大正レトロな気分を満喫!岐阜県恵那市の「日本大正村」

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

大正レトロな気分を満喫!岐阜県恵那市の「日本大正村」

大正レトロな気分を満喫!岐阜県恵那市の「日本大正村」

更新日:2014/12/22 12:07

常盤 兼成のプロフィール写真 常盤 兼成 学習塾経営・講師、フリーライター、旅行プランナー

岐阜県恵那市にある明智町は、「日本大正村」として有名な山あいの町。テーマパークとは異なり、町のあちこちに大正レトロを感じる洋館が点在しているのが特徴です。大正村役場で矢絣着物をレンタルし、着物姿で町歩きを楽しめば、大正ロマンをより感じることができるでしょう。アクセスはローカル鉄道の明知鉄道がおすすめ。ノスタルジー漂う硬券切符に鋏を入れてもらい、大正時代へタイムトリップのスタートです。

大正村への訪問はローカル鉄道「明知鉄道」がおすすめ

大正村への訪問はローカル鉄道「明知鉄道」がおすすめ

写真:常盤 兼成

地図を見る

岐阜県恵那市、JR中央線恵那駅から南にのびるローカル線「明知鉄道」は、大正村を訪れる際に便利なのどかな路線。通常は1両から2両のワンマン列車での運行ですが、沿線の郷土料理を食べさせてくれる食堂車付の列車もあります。夏には鮎料理、秋にはキノコ料理などが提供される人気の列車ですが、予約がないと乗車できないのでご注意ください。

恵那駅を出た列車は、のどかな田園風景や農村風景を車窓に映しながら、1時間弱かけて終点の明智駅を目指します。途中には日本一急こう配のホームがある飯沼駅や、縁起のよい名前の極楽駅などもあり、車窓の見どころも多い楽しい路線です。

終点の明智駅では復活運転を目指すSLがお出迎え

終点の明智駅では復活運転を目指すSLがお出迎え

写真:常盤 兼成

地図を見る

明知鉄道の終着駅、明智駅では線路上にSLが止まっています。こちらの写真にあるSLは、1970年代まで明知鉄道の前身である国鉄明知線を走っていたC12形。恵那市内で静態保存されていたものを明智駅に運び込み、現在、修理作業中とのこと。数年後にはこちらのSL運行が、明知鉄道の観光の目玉と期待されているだけに、復活が待ち遠しく思われます。

明智駅は有人改札で、窓口では硬券切符に鋏を入れてくれます。また、使用済みの硬券切符や明知鉄道グッズも販売しています。硬券切符に鋏を入れてもらうのは、鉄道ファンだけでなくお子さまも喜びますよ。

大正村散策は、大正村役場にて情報収集からスタート!

大正村散策は、大正村役場にて情報収集からスタート!

写真:常盤 兼成

地図を見る

明智駅を出ても、まわりにはスーパーマーケットや駐車場があるだけで、まだ大正時代の雰囲気はありません。町の中心地にある大正村役場の方まで歩いていきましょう。町の中心まで歩くと、洋風の建物がいくつか出てきます。

こちらの大正村役場は、明治39年に庁舎として建てられたもので、登録有形文化財に指定されています。瓦葺の寄棟造りで洋風な外観となっています。2階建ての建物は、資料館にもなっていて入場無料で自由に見学が可能。1階の無料休憩所ではお茶のサービスもありますよ。館内のスタッフは観光案内もしてくれます。

食事やおみやげは、こちらの「大正村浪漫亭」で♪

食事やおみやげは、こちらの「大正村浪漫亭」で♪

写真:常盤 兼成

地図を見る

大正村は入退場ゲートがあるテーマパークではありません。恵那市明智町の中心エリアに広がる区域全体が大正村となっています。銀行や商店も美観を損ねないような色づかいに統一され、町の中に現代の建物と大正時代の洋館が点在しています。時代の変遷を見ながら巡り歩くのも大正村観光の醍醐味ですね。

さて、町歩きにちょっと疲れたりお腹が減ったら、大正村駐車場近くにある「大正村浪漫亭」を訪れてみましょう。建物の2階にあるレストランでは、地元でとれたお米を使ったハヤシライスが人気。トマトベースの味が特徴のハヤシライスは個数限定のメニューです。ほかにも大正時代の3大洋食とされた「カレー」「カツレツ」「コロッケ」などもありますよ。

いちばんのおすすめは大正村名物の「ソースかつ丼」や「味噌デミかつ丼」。なかでも「味噌デミかつ丼」は、デミグラスソースに名古屋名物の味噌カツの味噌をミックスしたもの。どちらかというと味噌の味が強めなので、名古屋名物の味噌カツをイメージしていただくと味の想像がつくでしょうか。

1階はお土産物がたくさん並んでいます。バスツアーなどで訪れるお客さんも必ずこちらのお店に立ち寄りますので、休日はいつもにぎわっています。

元小学校の跡地に建てられた「絵画館」をはじめ、レトロ感たっぷりの洋館が点在

元小学校の跡地に建てられた「絵画館」をはじめ、レトロ感たっぷりの洋館が点在

写真:常盤 兼成

地図を見る

こちらの写真にあります「絵画館」は、大正村役場の近くにある洋館。絵画や書物の展示といった企画展示が行われています。大正時代の雰囲気がよく出ている建物のひとつです。

大正村にはほかにも、明治から昭和初期の教科書、蓄音機などが展示されている「大正村資料館」、大正時代の貴重な映像が見られる「大正時代館」、モダンな外観が特徴の「逓信資料館」など見どころがたくさんあります。

大正村役場でレンタルできる矢絣着物を着て、大正村を散策すれば大正ロマンをたっぷり感じることができるかも。レンタルの際は着付けも手伝ってもらえますので安心です。

ゆっくり散策しても半日あれば見て回れますので、のんびりとした休日を過ごしたいときに、ぜひ訪れてみてください。

大正ロマン漂う岐阜県恵那市の旅

岐阜県恵那市のJR恵那駅からローカル線に乗って1時間。日本大正村として有名な恵那市明智町は、大正ロマンが感じられる洋館が町のあちこちに点在し、楽しい散策ができる町。レンタルできる矢絣着物を着て、大正時代のレトロ感たっぷりの洋館前で記念撮影すれば、映画の撮影かと間違えられるかも。大正村の名物料理を食べたりしながら、のんびりとすごす休日に最適な町ですよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -