嵐も絶賛!“キリンビアパーク取手”で「一番搾り」を知り尽くせ!

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

嵐も絶賛!“キリンビアパーク取手”で「一番搾り」を知り尽くせ!

嵐も絶賛!“キリンビアパーク取手”で「一番搾り」を知り尽くせ!

更新日:2015/02/13 15:47

おけいのプロフィール写真 おけい “開運散歩”主宰

茨城県の中でも千葉県に隣接する取手には、キリンビールやキヤノンの工場があることでも有名です。キリンビール取手工場は、東京ドームの5.5倍の敷地の中でビールを製造、そして関東一円に出荷されています。
今回はそのキリンビールの中でも、役所広司や嵐のCMでおなじみの「一番搾り」に注目!この謎に迫りながら見て飲んでトコトン学べる!楽しめる!“キリンビアパーク取手”の工場見学をご紹介します。

こだわりを体験する「秘密体感ツアー」スタート!

こだわりを体験する「秘密体感ツアー」スタート!

写真:おけい

地図を見る

体感ツアーは、麦芽の香りが充満する工場内の本物の銅釜を見る事から始まります。実際にCMの中で役所広司さんが訪れている大きな銅釜で、熱気を感じます。
案内のお姉さんがとてもわかりやすく丁寧に説明をしてくれますので、お子さんでも興味深く学ぶことができます。
素材から仕込み、そして発酵させていくビールができるまでの工程は、アルコールが苦手の方にもとても興味深い内容ばかりです。

だから「一番搾り」はうまい!!

だから「一番搾り」はうまい!!

写真:おけい

地図を見る

一般的なビールの製造工程と同じですが、では「一番搾り」はなぜこんなにうまいのか?その謎に迫ります。

工場内の一角に、実際に使用される麦芽・ホップが展示されています。しかもこの麦芽、食べる事ができるのです!!噛み続けるとほのかに甘みが口の中に広がってきます。ホップの香りを実際に手に取って嗅いでみたり、そして最大の違い「一番搾り」の麦汁が登場します。通常のビールは一番に搾った麦汁だけではなく二番搾りの麦汁を使って作られます。ここでは一番搾りと二番搾りの麦汁を実際に飲み比べてみます。麦汁はまだ発酵前ですので、お子さんやアルコールが飲めない方にも楽しむ事ができ、その後ビール酵母を顕微鏡で実際に見たり楽しく学べるのも魅力。

実際に見て飲んで体感しビールが出来上がる迄を学び、最後は瓶や缶の製品になって出荷されるまでを見る事ができます。

ビール酵母を使ったお土産も充実!

ビール酵母を使ったお土産も充実!

写真:おけい

地図を見る

工場エリアを後にして、受付のある棟には「一番搾り」やプレミアムビールの他にもビール酵母を使ったお菓子やおつまみが並ぶショップでお買い物。工場でしか買えないビールゼリー入りのチョコからビール酵母を使った蕎麦など、普段は見慣れない商品がたくさん揃っています。
食品会社とタイアップしたお土産は、見ているだけでも楽しい!

お待ちかね、「一番搾り」出来立てをグビッと!

お待ちかね、「一番搾り」出来立てをグビッと!

写真:おけい

地図を見る

しっかり製造過程を体感した後はお待ちかね、「一番搾り」の出来立てが1杯無料で飲めるコーナーに!サーバーから注がれるビールを見ているだけで喉元がグビッとなりますね。「一番搾り」は1杯だけですが他にもハートランドビールや樹氷、珈琲やジュースも含め3杯まで無料で楽しめて、ビール酵母入り柿の種チーズ味も付いて来るという太っ腹!!ドライバーさんの為にノンアルコールも用意されています。

キリンビールならでの乾杯!「一番搾りリング」

キリンビールならでの乾杯!「一番搾りリング」

写真:おけい

地図を見る

しっかり学んだあとのビールは格別。そしてここならでの乾杯の楽しみ方があります。360℃ぐるっと撮影できる特殊なカメラがあり、体感ツアーの記念に乾杯!!をパチリ!!各自の携帯の待ち受けにもできるように、Web上で見る事ができ工場見学後も楽しめる要素がいっぱいです!トリックアートを楽しめるエリアもあり、立つ位置やパフォーマンスによって楽しい画像になること間違いなし!!

体感ツアーを楽しむには

一番搾り体感ツアーの所要時間は70分。広い敷地の中はキリンビールのバスで移動しますので安心です。また敷地内にある麒麟神社も必見!ぜひ探してみてください。
敷地内に駐車場もあるので車での来場もOKですが、運転手はノンアルコールでの試飲になります。

一番搾り体感ツアーの他に、ハートランドビールを楽しむコースやイベントもありますので詳しくは公式HPでご確認下さい。
工場見学、試飲ともに全て無料です。

定員があるため、事前にWebかお電話での予約が必要ですのでお忘れなく。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ