台湾で人気の「酸菜白肉火鍋」とは?美味しい食べ方を伝授!

| 台湾

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

台湾で人気の「酸菜白肉火鍋」とは?美味しい食べ方を伝授!

台湾で人気の「酸菜白肉火鍋」とは?美味しい食べ方を伝授!

更新日:2014/12/19 18:17

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

冬の台湾といったらずばり「鍋」です。
台湾は鍋王国といっても過言でないほど種類が豊富。海鮮・鶏ベースなどさまざまな味のスープがあり、そのスープを仕切りを使い、一つの鍋で2つの味を楽しむ鍋もあります。
中でも地元で今、熱いのが長白小館の酸菜白肉火鍋。女性にうれしいヘルシーな鍋で一度食べたら鍋のとりこになること間違いなし!
早速、酸菜白肉火鍋の正体と美味しい食べ方を伝授しましょう。

おいしいヘルシー、ビールも進む!「酸菜白肉火鍋」

おいしいヘルシー、ビールも進む!「酸菜白肉火鍋」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

酸菜白肉火鍋の酸菜とは白菜を発酵させたもので、白肉とは温度が低い場所で自然に凍らせた豚肉のこと。
この2つを鍋の中にどっさり入れたものが酸菜白肉火鍋なんです。

鍋の味を決めるスープは、カニやエビなどの海鮮類のほか出汁の大御所、昆布やシイタケをたっぷり使ってじっくり煮込んであります。

ところで、発酵食品といったら美白、アンチエイジングなど女性にうれしい効能がたっぷり。美容にもいいと聞いたら食べておいて損はありません。鍋をこよなく愛する年配者から美容にうるさい若い女子まで平日でも大盛況のお店です。

鍋の注文方法はいたってシンプル

鍋の注文方法はいたってシンプル

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

注文方法は超シンプル!4つのサイズと肉を選ぶだけ!

小:2人前 880元
中:3〜4人前 1380元
大:5〜7人前 2000元
特大:8〜10人前 2200元

食べ歩いたあとであれば4人で小サイズでも充分。大人数で食べれば食べるほどリーズナブルな価格設定となっています。

お肉は、定番の豚肉のほか、牛肉、羊もあるのでいろんな味を試してみてもいいですが、おススメはやはり豚!酸菜にあうのは油がほどよくのった豚が一番!写真は牛肉ですが、日本人にはちょっと固めなので柔らかいのが好きな方は羊をおススメします。

その他、鍋には、豆腐や春雨なども入っています。

タレの黄金比率を教えます!

タレの黄金比率を教えます!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

鍋を注文すると、数秒でテーブル上にあるコンロに鍋が運ばれてきます。まだ煮込んでいる途中なので、店員さんのゴーサインが出るまではじっと我慢。待っている間は、オリジナルソースを作りましょう。

店内の一角には、色とりどりのタレが置かれています。
ゴマだれ、おろしにんにく、ニラペースト、豆腐乳、醤油、ごま油、ラー油、マスタード、レモン、酢、白砂糖、料理酒の12種類。

さて、どれを混ぜていこうか迷うところですが、ちゃんとお店おススメの調合が書かれてあります。
お店推奨の黄金比率は、ゴマダレ大さじ2、豆腐乳、ニラペースト、おろしにんにくをそれぞれ小さじ1です。パクチーとネギも入れ放題なので、好みでタレの中に入れましょう。

鍋に入っている白菜も酸っぱく、豆腐乳も酸っぱいため、この配合だと少し口の中がさっぱりしすぎるということで、黄金比率ソースから豆腐乳をぬき、ニラペーストを大さじ1、醤油をプラス!この配合であれば、酸っぱい白菜とほんのり甘いニラペーストがベストマッチでいくらでも食べられてしまいます。

自分好みの調合を見つけて、鍋を堪能しましょう!
ところで、12種類全部入れたらどんな味になるか?中華ドレッシングのようなものが出来上がり、それなりにおいしい!試す価値ありです。

また、タレをつけてもおいしいですが、スープ自体も味わい深いので最初の一口はタレをつけずにそのまま食べてみてくださいね。

サイドメニューも充実!

サイドメニューも充実!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

鍋ばかり食べていると、お口直しにちょっと他のものが食べたくなりますよね。

麺やお粥やによくある小菜と呼ばれる野菜炒めなどのおつまみから、蒸し餃子などのメニューもありますが、おススメは、台湾夜市でよくみかける葱油餅です。

生地の中に細かく刻んだネギをいれて焼いた台湾の定番B級グルメですが、独特の味わいの酸菜を食べた後は、さらにおいしく感じます。

鍋の〆にいかがですか。

ローカルな雰囲気にしり込みしないで!

ローカルな雰囲気にしり込みしないで!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

長白小館はグルメ激戦区の台北において創業40年にもなる老舗。平日にも関わらず、仕事帰りのサラリーマンやOL、近所に住む地元民までひっきりなしに人が出入りしています。

比較的昼の時間帯は空いていることが多いので、お昼利用がおススメです。鍋はやっぱり夜という人は17時に行くといいでしょう。

写真は1階です。18時ころ行くと、かなり混み合い、こじんまりとした店内は人でいっぱいですが、地下には丸テーブルや4人掛けテーブルなど広いスペースがあり、少し待つと中に入ることができるので、回転率はかなりいいです。

しり込みしないで、お店の人に待っていることをアピールしましょう!

周辺にはスイーツ店やドリンクスタンドも!

MRT「國父紀念館」駅から徒歩3分の好アクセスの長白小館。日本ではなかなか味わえない鍋なのでぜひ一度お試しください。
夏も営業していますが、8月いっぱいはお休みなのでご注意ください。

周辺はマンゴーかき氷で有名なIce Monsterやタピオカミルクティーなどを販売するドリンクスタンドも豊富。お口直しのスイーツにも困らないですよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ