、地元の人々の多大な努力と夢が結集され実現したものだったということを学ぶことができます。

ファミリーで楽しめる!大空ミュージアム

ファミリーで楽しめる!大空ミュージアム
地図を見る

こちらはさらに開放的に、子供たちも楽しめるように設けられた大空ミュージアムです。
新千歳空港の歴史ではなく、世界の飛行機の歴史をミニチュアや模型で学ぶことができます。

圧巻は世界中の飛行機の模型が集められた展示。大小新旧織り交ぜて、さまざまなタイプの飛行機の模型を見比べることができます。広く開けられた窓から眺める現役の飛行機と見比べながら鑑賞すると、その面白さが倍増すること間違いなしです。

一風変わった展示としては、紙飛行機のコーナーがあります。かっこいい紙飛行機の折り方や、遠くまで飛ばせる・スピードの速い紙飛行機の折り方など、様々な種類の紙飛行機の折り方が紹介されています。

大空ミュージアムには、お子さん連れのファミリー向けコーナーが充実しています。飛行機に使われている大きなタイヤやエンジンパネルに直に触れるコーナーや、子供向けフライトシミュレーター、子ども用制服で記念撮影ができるチビッコ制服体験コーナー、空港や飛行機に関連した職業を体験できる子ども向けお仕事体験ゾーンなど充実のコーナーも多数用意されており、家族連れにも楽しいミュージアムになっています。

手前は売店になっており、飛行機のモデルやオリジナルグッズなど、飛行機や空港の関連グッズがそろっています。もちろん、各種紙飛行機用折り紙も用意されています。

新千歳空港はファミリー向けミュージアムの宝庫!

新千歳空港はファミリー向けミュージアムの宝庫!
地図を見る

今回は新千歳空港内に数あるミュージアムの中から、空港や飛行機に注目したミュージアムをご紹介しましたが、新千歳空港にはこのほかにも多くのファミリー向けミュージアムが勢ぞろいしています。

テディベアを発明した、世界最古の総合ぬいぐるみメーカーであるシュタイフが新千歳空港内に出展しているシュタイフネイチャーワールドは、本国であるドイツ以外で初めて開館した、もちろん日本唯一のミュージアムです。
オフィシャルショップでは、たくさんのテディベアはもちろん、シュタイフのオリジナル商品はもちろん、北海道限定テディベア「ゆき」ちゃんも購入できます。

北海道の玄関口新千歳空港には、言わずと知れた北海道を代表するチョコレートブランド・ロイズのチョコレートをテーマにしたミュージアムもあります。
併設されたショップでは、空港内工場で生産された色とりどりのおいしいチョコレートをお土産に購入できます。

ドラえもんわくわくスカイパークは、ドラえもんのひみつ道具をテーマにしたアトラクションゾーンや、お菓子やオリジナルグッズを揃えたショップ、月替わり“ドラえもんたいやき”が味わえるカフェ、クレーンゲームなどが遊べるゲームコーナーから、自由に工作のできるワークショップスペースや国内外のドラえもん単行本を読むことのできるライブラリーまで、ありとあらゆる遊び方で楽しめるミュージアムです。

新千歳空港では、これらのミュージアムで楽しく遊びながら、飛行機を待つまでの時間をお子さん連れでも存分に楽しむことができます。

アミューズメント施設としての新千歳空港

新千歳空港にはこれらのミュージアムのほかにも、温泉や映画館、人気店が軒を連ねるラーメン横丁など、空港にいるだけで一日中楽しめてしまいそうなほど充実したアミューズメント施設が勢ぞろいしています。2014年12月20日には、人気音声加工ソフト初音ミクの北海道限定バージョン雪ミクをテーマにしたショップ&ミュージアム「雪ミクスカイタウン」もオープン。雪に覆われる季節だからこそ、白銀の世界と雪を楽しみに、そして新千歳空港でのミュージアムめぐりを目的に北海道を訪れるのもよいものではないでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/06−2014/03/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -