いばらきの冬の味覚、あんこう鍋は美人鍋♪

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

いばらきの冬の味覚、あんこう鍋は美人鍋♪

いばらきの冬の味覚、あんこう鍋は美人鍋♪

更新日:2013/01/11 14:59

猫乃 みいこのプロフィール写真 猫乃 みいこ 非日常体験探求家、旅ブロガー、ライター

茨城県、常陸産のあんこうは冬が漁の最盛期。ぬめりがあるあんこうは、吊し切りすることで有名です。見た目はグロテスクなあんこうですが、あんこう鍋はコラーゲンたっぷりの美肌鍋なのです。冬の茨城であんこう鍋を食べて美人になっちゃいましょう!

日立市久慈浜港は復興が進んでいます。

日立市久慈浜港は復興が進んでいます。

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

東日本大震災で少なからず被害を受けた茨城の海岸線。
日立市で一番大きな久慈浜港も例外ではなく、漁港や漁船に大きな被害がありました。
震災から2年近く経った今は港の復興が進み、活気が戻ってきました。
漁港で水揚げされる魚は定期的な放射能検査を受けているので、安心安全です。

あんこうは吊して切ります。

あんこうは吊して切ります。

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

冬に肝が大きくなるあんこうは、今が漁の最盛期。
冬のあんこうは、脂がのっていちばんおいしい季節なのです。
深海魚のあんこうは、底引き網船の漁が盛んな常陸の海が産地です。

水分が多くぬめりがあるあんこうは、まな板では捌きづらいので下あごを引っかけて吊し、吊したまま切る「吊し切り」するのが一般的です。
市場やお魚センターでは、横たわるあんこうと吊されたあんこうの両方を見ることができます。

あんこう鍋のお店をご紹介「ひたち南ドライブイン」

あんこう鍋のお店をご紹介「ひたち南ドライブイン」

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

市場やお魚センター、お寿司屋さんやお料理やさんなどいろいろな場所で食べられるあんこう鍋。
常陸高速道路の日立南・太田インターからほど近い「ひたち南ドライブイン」でも、あんこう鍋が食べられます。
「海鮮処 しおかぜ」にて、「地魚復興 がんばっぺ茨城!常陸産あんこう祭り」を開催中!
こちらは4つのお食事処の他に、お魚やおみやげの買える店舗が併設されています。

コラーゲンたっぷりあんこう鍋

コラーゲンたっぷりあんこう鍋

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

グロテスクな見た目と違い、あんこうは貴重で美味な高級魚。
各店のあんこう鍋は、1人前980円〜2000円ほどで食べられます。

写真のあんこう鍋は3人前。
あんこうは見かけと違って白身の淡泊なお魚で、まるでふぐのようです。
身の他にも、コラーゲンたっぷりの皮やあんきもと呼ばれる肝臓なども食べるので、捨てるところがないくらい。
コラーゲンは美肌効果がある成分ですから、食べた次の日にはプルプルの美肌になることでしょう!

鍋の味付けは味噌が多く、あんこうのダシや旨味がたっぷり出たスープには、鍋のシメにうどんやご飯・卵を入れるのがオススメです。
最後の一滴までおいしく召し上がってくださいね。
汗が出るくらい身体の芯まで温まるので、風邪予防にもなりますね。

いばらきの冬の味覚「あんこう鍋」を食べて、美肌を手に入れ美人になっちゃいましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/01/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -